ブルベ

2017年10月21日 (土)

BRM1015薄野200 完走編

PC2厚田へ戻ろう。

Receipt3_2 117.1km地点 厚田着13:32
予定よりは43分くらい速いタイム
43分はあってないようなもの
次でタイムロスしたらイーブン…

ここでもカップメン補給
銭函で店主Aさんの食べていた
カレーヌードルが脳裏から離れなくて(笑)

でも、このカレーヌードルはセコマのPB
値段が安い方へ流れましたわ(笑)

ここでの支出、289円也

 
 
 

PC2を過ぎると、ブルベのコースは目まぐるしく変わる。
キューシートではミスコースもあり得そう。
ここはスマホナビの出番だが、困ったことも。

20171015e

BD-1のハンドル廻り。
キューシートが大半のスペースを取っている。
ローガニストなもんで、文字が大きくないと見えないのよね(笑)
ということで、全然スペースに余裕がありません><

ナビをセットする場所が無いんだわ…

 
悩んだ末に、

20171015f

左腕にゴムバンドで括り付けるという荒業^^;

このあと、ストラップは首に廻して完了。
でもこれ、意外と見やすいという新たな発見。
まあキューシートがメインでコースミスのチェックにナビ、という使い方だから、これで充分なのです。
腕に疲労が蓄積することも無く、長時間これでも問題無し。
衝撃は腕が吸収してくれるので、スマホにもやさしいといえるでしょう。

使える場所は、腕でも使え!

ですな(笑)
 
  
中盤の難敵、道道11号月形厚田線。
意外とキツく、バテ気味で上る。
上りでは何人か抜いたけれど、下りで全員に抜き返される。
やっぱりロードの魅力は、下りが速いこと。
サーっと下るのはロードバイクの醍醐味だ。
一方、小径車はハンドリングがクイックで高速ダウンヒルは苦手。
悔しいが、機材の差は埋めように無いってことか…

 
新篠津村に来た。
ミラーにはチラチラと近づいてくる影が映っている。
その影は段々と大きくなり、ついにはミラーからはみ出てしまった。
そう、並んだのだ。
その影は…

きゆーぴーさんでした。
BROMPTONであっさりパスされ、ついていけずがっくり。
ところが、きゆーぴーさんが機材トラブルで停止したところを逆にパスし、一足先にPC3に滑り込む。
 
Receipt4
160km地点 PC3新篠津着 16:05
予定は17:00だったので、1時間近く速かった
これでゴールも見え、ホッとする
残り、40kmです
  
ここではモンスターゼロだけ購入
イッキ飲み^^;

お会計205円也
グルメが無いと支出が減るねぇ^^;
 
 
 
 
 
きゆーぴーさんより先に出発。
18.4km先の石狩大橋を越えたあたりで雨が来た。
一旦停止、電子機器類やバッグにビニール袋を掛けていると、またまたきゆーぴーさんにブチ抜かれてしまった。
今度は必死に彼についていく。
大麻までご一緒したが、今度はこっちのトラブルで停止、ここから一人旅となる。
 
雨は降ったり止んだりで不安定、それでもようやく札幌市内へ入った。
雁来大橋を渡り豊平川サイクリングロードへ。
現在時刻18:00、残り約10km。
19:00前ゴールを目標に、一心不乱にペダルをこぐ。
 
サイクリングロードから出て、夜の薄野を走る。
居酒屋にラーメン屋に大人のお店まで、誘惑いっぱいだ(笑)
おっと、いまはブルベ中だったんだ。
後ろ髪を引かれながら、走った。

そして、
ゴール!

201.4km地点、公式タイム11時間48分。
薄野200 完走です!

20171015h

殆ど同時にゴールしたのが小径車、ってのも奇遇です。
右から、自分のBD-1、真ん中がきゆーぴーさんのBROMPTON、左はNさん。
タイヤサイズが、18インチ、16インチ、14インチ。
今回の小径車、揃い踏みですね^^

 
Receipt5_2
ゴールのコンビニ
通過の証明の為だけに買い物をする
これ、結構悩むんですよね
 
ゴール後では補給食も必要無いし、今シーズン最後のブルベだけに予備の補給を考えなくていいし

というわけで購入したのが飲むヨーグルト
体脂肪を減らす、てのがウリだ
ブルベが終わっても食事量は爆増のまま
そんな時これを飲むと、多少は効果があるかもしれない効果を狙って、2本購入^^

 


ということで、薄野200で支出した金額は、しめて1,153円也。
低コストなブルベも可能なんだな、っていうのが今回の実感。


R札幌のゴール受付で。
きゆーぴーさんとがっちり握手してお別れ。
互いに競い合ったアスリートだけに流れる友情ってものでしょうか。
(なんかカッコイイんですけど^^;)
 
それとも、妙に力が入って握ってきたのは、
「アンタなんかにはまだまだ負けないぜ!」
ってサインだったのでしょうか(笑)


昨年DNFしたリベンジを果たし、今はゴールの余韻に浸っています。
今期は参加数は減ったけれど、SRが確定して満足の一年でした。
 
 
最後に、ランドヌール札幌様が撮ってくれた写真。

20171015i

ここは下り坂なのに、こんなど真ん中の構図。
やっぱり遅いんだっていう証拠だね、こりゃ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

BRM1015薄野200 実走編

Bromptonから装備を移植し、何とかブルベ仕様となったBD-1。
時間は6時を回っている。
家内に送ってもらう車内で、最後の準備を終えた。
よし、間に合った^^

大通西10丁目界隈で。
すでに受付は始まっており、滑り込みセーフ^^
見回すといましたよ、BBC(Bromptonで ブルベに出る コミュニティ)の面々が。
20171015a

Bromptonが9台も!

