FCC

2013年12月23日 (月)

不思議忘年会2013

今年も残り少なくなってまいりました。
最後に皆で集まろうぜー!
と呼びかけたところ(私じゃないが)、6名の有志が駆けつけてくれました。
PPS村長を筆頭に、UD元村長、SWご夫妻、今まりさん、そして自分。
おっと、この場にはもう一人いらっしゃったのですが、それは後ほど^^

すすきの某所にて。
12月20日(金)というすすきのが最もアツイ日に、よくぞ場所が確保出来ました!
まずは幹事のP^^ちゃんに感謝です。

20131220

最初はこんな感じで静かに、そしてテーブルの上も整理されていたのだが・・・

後半は、

201312201

雑然と…^^;

まあ宴会とはこんなもんですな。
話に花が咲き、宴会の2時間はあっという間。

ところが、シメのご発声が聞こえてこない。
それどころか延長戦に突入!
粋なお店の計らいに感謝感謝です。
と突然、お店のスタッフらしき人が乱入!
なんと、自転車乗り仲間のKさんでした。

 

Kさんはここのコメントで出てきます。
なんと彼のおかげで一軒で約6時間も居座ることができ、その間ずっと飲み放題という、年末近いすすきのでは絶対あり得ないことが起こったのだった。
Kさん、ありがとうございます。
そういえば、盗賊団3号の意味を聞くのを忘れてしまいました。
次回、お会いした時は是非教えて下さいね^^
(ってこの2日後に再会したのに、やっぱり聞くの忘れた^^;)

不覚にも飲み過ぎてしまい、サケが弱いと露呈したようで。
やっぱり私は自転車もサケも「へたれ」だったのだ。
201312202

ほらね(笑)

と、こういう時でないとなかなか着れない^^;


タクシーに乗り会社へ向かう。
時刻はAM3:00。
遠くでベルの音が響いている。
車内で寝てしまったようだ。
はっと気付くと、妻の早過ぎるモーニングコール。
起きてる~?の声に救われた。
ああ、ありがとう。
おかげでタクシーの運転手さんを悩ませずに済んだよ。

会社へ着いた。
さあ、仕事仕事。
と思いながら、やっぱりウトウト。
出勤してきた女子社員に起こされ、ようやく事の重大さに気付いたのだった。
うぉー、やべぇー!

仕事上のことなので内容は割愛するが、上司の説教にサケ臭い息を吐きながら、ひたすら頭を下げて一日が始まったのだった…

 

仕事も「へたれ」で^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

行き当たりばったりツアー その1

今年は散々のGWですな~(-_-X)
北海道は雨にたたられ(一部では雪も!)、観光産業に携わっている方々には何ともお見舞い申し上げますとしか言えません。
連休は、晴れて気温が上がってこそ景気も上向きになるってもの。
アベノミクス効果も天気には敵わない。
寒冷前線や雨雲を吹き飛ばす装置でも開発してくださいよ、まったく。

 
さて連休中の私の行動はというと、家内のほうの義兄夫婦が札幌に来ていて、一緒に食事でもと話になった。
知床横断走以来、会うのは3年ぶりだ。
だが、義兄夫婦も久し振りの札幌と見え、コストコへ行きアウトレットへ行ったりしているうちに時間がオーバーしたらしく、食事に間に合わない^^;
5月3日、結局待っていたが待ちぼうけ…
雨の降る中、結局一歩も外に出ずじまい。

 
5月4日、この日も朝から小雨で気温は低め。
今日は家族サービスの日と決め、家内と温泉へ。
といっても近場じゃ面白くないし、遠すぎるのもあれなんで石狩番屋の湯へ行って来た。
ちょっと時間が早かったので石狩浜を周ってみると、この寒空の中サーファーがちらほら。
こんな悪条件でもサーファーは今を楽しんでいるのだ。
そうか、小雨が降ろうが風が強かろうが、その瞬間の自転車を楽しまなければ愛好家とはいえないのかもしれない。
いちいち理由づけて走らないのは真の自転車乗りではないのだよ!

