ウォーキング

2016年6月 6日 (月)

コソ練中

この間(5/29)、今シーズン初ロード。
結果、ボロボロ^^;
たかだか(?)100kmで脚パンパンだ。

途中で出会った若いロード乗り2名、つどーむで試乗会があるのでそちらへ行くというが、何と深川から来たという。
ひょんなことからつどーむまで一緒に走ることになった。
向かい風の中、彼らの為に約20kmを全力で引っ張る。
ボロボロになったのはこういうわけでした。
ソロだったらこんな無茶な走りはしません、いや、出来ません^^;

ちなみに、彼らは帰りは輪行とのこと。
深川まで110kmあるしね。
自走で帰るわけないかと、ちょっとほっとして(笑)

 

まあ、そんなんでトレーニング不足を痛感した自分。
でも、その後もロードに乗る機会が無い。
ローラー台も持って無いし…
ジテツーはもう慣れっこで、トレーニングにすらならない始末。

ブルベ300kmまで2週間を切り、だんだん焦ってきた。
ああ、どうすればよいだろう?

 

で結論。

通勤は往復歩きに変更しました!

片道8.5km、大股歩きで1時間15分。
往復で20,000歩を超える。

たかが歩きと馬鹿にするなかれ。
実際に歩いてみると、いきなり歩いたせいもあるが、これまた脚パンパン。
汗も半端ない。
こりゃ、相当なトレーニングだわ。
たった一往復で、大腿四頭筋と前脛骨筋がヒドイ筋肉痛、足首激痛、足の甲や土踏まずは自分の足でないみたい^^;、
歩き過ぎて歩行困難という、なんとも漫才のネタみたいな状態になってしまった。

その後、二日休止する羽目に^^;
まだ痛いが本日再開。
今週はウォーキング通勤で、両脚を徹底的に痛めつけるのだ。
そして次の日曜日はロードでヒルクライム、翌週はリハビリを兼ねて自転車通勤を再開し、脚を万全の態勢に持っていって18日の本番を迎える。
これがブルベ完走の青写真かな。

 

ただいま歩いてコソ練中^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

フォアフット・トレッキング

5月26日(日)。
この日はヨメのお守り役。
向かうは旭山公園、ここからモイワ山までトレッキングするのだ。
天候不順で延び延びになっていたのもので、今回ようやく実現。
旭山公園まではやっぱり自転車でしょう!
と言ったらあっさり却下。
最初はあまり無茶したくないのだとか…(´・ω・`)ショボーン

6:30、旭山展望台到着。
駐車場はガラガラ、ここへは早く来るに限ります。
ちなみに、ウチらがここを出た昼頃、駐車場の空き待ちで車がずらり。
準備運動で身体を伸ばし(これ大事)、さあ出発!
片道約4.2kmをゆっくりウォーキング。
シーズン最初で、運動不足のヨメにしてみれば結構ハードだったようで、途中何度も休憩を入れながら、モイワ山頂へは約1時間45分。
全盛時より30分は余計に掛かったが、まあまずまず。

この日は快晴だったこともあり、多数の山ガールが出現。
ヨメはしきりに、若い人はイイわねぇとか、あの服装カワイイを連発。
お願いだからあのカッコはヤメテおくれ。
君がやったら山ガールならぬ、山姥(やまんば)だから(笑)

それでは山の楽しみ、お弁当^^
Ts3o0396

簡単なものだが、これが最高に美味い!
汗をかくので塩分多めにしたというおにぎり、ウマ~^^

食後は展望台で札幌の街並みを眺める。
Ts3o0399

恋人の聖地という名の鐘。
Ts3o0400

さすがに鳴らすのはちょっと(笑)

 
さて、ヨメの歩くペースに合わせると物足りないというか、遅すぎるので山歩きが全然退屈。
汗の出も悪いし。
どうしたものかと悩んでいると、ふと店主Aさんのブログを思い出した。
確か、つま先でラン&ウォークを奨めていたな。
なんば走りとかベアフットって書いてあったっけ。
これって山歩きでも通用するのだろうか?
平地でもやったことがないのに、無謀にもいきなり山はキツくないか?
まあ、退屈しのぎにやってみるのも悪くない。

第一印象、歩き辛いのなんの。
抜き足差し足の時のように上体が大きく上下する。
何か悪いことをしているみたいと言われますた^^;
その内に慣れてきてコツを掴んだけど。

上りは自然とつま先歩きになるもの。
前傾でつま先に重心が掛かるから当然。
これが踵着地だと後ろにひっくり返りますから^^;
また、岩場でもつま先立ちで歩いていた。
つま先歩きのほうがバランスが良いのだろう。
意識しなくても、ちゃんとつま先歩きしてる時もある。

 

さて、問題は下り坂。
前下がりだと身体の重心は後ろに掛かるために踵から着地する。
まあこれが理にかなってるわけで、そのためにシューズも踵にクッションを効かせているのだから。
それをつま先から着地するとどうか?
答えは、歩けないわけではない。
しかし、それには脚の筋肉が大きく関係してくる。

下りでつま先から着地した場合、膝が前に出る。
その膝を止める時に上体の荷重が掛かるわけだが、それを大腿四頭筋と脹脛で支えているのが判る。
普通の歩き方では踵が体重を受け止めているので、この辺の筋肉は積極的に使われていない。
下りでつま先から着地すると、ここがビンビン使われるんだな。
これは自転車での筋肉の使われ方に似ていると思った。
つま先(拇指球)でペダルを踏み込み、つま先で引き足を使う。
ペダリングは大腿四頭筋と脹脛を使っているのだから。

案外、ここが痙攣をおこすのは筋肉が不足しているのであって、塩分やミネラルが不足したからでは無いという印象。
要はもっと鍛えなさいということですか^^;

 

フォア(前方の)フット・トレッキング、自転車にも有効かも。
翌朝さっそく太腿と脹脛が筋肉痛なのがその証拠。
これは継続してみる価値はありそうですね。

ラクな筈の山下りが大いなるトレーニングの場になるなんて、なかなか面白い発見でした。
遅いヨメに感謝しなければ、ね^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)