全国では判らないが、北海道のブルベでBroがこんなに揃ったのは初めてでは?
圧巻です!
でも、自分はBD-1なのでこの中に入れません><

頭文字Bなのに!

というわけで、BBCとは別行動で走ることにしました。
まあご一緒する資格がありませんのでね^^;

 

車検を終え、AM7:00スタート。
R230を前を走るロードについて走る。
軍団(BBC)より先にスタートしたが、東海大付近で追い付かれてしまう。
ゲゲッ、軍団速ぇー!
その後、飛び出して先頭を走るも、軍団のトップアスリート、きゆーぴーさんにブチ抜かれて通過CHK到着。
それでも時間は8:20と、昨年のタイムより15分速い。
これは幸先良いですね~^^

Receipt1
ここではこの先の補給食用に
プチチョコクロワッサン4個入と
リアルゴールドを購入
しめて226円也
朝食は摂ったので、リアルゴールドのみ
補給し、早々に出発した

BBCのメンバーと会話もなく…
寂しいが、車種が違うのだ
最後までソロで走る決心をしていた

でもね、ゴールまで抜きつ抜かれつ
争ったのは、奇しくもBROMPTON^^;
 

定山渓から右折し、朝里峠へ向かう。
途中、さっぽろ湖で。

20171015c

周囲の木々も色づき始めています。

20171015d

やっぱりBD-1は、初代の丸パイプのスタイリングがいいね。


お次は前半の最大のヤマ場、朝里峠。
定山渓までジワジワ上りが続き、ここから一気に急勾配。
ここで昨年はグダグダにヤラれたんだっけ。

でもあれ、変だぞ。

昨年、あれほど痛めつけられたこの峠、今回は余裕を残して頂上に降り立った。
あれ、朝里峠ってこんなもんだったっけ。
っていうのが今回の感想。
多分、前回は体調がイマイチだったんでしょうな。 

 
頂上でウィンドブレーカーを羽織る。
この時、気温3℃!
手足の末端が凍えて、冷える~!
峠を下り、74.5km地点 PC銭函着10:55。

昨年が11:45到着なので、1時間ちょっと速かった^^

Receipt2 ここでは今期のブルベでお気に入り
炭酸水を飲む
カロリー・糖質ゼロだし、爽快感が
あるし、もちろん安いし^^;
 
お昼にはちょっと早いが、ここで
緑のたぬきを頂いた
う~ん、あったまるわ~♪

しめて207円也

並んで一緒に啜った店主Aさんの
カップ麺哲学、これは聞き応えあり!
ブログでも展開して欲しいなぁ^^

 

食後、早々に出発。

銭函~石狩を抜け、昨年DNFした鬼門の佐藤水産前。
12:00到着。
昨年が13:30で、次の厚田に間に合わないと判断しDNFしたんだったっけ。
今回は1時間半の貯金が出来ていましたよ(嬉)
 
 
となれば欲が出るってもの。
PC2の厚田では、もっと貯金しようじゃないの!
しかし、それも儚い夢と化す。

横風、スゲー!

道路左脇を走行していても、車線中央まで持っていかれる強い風。
海から吹く強烈な風に悩まされ、ペースダウンを余儀なくされる。

望来から厚田にかけての海沿いは、薄野200の新名物かもね^^
 
 
 
117km地点 PC2厚田着13:32。
計画では14:15なので、だいぶ貯金が減ったが前半の走りで何とか赤字にならずに済んだ。
ということで…

 
家計もそう。
早くからお金を貯める習慣をつけている人が勝ち組なのです。
貰える年金は基礎体力と同じ。
年々減っていくと思って間違いありません。
それなら早いうちから準備しましょう。
財形やNISA、iDeCoといったものを活用したいですね。


と、財テク気味に脱線したが、前半の貯蓄で助けられたということで^^;

 
さあ後半は如何に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

BRM1015薄野200 出走前

今年最後のブルベ、BRM1015薄野200。
前回では参加マシンの選択に悩んでいると書いた。
ギリギリ前日に心を決めて、コイツで勝負!

って選んだのがBROMPTON。
家内の床の間BROMPTONじゃないよ。
自分のBROだ。
でも、南風店主がソレでの参加に首をひねっていていたのは理由があった。
後輪部分を折り畳むBrompton独特のフォールディング、その折り畳みのジョイント部分にガタが出ているというのだ。

店主曰く、この部分にガタが出たのは、過去に2人だけだそうな。
それがMr.小径のOHTKさん(尊敬を込めてH入り)と、泥人形さん。
それぞれBromptonの達人だ。
特にOHTKさん、購入後僅か3年で出た症状だけに恐れ入る。
自分は12年掛かったもんね。
やっぱOHTKさんすげーわ(尊敬の念でHが入るのです)^^


というわけで、上の2人ほど症状は悪くないだろう(多分)。
BBC(Bromptonで ブルベに出る コミュニティ)に参加し、後ろで無理せず誤魔化し誤魔化し走ってゴール!
なんてラクをしようと思っていたんですわ^^;

そして他のメンバーには秘匿し、当日サプライで登場するのをワクワクしていたんですが…

 

当日、AM:5:00起床。
すでに装備は終わっている。
あとはチェーンオイルを付け、タイヤにエアを入れて完了。
それではタイヤにエアを。
前タイヤに空気入れでシュコシュコ、よし充填OKだ。
空気入れのヘッドをバルブから抜こうとすると、あら不思議。

20171015

チューブのバルブが根元から抜けたではありませんか!