 
サーファーのお兄さん・お姉さんから真理を学んだ気がした。
どうもありがとうございました。
私たちはこれから温泉に入りますが、冷えた身体を温めに来てくださいと祈らずにはいられなかった。
と、いかにもサーファーっていう人が温泉に入ってきて、サウナで一緒になる。
その体つきたるや筋骨隆々。
負けました…^^;

あ、そうそう、私がサウナに入る時、坐りながら踵を上げて爪先立ちにします。
そうすると脹脛がじーんと痺れ、鍛えられる気がするのです。
たった10分で翌日脹脛に張りがあるので、引き脚を鍛えるのに有効かもと思ったりして。
実は私のコソ錬^^;
自転車乗りに無駄な時間は無いのです(笑)

 
さて、連休も後半の5日。
小雨が降っていて、妻と予定していた山登りも中止。
そんな中、不思議村の行き当たりばったりツアーに参加しました。
この連休、ようやく自転車に乗れたぜ!


詳細は後日^^

Ts3o0334




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

不思議な新年会

1月26日(土)。
この日は、夜から不思議村の新年会。
冬期間、活発に活動している方もいれば冬眠中の人もいる。
なかなかご一緒する機会が無かったが、宴会となれば別。
すぐ集まります^^;
久し振りに揃った不思議な人たち、総勢9名。

まずは幹事さんの挨拶、するとみんなにプレゼントがあるとのこと。
なんと絆創膏のセットでした。
昨年のF村支笏湖輪行ツアーで落車した際、メンバーが持っていた絆創膏で応急処置をしてもらったことに感謝、改めて全員にお礼を兼ねて、またサイクリングでは常備するようにとのことでした。

備えあれば憂いなし、緊急時には必要ですから携帯しましょう^^

 
実は私もお年玉プレゼントを用意してきたのだが、幹事の先制パンチを浴びてしまった。
自分のプレゼントが霞んでしまったではないか…
まあ、所詮年末の売れ残り品だけど(滝汗)
いや、違うんですよ、売れ行き絶好調で大量に仕入れした結果、ちょっと残ったものなんですから!
確かに売れ残ったものには違いないのだが^^;

そういえば同じものを去年も配って廻ったっけ。
「去年は貰えませんでしたよ」と、ちょうど一人手前で無くなってお渡し出来なかったことをある方に指摘された。
やっぱり覚えていらっしゃいましたか!
食べ物の恨みは恐ろしいですね~、PPSさん(笑)

 

Ts3o0206

宴もたけなわ、自転車談義に花が咲き、楽しい時間はあっという間。
気が付けば2時間の宴会が3時間にも…
大目に見て頂いた、店主の計らいに感謝申し上げます。


 

帰り道ひとり。
冷気が火照った頬を冷やし、浮かれた気分も消えて我に返る。
ああ、こんな日に宴会で騒ぐなんて、俺って不謹慎だよな。
しばし反省。
本来なら一人でしみじみ飲むべきだったのかもしれない。
心の奥底で怒りと焦りが入り混じり、葛藤に苛まれる。
何故か申し訳ない気持ちでいっぱいだったのだ。

 

いやいや、宴会が悪かったのではありませんから念の為。
自分自身に腹を立てていただけなのであります。
と、本日のブログは不思議な終わり方で失礼します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

こっこ家遠回りツアー その2

続きから

響き渡った甲高い音の正体とは、SWさんの後輪のパンク。
見事にクギがタイヤを貫通しておりました^^;
するとサポートカーが颯爽と現れ、機材が提供されます。

Ts3o0105

メンテスタンドにフロアポンプと、パンク修理の必須アイテム登場!
これで助かりました。
特にフロアポンプは大ヒット、これが無ければインフレーターでロード用チューブに空気を入れる羽目になり、日が暮れるところでした。
早速、大活躍のPPSさん、ありがとうございます^^

 
再出発後はR337を石狩方面へと向かい、相変わらずの裏道ばかり走るものだから、CJさんより「裏道隊長」という称号を授かる(笑)
そんな裏道隊ですが、裏街道ばかりではありません、正々堂々と(?)国道も走ります。
やがて石狩河口橋へとやってきました。
この橋、河川に架かる橋としては道内最長、そんな長い橋に南南東からの暴風が真横から容赦なく吹きつけます。
遮るものが何も無い川の上、橋から飛ばされそうでヒヤヒヤ^^;