当然、チューブからプシューとエアが全部抜ける…orz
チューブが劣化していたのでしょう。
この時、AM5:40。
これからクイックリリースではなくボルト留めのフロントタイヤを外し、チューブ交換する時間は無い。
ましてや、BROのタイヤは嵌め辛さに定評がある。
6:30出走受付に間に合わないかも!
この時点でDNSを覚悟しましたわ。

 
半分諦めかけたところ、ふと目に留まったのがBD-1。
えー、去年DNFしたBD-1~?

ロードは装備を外したりして、これから準備するのに時間が足りない。
8月の宗谷岬600から乗っていないのだ。
その点、BD-1はジテツーに使っていてすぐにも走れる状態。
しょうがない、これでいくか。


というわけで、昨年同様BD-1で参加することになった薄野200。

20171015b

去年はDNFだった。
完走となるか、あるいは悪夢の再来か。

さあ、今回は如何に!

 
続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

BRM1015薄野200 選定編

今週末は薄野200。
今シーズンを締めくくる、最後のブルベだ。
ああ、今期は全然走らなかったなぁ^^;

ロードでサイクリングは5月に1回。
その後は
6月 前田200
    積丹400
7月 瀬棚600
8月 宗谷岬600

そして10月に道東サイクリング2017

プライベートも含めロード5回、BROMPTON1回。
たった6回ですわ^^;

薄野200で7回目のロングとなる。
すでに今期SR確定の自分、薄野200は走らなくてもよいのだが、最後の締めくくりとして参加しようと思う。

ちなみに薄野200は、過去一勝一敗。
初参戦はFAT軍団で辛くも完走。
2回目の昨年はBD-1で参戦するも、敢え無くDNF。
今年は華麗に完走、といきたいものだ。

 

というわけで、2017薄野200を予想してみよう。

と思ったが、考えてみれば肝心のバイクが決まってないんだっけ^^;
現在の自分のラインナップでは、

canonndale  ロード   ◎  いつでもOK!
Bianchi     ロード   ×  調整中につき走行不能
KHS       FAT    ×  BB不具合(ベアリングばらまき^^;)
JAMIS     MTB    ×  そもそも何年も動かしてない
BD-1     FLD     〇  前回DNFした張本人
BROMPTON FLD    △  病院送り

そうすると、候補はcannondaleのロードか、BD-1しかない。
マシンによってタイムが大幅に違うため、決まらない限り薄野200の予想を立てられないのだ。

ん~、ロードかなー、やっぱり。
と考えていると、南風店主から
ロードで走ってもつまらんでしょう!
とキツイ一発。

とすると昨年のリベンジ、BD-1しかないか。

 

実は、我が家にはもう一台BROMPTONがあるんだよね。
それは家内のМ6R。
これは一つ、家内に頭を下げて借りるか。

しかし、問題点も。
購入してはや1年以上、床の間バイクとなっている。
そう、いまだに路上デビューしておらず、居間で飾っている状態。
新車同然だ^^;

本人が一度も乗っていないBROMPTON、果たして過酷なブルベのために貸してくれるだろうか。
恐妻家の私には、恐れ多くて聞けないんだわ(笑)

 
というわけで、候補車は、
ロード
BD-1

の2台となった。

でもね、「走りのBD-1」もBROMPTONには敵わないんだよなー。
自分にはBROのほうが合っているせいもあるが、BD-1のWサスがペダリングの推進力をスポイルしている。
強化サスに交換すれば解決しそうだが、本番まで3日しかない今となってはそれも出来ない現状。


サプライズはあるかもね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

BRM宗谷岬600 リバースアゲイン

続きから 

泥人形さんがトイレで長居しているので、先にノシャップ岬を出発。
そこからPC3稚内 セコマえびす店はたった1km先。
すぐに来るでしょう。
というわけで、234.8km地点 PC3到着18:35。
前回(一昨年)より2時間も速いわ^^

ここで毎度お馴染の炭酸水と、バナナを補給しこの先に備える。
え、補給足りない?
ふふふ、実はこの先でグルメ?が待っているのだ。
それが、

20170805j

すき家の牛丼ライト、お肉大盛♪
お肉の下は、サラダと豆腐でご飯は無し。

通常の牛丼並が炭水化物108gに対し、牛丼ライトはお肉大盛でも22gと、炭水化物は約1/5なのだ!
稚内ですき家?と言うなかれ。
現在の自分を構成しているのはたんぱく質と脂質がメイン、炭水化物は少量だからこれが理に適っているのよ。

他のブルベ参加者が2名いてご挨拶、ブルベにすき家は「あり」かもね^^

これで日本最北端のすき家、ゲットー!^^


さあ、それでは前半戦のメイン、宗谷岬を目指すとしましょう。
稚内市街地を離れるにつれて風が強くなってくる。
しかも、ほぼ向かい風。
予想外の展開に脚を削られ、セコマとみいそに到着。
予備の梅おにぎりと水を補給。

日本最北端のコンビニでお買い物♪


なんとか宗谷岬に到着。
20170805k

21:00、日本最北端の地、宗谷岬へキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
真っ暗の中、ここだけライトアップされていて、遠くからでも判りましたよ^^

日本最北端の地、自転車で走破!^^

 

最北端シリーズもここまでです(笑)
次は日本で2番目に北にあるコンビニ、セコマさるふつ店23:00着。
この頃、相当風が強く、心が折れかけていた。
気温が高めだったこともあり、水分を補給し過ぎていたのかもしれない。
また、胃の調子が悪くなってきた。
ここで100円パスタと赤コーラの組み合わせが最悪だった。

しばらく走ると胃がムカムカして、もうどうにも止まらない。
(山本リンダか!)

そして、
リバース アゲイン…^^;

アゲインは前回の瀬棚600に続いてという意味ね^^;

 

しばらく走るが、呼吸が乱れゼェゼェハァハァと、まともに走れない。
なんでこんなに疲れるのだろう?
その内、脚に力が入らなくなってきた。
山道でついに停まってしまった。
あれ、何か変だぞ!

そう、この時はハンガーノック寸前だったのです。
19:00に牛丼ライトでその後の補給はリバースアゲイン、補給不足というか糖質不足だったのでしょう。
ここまでの走行で、補給は低糖質ばかりだったもんなぁ。
ここで、事前に購入していたアンパンを食べた。
しばらくはフラフラだったが、15分ぐらいでシャキっとしたのにはビックリ^^;

 

相変わらず風が強く、速度が上がらない。
やがて中頓別町のカントリーサインが見え、PC4は近いと知る。
向かい風が抵抗になって体力も消耗したのだろう。
またまた呼吸がゼェゼェしてきた。
むぅ、ハンガーノック気味なのか…

もう近いだろう(多分)から、そのまま走ることにした。
スピード出ねぇわ! 
PC4手前の道の駅ピンネシリに着いたのはAM3:00。
ここで髪をジャブジャブ洗い、全身を拭いてスッキリ^^
PCと違い、ここは(この時間は)利用者ゼロ。
思う存分身体をフキフキ出来ましたわ(笑)

すぐ先の PC4そうや自然学校到着が3:30。
チェックを済ませてすぐに寝床へ。
持参の毛布を被って爆睡した。

 

目覚ましスマホは7:30セット。
3時間寝ましょうね。
それではお休みなさい(´△`)Zzzz・・・。o○


続く

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

BRM805宗谷岬 スタート編

あちゃー、だいぶ時間が経ってしまいましたけど^^;
お盆前の忙しさの、足を引っ張る宗谷岬の後遺症。
全身筋肉痛のダメージで辛かったわー。
帰宅後、バタンキューの日々でヤル気ゼロでしたから^^;


8/5(土) 2回目の参加となる宗谷岬600。
前回は36時間台でゴールした。
今回の目標は35時間台だ。
その為にはグルメを諦める覚悟で臨みますよ。 

AM4:00起床。
予報では午前中の早い時間が雨、ただし起床時は降っていない。
雨具、どうしようか?
最後まで悩んだが、今回はリアに大きなサドルバッグを装着しているので、とりあえず持っていこう。

車でスタート地点の滝川市へ向かう。
途中でポツポツ来やがった!
これで今季のブルベは4連続の雨確定か…orz

上下レインウェアに着替え、受付をする。
第1グループは受付終了したようで、第2グループでのスタートだ。
15分遅れとなるが、まあ慌てる旅でもなし。
マイペースでいこうと決めた^^

スタート前に「タクランケさんですよね?」
と声を掛けて頂いたKさん。
Kさんとは初日は何度もご一緒した。
同じような走行ペースだったんですね♪
ご一緒出来て、励みになりましたよ^^ 

さあ、ブルベ宗谷岬600、スタートです!
小雨の降る中、総勢140名強のサイクリストが走る。
1時間足らずで雨は上がり、ここから晴れ間が見えて絶好のブルベ日和になった。
そうだよ、ブルベはこうでなくっちゃね!
20170805a

こんな晴れのブルベって、いつ以来だろう?
思い出せないぐらい雨の日が続きましたよね~(笑)

 
追い風もあって気持ち良く走ることが出来た。
77..4km地点 PC1小平町鬼鹿着 10:35。
予定より1時間も速いのって何これ!
幸先イイねgood

ここローソンでは炭酸水と低糖質のブランパン。
20170805b

スイートチョコロールなのに、糖質12.3g!
糖質セイゲニストの味方、ローソンのブランパンはお世話になっております^^


ここでようやく愛車をパチリ。
20170805c

リアのバッグには、万一の輪行バッグにツールキット、レインウェアーに2日目の着替えも。
頻繁に出し入れしないものを収納している。
ちなみに、フロントバッグはモバイルバッテリーに予備のチューブ、そしてこれまた万一のための消毒液や絆創膏各種に痛み止め薬と、これまた頻繁には使わないだろうというものを入れている。
トップチューブバッグには補給食、小型のヒップバッグに財布とスマホ。

 
ん~、他の参加者は軽量スタイルだが、ブルベ600ですよ!
必需品、いっぱいあるでしょうに。
自分はあれこれ考えすぎて荷物持ち過ぎなんだろうか?
中頓別の仮眠所で寝るための毛布まで持っていきましたから^^;
おかげでぐっすり眠れましたけどね(笑)

 
 
と、ここで見慣れたバイクが到着!
20170805d

この小径車、勿論泥人形さんのですわ^^
またまたお会いしましたな(笑)

いつも通り、ここからまたご一緒します^^

 
前を走る泥人形さん。

20170805e_2

何か慌ただしいというか、手があちこちに動いている。
何してるのかなー?
その右手を拡大してみると、

20170805f_2

走りながら補給していたんですねー。
しかも串ザンギ(っていうんですかね)ですわ(笑)
これを頬張り、休憩時間を削って走るのが泥人形スタイル!
彼はこの走法で、並みいるロードバイクよりも速くゴールするのだ!
恐るべし、あくまでストイックな泥人形さんなのです。