 
道道81号へ入り高岡入口を左折、そこからはどこか郷愁を誘うような風景が続きます。
しばらく走ると、こんな看板が出てきました。

Ts3o0106

本日のメインイベント一本勝負、五の沢林道です。

Ts3o0107 ここにはかつて油田があったそうです。
ロードで走り抜けたために確認は出来ませんでしたが、神社があったことを示す碑が残っていました。
今でも辺りは石油系のにおいがします。
ちなみにこの神社、中島公園にもあるとAさんが話され、意外な博識を披露していました。
調べてみると、伊夜日子=弥彦で、祭られている天之香具山命(あめのかぐやまのみこと)は石油開発の神様でもあるそうですから、彼の地で祀られたのでしょう。
いまは訪れる者もなく、野に返った鉱業所跡地を鎮魂すべく、ひっそりと佇んでいます。

全員頑張って走り、何とか坂を上りきりったー!
しばし休憩、多分ここにいる全員があとは下るのみと思ったことでしょう。
しかし…

まだ上りは続いたのです^^;
これが一番精神的に堪えるパターン、途端にパワーは落ち、苦しさは増すばかり。
緩い勾配の坂が、まるでそびえ立つように感じる…
 
 
道道28号を左折、あとはフラットな道を走り、目的地に到着です。
Ts3o0110
当別青山にある「よくばりこっこ」さん。

12:30頃に着いたのだが、先客のローディーから衝撃的な発言が。
「ラーメン、売り切れだって」

ガーン!Σ(゚□゚(゚□゚*)

今シーズンの営業終了最後の日曜日ともあって、ドドーっと人が押し掛けたのでしょうか。
残念ですが、ご飯ものの中から親子丼をオーダー。
まあ先週も来たことだし、その時にラーメン食べたのでよしとしましょう。
ちなみに、SWさんは土曜日もここに来ていたそうで、2日連チャン!
負けた…(ここは勝負するところじゃないが^^;)

お店は雪が降るまで営業されるとのこと、11月もやっていますからご安心を。

 
タッチさんと支笏湖の人(笑)がいらっしゃったのでご挨拶。
強風の中お疲れ様です^^


店を出る頃にはポツポツと、恐れていた雨…
すぐに雨足は強くなり、DNFの文字が頭の中をよぎり始める。
当別市街地の手前でサポートカーを止め、相談した結果、Do Not Finished。
JR当別駅から札幌まで輪行組、サポートカーで出発地点まで戻る組に分かれるが、annyさんは自走で戻るという。
大丈夫、大丈夫と仰ってましたが、無事に帰られますようにと願うばかり。

 
輪行組は近くのホームセンターで90Lのゴミ袋と、ビニールテープ1つずつ購入。
約360円也。
これでロード3台輪行出来たのですから、緊急時には充分活用出来ると、改めて実感した次第です。

Ts3o0113

貧乏輪行と人は呼ぶ(笑)

当別駅ではPPSさんとCJさんもいらっしゃって、ここでお別れとなります。
輪行組はJRに乗り込み、一路札幌へワープ!
しかし、札幌に近づくにつれ、路面が乾いてきてる…
これじゃあ自走出来たんじゃないのと、判断が誤ってしまったかも。
SWさんから、風邪をひいたら元も子もないから正解ですよとの言葉に救われました^^


ご一緒の皆さん、ありがとうございました。
シーズン最後を飾るに相応しい、FCCロード班の珍道中でした。
これからはオフシーズン用の出番でしょうか、オフロード班はまだまだ元気に走られることでしょう。
私はこれでおしまい^^;

 
 
最後に、オフロードに目覚めロードに乗っていないというannyさん、五の沢林道の上りで並走していた時のこと。
「いやぁ、ロードってやっぱり楽しいですね」の一言が印象的でした。
ロードはもう飽きたって仰っていただけに、サイ苦リングも楽しいものだと実感されたなら嬉しい限りです^^
またご一緒出来れば幸いです。


それでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

こっこ家遠回りツアー その1

28日(日)。
前夜から続く強風におののく札幌市民。
だが、中止のメール連絡は来ない。
そうですか、決行なんですか^^;