せっかく糖質摂取を抑えたのだから、羽幌町でグルメはスルー。
二人で一気にPC2を目指します。

 
165.1km地点 PC2天塩着 15:00。
予定の1:30も速い到着です^^
まあ、グルメしなかったおかげですけどね^^;
 
 
さすがにPC1ではパン1個だったのでお腹空き空き。
ひじきと枝豆雑穀おにぎりと根菜いなりのセットを頂く。
いろいろ入っているので、その分糖質は抑えられるかと。
長ネギの味噌汁で塩分補給、炭酸水で喉を潤す。

20170805g

おにぎり1個、おいなり2個では心もとなく、アンパンも予備に買っておいた。
このアンパンが、その後非常に役立ったのは今は知らず。
  
絶景ポイントはここ。 
20170805h

進行方向は逆向きなので、途中振り返って撮影。


20170805i

写真提供 AJ北海道様
 
いつもは泥人形さんが前なので、今回は自分が前を牽きます。


稚咲内を抜け、「こうほねの家」で小休止した後は、一路ノシャップ岬を目指す。
一昨年は真っ暗だったが、今回はまだ明るい内に到着。
20170805i_2

約235km地点、ついに稚内まで走ってきました。
時刻は18:20ぐらい、日没前に到達出来て感無量~♪

 

続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

BRM805宗谷岬600 計画編

8/5、6で行われるブルベ宗谷岬600。
2年ぶりの参加だ。
前回(2年前)の模様はコチラ。

初日  初日後半  最終日

この時は36時間台でゴール。
フラットなコースのおかげだろう。
3時間以上の余裕をもってゴールしたのだった。
一方、この間の瀬棚600は山岳ブルベもあって、ゴールはCLOSE45分前。
同じ600でもこんなに違うんですね。
獲得標高の差なのか、それとも胃腸の調子の差か^^;

今のところ予報は2日間ともに雨マークは無し!
今シーズン参加したブルベは全て雨。
4度目にして、ようやく雨から解放されそうですわ~♪

 
ところが…
8/6(日)は、昼頃(多分、その頃は名寄市周辺)は29℃の予報。
こりゃ、暑くてキビシイわい。
雨の次はこの気温かいな。
なかなか素直に走らせてはくれないのですね><
20170802_2

まあ8月開催のブルベではこんなものでしょう。
気を取り直して、走行計画を立ててみました。

今回の目標は、2年前のタイム(36時間台)を上回ること。
そのためにはグルメを諦めることも辞さない覚悟。
特にラーメンは封印ですから^^;

まあ、PC6旭川東神楽で胃腸の調子が良かったら、旭川ラーメンもアリかな?
残りは76.1kmだし、上りはあるけど何とかなるでしょう。

 
 
AM4時起きで5時半に自宅発。
7時滝川着、受付開始。
今回は参加人数が多いので、第1・第2グループに分けるようだ。
自分は慌てることなく第2グループでスタートしよう。

8:00スタート。
まずは78km先 PC1小平町鬼鹿到着 11:30。
PC1は混雑するだろうから、ここで長居は無用。

羽幌町でランチは2年前と同様。
でも今回はラーメン封印なので、そうすると蕎麦か。
そば処 山崎さんで大ざるにしようかな。

20170802a
写真はもりそば特盛   ※食べログから拝借

冷やしたぬきや天ぷら系は胃を考慮してパス、セットものもあるがここは油を控えておきたいので、そば単体にしてみる。
羽幌で蕎麦? って批判は受ける覚悟です^^;

 
165.1km地点 PC2天塩到着 16:30。

225.2km地点 ノシャップ岬  19:30。

234.8km地点 PC3稚内到着 20:00。

 

稚内で食事。
前回はPC3でコンンビニめしだったので、今回は飲食店へ寄ろう。
稚内は塩ラーメンが美味しいという。
でも、ラーメンは×。

ここで胃が大丈夫でも油断大敵。
油断しないように油を断つのだ(笑)

 
ホントはmugenさんのブログでアップしていた「ボリューム亭」に行きたかったが、ハンバーグもカレーライスも油が多そう。

というこうとで、ここではすき家へ寄る。
20170802b

稚内まで来てすき家の牛丼かい…

と言うなかれ。
低糖質食では有名な牛丼ライトなのだよ!
なんてったって、炭水化物量がたったの22g(お肉大盛りの場合で)。
ちなみに通常の牛丼大盛では、炭水化物はなんと139g!
約6分の1なのだ。

やっぱり食べ慣れているものが一番ですよ^^

 
269.5km地点 宗谷岬は22:00到着。
記念撮影をして出発する。

 

さて、ここで悩む。
PC4のそうや自然学校は宗谷岬から95.6km先。
Avs20km/hで約5時間だ。
そうすると、到着はAM3:00頃ということになる。

前回は睡魔に耐えきれず途中のバス停小屋で2時間ちょと寝て、6:30頃PC4に着いた。
今回はどうだろう?
PC4までは辿りつけるとは思うが、140名がここへ来るのだ。
果たしてまともに寝られるだろうか?
それなら、バス停小屋のほうが個室だし熟睡できるかも。
ただし、寝過ごすとCLOSE時間をオーバーするリスクもある。
 
 
う~む、難しい選択だなこりゃ。
ギリギリまで悩むとしよう。
 
 
仮にPC4で7:00起き、または7:00着として、朝食を頂いてから8:00に出発することを前提に後半戦スタート。
すぐに天北峠が待ち構えているのがツライ><
ここから気温がジリジリ上がっていく。
 
2日目76.2km地点、トータル441.3km地点 PC5名寄到着 11:45。
ここで水分補給は必須でしょう。

 
13:00士別市でランチ。
前回寄った「てしお」のサフォークラムは魅力的だが、待て待て、胃の具合は大丈夫?
ここはさっぱり蕎麦のほうが安心だよね。。
旭川でラーメンを食べるために、ここは我慢するのだ(笑)
(PC4でカップラーメンは食べますけどね^^;)

 
士別そばの候補地は2つ。
 
まずはJR士別駅内の駅そば。
20170802c

20170802d

値段安いですね~♪
ここはかけそば(大盛は500円)^^


または士別 文化センター食堂。
20170802e_2

公共食堂らしく、ほとんどワンコインメニュー^^

実はこの士別文化センターの良いところは、150円でシャワールームが使用出来るところ。
ほらね、ここでDNFする時、昨年は気温30℃以上でDNFした参加者もいたらしいが、そんな時に汗を流してJR輪行するには最適?な場所だと思うのだ。

2日目は最低限、ここまで走りましょう^^
 

 
とりあえずDNFはしない方向で話を進める^^; 
2日目163.1km地点 トータル528.2km地点 PC6旭川東神楽 16:45着。
晩メシには早いが、昼は蕎麦のみでお腹も空いてくる頃。
ここで胃腸の具合を確認し、良ければラーメン、イマイチなら蕎麦ね。
 
その先の神居まで走る。
梅光軒神居店でラーメンを食べようか。
旭川ラーメンを代表する名店の一つだ。
(札幌にも店舗あり、過去に食べた)。
20170802g

これぞ、旭川ラーメン!
これまで散々節制してきたんだもの、最後にラーメンの封印を解いてもイイよね。

 
もし胃がイマイチなら、手前の東屋寿楽 神居店で蕎麦にしようか。
20170802h

写真は大もり。
これで550円とは、コスパ高過ぎだ。
ん~、これも胃の調子が良くないと食べられないかも(笑)


 
2日目209.6km地点、トータル574.7km PC7深川多度志着19:00。
ここはチェック後、すぐに出発。

次はいよいよゴール。
2日目239.2km地点 トータル604.3km ゴールの滝川着20:30。
これで目標の36時間台です\(^o^)/

 
うん~、この上の35時間台を目指すには、2日目は睡眠を削るかグルメを削るしかないということか。
ステップアップするのは大変なんですねぇ~^^;
まあ、神風(追い風)が吹くことを祈りましょう(笑)
 
 
 
さあ、本番はどうなるか!^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

BRM805宗谷岬600 秘密兵器編

瀬棚600から2週間空き、身体の不具合も癒される頃。
今週末の宗谷岬600に向け、順調に回復しています。

瀬棚完走後の翌日は酷かったな。
耳鳴りに偏頭痛、老眼が更に進行したような視力の異常にビックリ。
あの胸焼けは収まっていたが、しばらく食事が恐ろしくて^^;

まあ、時が経てば正常に戻るんだけど、左手の痺れだけは解消していない。
いまだに握力が完全に戻らないのですわ…(泣)

顔を洗おうと水をすくうと、指の間から零れ落ちる。
指が開いたままなのでしょうがない。
こんな調子で今も難儀しているのです。

 

これは瀬棚600で左手をブラケットに当てたままずっと走ったせい。
もっとハンドル周りの握りを変え、ポジションを固定にしないようにすればよかったのかも。
気付いた時、すでに遅し。
フロントインナーからアウターへシフトチェンジしようと、左指でシフトレバーを押し込もうとしてもシフトレバーはビクともせず大いに焦る。
この時、すでに左手は機能しなくなっていたのでした。

左手ではブレーキも掛けられず、右手のフロントブレーキのみでしたが、フロントさえ効けば下りも何とかなる。
こうして完走したけれど、その代償が今も残っているという話。

 
 

というわけで、タイトルの秘密兵器。
宗谷岬600では大いに役立ってくれることでしょう。
あ勿論、左手の痺れではありませんよ。
これはハンデですから。

秘密兵器だからあまり教えたくないんですけど、どうしようかなぁ^^;
まあブログネタも無いので、ここでバラすとしましょうか。
それでは秘密兵器、召喚!

20170731

あはは、それはアタシの体重のことでした(笑)

下着着用でスマホを持っての数値、すっぽんぽんなら63.5です。
5か月で10kgダウンしました(^^)v

 

そう、このウェイトが秘密兵器なのですよ!
これでオロフレ峠も小樽環状線も、カモンカモンでございます。

 

って、宗谷600は平地ブルベだったぜ…orz

多分、周りはハイペースで走るでしょう。
筋肉も落ち、スタミナに自信の無いアタシにはついていけるのか?
また、お尻の肉も落ちたせいで、瀬棚では痛かったこと!
サドルの角で皮が剥けたくらい、お尻ヒーヒーでした。
レーパン2枚重ねにサドルカバーは必須かも?

そして、この胃…

秘密兵器があっても予断を許さないってところですね。

 
 

それでは、次は攻略編^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

BRM瀬棚600 後半の後半

PC4 ニセコひらふまであと14km。
でも、その距離が相当ツライのは経験済みだ。

ここ、峠級の上りですからー!