多分、今季最後のロードバイク、FCCのサイ苦リングツアー。
「苦」の文字があるのは、苦行を愛する者たちの集団。
サイ苦リング苦LOVEなのです。
ちなみに、FCCのFは、変態フェチのFでは無いので念のため^^;

この日は当別町青山にあるこっこ家まで行く予定。
題して、「鶏隊長と行く、こっこ家遠回りツアー」という苦LOVEサイです。
私も新たな役職を拝命し、少々緊張気味であります^^;

 
当日の朝、天気予報を確認。
Photo

札幌市では正午で風速12mだと!

 
今回のルートはこんな感じ。

ううむ、これだとスタート直後は追い風の恩恵を受けるが、あとは強烈な向かい風となってしまう。
まさに苦LOVE!
案の定、中止のメールは来ないです^^;

当初は厚田の方から古潭越線を通って当別へ抜けようと思っていたが、距離が長いのとクマが恐いので急遽コース変更した(以前の記事参照)。
五の沢林道コースなら距離も短く、適度な上りで走り易い。
風は強いが、雨さえ避けれれば…

というわけで、雨にも負けず風にも負けない猛者が、ここに終結した。
今回のメンバーは、PPSさん、店主Aさん、OHTKさん、SWさん、CLUBJUZZYさん、初参加のannyさん、そして私の総勢7名。

PPSさんを除く6名が集まってしばし談笑。
間もなくPPSさんがやって来たが、車でしかもバイクは無し。
前日から体調を崩されていたそうで、それなら欠席すればよいものを、サポートカーで皆をサポートするという。
なんて、素晴らしいお方!
さすがFCCの顔、お人柄が滲み出ます^^

PPSさんのサポートカー。
Countach
思いきり嘘です(笑)
でも、カウンタックがR337を爆走し、我らを抜いていったのは感動でした^^

 
annyさんはスゴイ人ですよーというのは、バイクを見れば判ります。
Ts3o0103
なんとフレームには、2番のゼッケンプレート!
ご本人曰く、一番をよこせといっても適わなかったとか・・・
本物のレーサーですから!

そしてCJさんのバイクといえば、
Ts3o0104
こちらもカッコイイ!
cannondaleのシクロバイクをフラットバー仕様にしているところがCJさんらしいかも^^
ちなみに、annyさんのバイクもcannondaleなので、私のを入れると3台も揃うなんて初めてのこと。
自分の周囲にはTREKが多いので、オーナーとしては嬉しいですね^^

 
 
それではサイ苦リング出発!
しかしスタート直後、号砲が響きわたり、甲高い音に隊列は乱れてしまったのだった。

 
つづく


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

俺チャレ続報とコース試走

10月16日(火)、勝負の火蓋が切って落とされた。
2回目の勝負は熊本だ。
勝つのは誰か!

何の話かというと、ギャンブル「俺チャレ」の続き、競輪チャレンジ第2弾。
今度は火の国杯争奪戦、決勝11R。
ああ夢よ、もう一度。

で、玉砕と(涙)
そう上手くはいかねぇべなーって感じです。
でもね、すごく惜しかったんですよ。
って、近くても遠くてもハズレはハズレに変わりはない。
同僚には欲を見透かされ、「3連単はヤメておけ」と忠告されたのに、それを無視したオイラが悪いんです。

 
 

そして、昨日の21日(日)、今度は滝澤正光杯でリベンジだ。
さあ、ギャンブル俺チャレ第3弾、決勝11Rで勝負!