って坂が延々と続く。
脚に腹に、力が入らない。
もうやめようかなって本気で思ったほど。
このままUターンし、昆布からJRに乗ろうか、って考えていた。
すると、

20170717g

頑張ってー!
とランドヌール札幌のスタッフカーが通りかかった。

笑えないよー!
と言うと

笑って、笑ってー!

と励まされ、それがこの顔だ。
しっかり笑ってます(笑)

おかげでUターンは止め、前を走る気力が沸きました。
スタッフの皆さん、折れそうだった心を励ましていただき、ありがとうございました。

ニセコ地区に入る。
プチフルーツ街道とでもいうべき、小刻みなアップダウンの連続。
雨が降ったり止んだりする中、PC手前の信号に捕まり小休止。

2日目135.4km、トータル488.0km地点 PC4 ニセコひらふ到着。
13:15だった。
予定では13:00だったので、それほど遅れてはおらずホッとした。

ここで炭酸のシュワシュワ~が飲みたくてたまらず、ただの炭酸水を飲む。
これ、意外とよろしい。
レッドブル系やコーラ系の口に残る甘さがが無く、とっても爽やか♪
清涼飲料とは、まさにこのことをいうのだろう。
(他の砂糖水だらけの製品が清涼飲料とは、ちょっと違うような…)

昨日買った塩むすび1個とカップ味噌汁、そして炭酸水。
胃もたれ中の胃に炭酸水で流し込んだ感じがしたが、それほど負担は感じなかった。
そして食後の牛乳。
これが劇的に胃もたれを解消することになったとは!

前にも書いたが、胃酸過多気味で酸性に傾いていた胃をアルカリ性飲料で中和させるという方法、これが絶大なる効果をもたらした。
胃薬?何それ?
ぐらいの改善になったのだ!
この時、よし、いけるかもと思った瞬間だった。

 

予定では倶知安でランチだったが、勿論スルー。
それでは行くぜ、樺立峠&冷水峠。
胃の調子が良くなり、心なしか脚も軽くなった気がする。
当初心配してたよりダメージも少なく、トンネルまで辿り着いた。
さあ、次は冷水峠!

ここで牛乳パワーが切れ、途端にペースダウン。
冷水トンネル手前で足をついてしまい、動けなくなった。
胃もたれも酷くなってきている。
この時、ガムを噛んで唾液を飲み込んでいた。

唾液って、実は胃もたれ解消に効果があるらしい。
っていう話を、以前見たのを思い出したのだ。
プラシーボ効果(思い込み^^;)かもしれないが、休んだおかげで回復したのか、ともかく走り出してトンネルを抜けた。

 

2日目189.1km、トータル541.7km地点 PC5余市黒川到着。
17:00と、予定の30分遅れ。
これはこれで悪くないタイムだが、クローズの1時間前だ。
ここで勿論牛乳500ml、麦茶、道産レタスのシャキシャキサンドを購入。
まずは牛乳一気飲み^^;

 

ところで、見たことのある女性用のスポルティーフかな?があった。
あれ、どこで見たんだろう?
って考えていると、そのオーナー登場。
あー、神奈川のよっしーさんだ!
自分の名前をいうと、
あ、タクランケさん❤
(ハートは無かったけどね(笑))
と、名前を憶えていてくれて、嬉しかったです。

リベンジも兼ねて今回瀬棚600に参加する予定だったが、直前のブルベで熱中症になり、泣く泣くDNSされたそうだ。
それでも、積丹半島周って来ました♪
っていうから大したものです。
胃に優しいスペシャルドリンク情報も教えて頂き、大変参考になりました。
ありがとうございましたm(__)m


 

さあ、最後に待っているのはフルーツ街道と、ラスボスの小樽環状線!
まずはフルーツ街道。
ここはたった3文字で表せます。
キ ツ イ 
とね(笑)

次の小樽環状線。
ここは5文字。
相 当 キ ツ イ

2文字多い分、格が上だわ(笑)

いつ上りが終わるのか、このまま永遠に上り続けるのだろうか?
そう錯覚してしまうぐらい、強烈なヒルクライムなのだ。
特に、500km以上走ってきて脚パンパン、さらに胃もたれでコンディション最悪な状態での小樽は、観光客には優しくても自転車族には牙を剥く街なのであった。
もうどうにでも好きにしてー!

 

で何とか超えた。
2日目211.8km、トータル564.4km地点 通過チェック2 小樽奥沢。
到着18:50。
予定より50分遅れとなってしまう。
ここでは機能性ヨーグルト飲料を飲み、腸内改善効果を期待する。
と、ここで声を掛けられ振り向くと、何とkaba3さんではありませんか!
本人は「遊び、遊びー」って笑ってましたが、スタッフとして来ていたそうで。
会話も出来ませんでしたが、顔見知りの方がいれば元気が出るってもの。

 

それではゴール目指して出発~!
っていきなり結構な上り坂から始まり、まだこんな坂あったんかいな。
と消沈気味。
最後の張碓峠は勾配は緩いが、交通量がもの凄く多く、これはこれで結構なストレスを感じる場所。

国道5号線を左折、国道337号線を走り、新川通へ右折。
この頃はもう暗く、ヘルメットライトの準備もしないで走った為、サイコンの数字も時刻も見えない。
予定より1時間遅れているんだ。
その事実だけはハッキリしている。
最後の直線はラストスパートだ!

前方に人影が見えた。
追い付いて声を掛けたが、こちらは別のNさん。
脚にきているらしく、速度は出せないという。
先に行ってくださいと言われたが、な~に、旅は道連れというじゃありませんか。
ずっと追い込んで走ってきた自分、もうのんびり走ってもバチは当たるまい。
Nさんと楽しくおしゃべりしながらゴールした。 

 

公式タイムは39時間14分。
ついに今季初の600km走破しましたー!\(^o^)/
辛かったけれど、完走後じわじわ達成感が込み上げてきて、また走ろうと思うから不思議です。
Nさんは初めての600km完走だそうで、喜びもひとしおだったことでしょう。
ご一緒出来て楽しかったです^^

 
 

ランドヌール札幌スタッフの方々、運営から応援、炊き出しに夜明けのコーヒーまで、お疲れ様でした & ありがとうございました。
皆さんの思いが無事故で完走に結びついたのだと感謝しております。

道中お会いした方々、ありがとうございました。
全て自分の走りのパワーとして、力にさせて頂きました。

次回は宗谷岬600に参加します。
またお会いしましょう(^O^)/ 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

BRM716瀬棚600 後半の前半

それでは後半戦。
せたな青少年旅行村コテージで爆睡。
AM5:00頃、目が覚めた。
同宿のmugenさんは、寝起きのトイレで快調そのもの^^;
羨ましい。

準備を済ませコテージを出ると、ランドヌール札幌のスタッフが朝食を勧めてくれた。
ん~、辺りにカレーの良い香りが漂っています。
R札幌特製カレーライスです!

20170717a

挽きたてのモーニングコーヒーと共に♪

ああ、美味い~♪
昨夜から食べられなくて、お腹が空いていたんだよな。
寝たら胃の調子も良くなり、美味しく頂きました。
ありがとうございます!m(__)m

元気100倍、アンパンマン!
じゃないけど、元気が湧いてきましたよ!
AM6:00ちょっと前、後半戦スタート。

 

町外れのキャンプ場(昨夜行ったところ)でトイレタイム。
これでスッキリ。
さあ改めて出発しましょう。

日本海側は奇岩がいっぱいで風光明媚。
これは窓岩。
20170717b

20170717c

昨年もここで写真を撮ったっけ。
実は40年ぐらい前かな、家族でここの民宿に泊まったことがあって、凄く懐かしく思っていたのだ。
妹に写真を送ったところ、
キャー、懐かしい~!

と返事が来た。
人は歳を取っても、自然はずっと残っているんだね。
亡き父も元気な頃だった。
年老いた母も懐かしく思うに違いない。
今度、写真を見せに帰省しよう。

 

とその時、参加者が通りすがり、「良い風景ですよね」と声を掛けてくれた。
瀬棚を出てすぐにパンクし、修理しているところに通りかかって声を掛けたら、大丈夫ということだったので先へ行ったのだが、その方が来たのだった。

しばらく走ると前を行くその方に追い付く。
前に出ると、後ろを走っていいですか?と声を掛けられた。
しばしご一緒する。
雨がポツポツきた。

お話ししながら走るのは楽しい。
その方、mugenさんのブログにコメントしているという。
そういえばお名前を拝見したことがありますよ^^

20170717d

朝逃げするNさんの図(笑)

しばらくご一緒していると回復されたようで、前を走ってくれた。
その後、雨が強くなり自分は雨支度で離脱。
Nさん、ご一緒させて頂いて楽しかったです。
ありがとうございました^^

 

島牧村を抜け寿都町へ到着。
弁慶岬で休憩。
20170717e

北海道には義経・弁慶伝説があちこちにある。
東北奥州から北海道へ渡ったという伝説は本当だったのかもしれない。

2日目91.8km先、446.5km地点 道の駅シェルプラザ・港で小休止。
蘭越産トマトを使ったトマトジュースを頂く。
20170717f

何て名前だったか忘れた。
何でも太陽って付いたような。

「太陽がくれた季節」だったけな?

君は何を今 見ーつーめてーいるの♪

君も今日からは 僕ーらのー(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

いらっしゃ~い、ブルべの世界へ(笑)

 
なんて楽しそうに書いているが、この時は飛び出せ青春、いや、超胃もたれ真っ只中。
朝のカレーライスはとっくに戻してしまっていた。
(R札幌さん、ごめんなさい)

昨日購入した塩むすびを1個食べ、2~3年前に薬局で貰ったムコスタ錠を飲む。
この薬、胃を保護するということで食後の服用が効果的だそうだが、今回はあまり効かなかったようだ。
おにぎりで胃もたれ超絶100%を超えたが、食べないと先へ進めない。
この時とばかり、ブロック状の補給食とアミノバイタルに塩飴を一気に補給する。
どうせ胸焼けするなら一緒のほうがよいしね^^;

 

蘭越から昆布町を左折、penさんが寄った幽泉閣を横目に見ながら先を行く。
121km走ってきた。
474km地点のポイントで休憩。

 
ボトルに入れていたのはクエン酸ドリンク(粉末)だ。
しかし、これは飲む度に気持ち悪くなる。
多分胃酸過多なのだろう。
自転車は空腹で走る時間が長いので、胃酸過多気味になり易いそう。
水分補給の面では良いかもしれぬが、胃酸にクエン酸を重ねたら胃に負担が大きいかもしれない。
疲労回復効果を期待していたが、消化器系には逆効果なのだろうか?

と思い、蘭越町のローソンで麦茶を購入し、これをメインの水分補給にした。
麦茶はノンカフェインなので、胃に対する負担は少ないだろう。
飲んでみると、確かにオエッとこない。
クエン酸飲料を捨て、ボトルには麦茶を入れましたよ。

 
さあ、PC4ニセコ目指して頑張るとしよう。

 
続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