今度は取ったどー! ^^エヘヘ
でもね、来たのは2番人気で配当720円、購入した車券は300円だったので払い戻しは2,160円となった。

3,000円投資したので赤字ですから・・・

ギャンブルにハマったと思われるかもしれないが、そうでもない。
1回の投資金額は3,000円、サラリーマンのお小遣いの範囲内で遊んでいる程度。
大負けもしなけりゃ大勝ちもないのです^^

 

さて、週末はまた雨の札幌。
あちゃー、またまたロードはお預けに・・・(大泣)
一雨ごとに気温は下がり、朝晩は冬の到来を予感させるような寒さ。
自転車シーズンも終盤、今月最終日曜日を期待するのみ。
28日は晴れてください!sun
この日を逃すと次があるかは判りません。

 
というわけで28日、FCCロード班は今シーズン最後の走行会です。
事前にコースを試走したかったが、ロードでは走れず。
ぶっつけ本番も不安なので、ドライブがてらに車で通ってみました。

Ts3o0091

なんと!
熊除けの鈴が必要かも。
本当にクマが出そうな雰囲気の道でしたよ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

道幅が狭く対向車が来たら危険なので、下りで速度を上げられない。
コーナーでは落ち葉でタイヤが滑りそう。
そして勾配のキツイ坂道、看板には斜度13%の文字が…
あんまり楽しくないかも…^^;

険しい坂が3箇所もあり、ようやく平坦な道路に出たと思ったら工事で砂利道になっていたりと、あまり良い状況ではなかった。
ううむ、コース変更しようかな。
帰り道、走行会で寄る予定の店で食事を済ませ、楽しみも無くなったことだし…^^;


いや、冗談抜きでコース変更を考えています。
あの山道は本当に危なそう、上りで列がバラけて単独走になったら絶対怖い。
山道手前の立て看板、3か月前とはいえ最近は住宅街にもクマが出没しているし…
また、落ち葉でのスリップで落車のリスクも高まることを考えると、ちょっと躊躇してしまいました。

ギャンブルは当たって欲しいが、こっちの予想は外れて欲しい^^;

 

もう少し考えてみます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

Rainy Days and Sundays ~ FCCきのこツアー

9日の日曜日。
夜半から雨は降ったり止んだりと。
札幌はどんなに雨が降っても構わないから、旭川方面だけは晴れてー!
という願いは無残にも打ち砕かれる。
土砂降りの雨の中を走る、また走る、ひたすら走る。
恵みの雨かもしれないが、日曜日に降らなくてもいいんじゃ…

 

この日はこんなお祭りがありました。
あいべつ「きのこの里」フェスティバル (PDF文書で重いです)

愛別町かー。
地図を眺めていると、旭川市内からサイクリングロードを通れば近くまで行けることが判明。
そうだ、サイクリングと組み合わせたイベントにしてみよう。
なんてったって牛肉ときのこが食べ放題、素敵すぎます♪
そんな企画に食いしん坊さんたちが賛同してくれました^^

今回選ばれたメンバーはPPSさん、UDさん、YZさん、OHTKさん、SZさんにそのお友達のMさん、そして私。
総勢7名の「きのこ隊」です。
Mさんを除き、以前のママチャリ耐久に出た時と同じ顔ぶれ。
この時も雨だったのでこの中に絶対雨男がいると思うんですが…
誰だ、いったい!
(自分だったりして^^;)

 

旭川市まで車で行き、そこから愛別町までサイクリングロードを往復するというCar and Ride。
車はYZさん、PPSさんに出してもらいました。
SZさんは新車(キャンピングカーです!)が納車になったので、友人のMさんと一緒に現地集合です。
私はPPSさんの車に乗せてもらいます。

ところがAM6:30、この時間に迎えに来る筈が、PPSさん「今、起きました」のメール…
私も「あはは…」と返すのが精一杯^^;
お寝坊さんの罰として、ブログで晒しちゃいますから(笑)
予定より50分遅れの出発でした。
早速暗雲が立ち込めます。
まあすでに雨雲は立ち込めていましたが^^;
それでも旭川市内へ到着した頃は雨も上がってよかった^^

 
常盤公園から愛別町まで、旭川層雲峡自転車道線を通ります。
ここは総距離68kmの「日本一長いサイクリングロード」。
しかし、愛別の先で自転車道は国道に吸収されてしまいます。
いつ全面開通するのか、その見通しは立っていないようです。
なので、正確には、
完成すると日本一長い自転車道
が正しい名前ですね^^;

でも、道はキレイだし、エルフィンロードの1.5倍はありそうな車幅で、走りやすくとても快適な道♪
標識や橋の名が表記されていて、利用者にも親切な設計です^^
自分がどの辺にいるか判るようになっています。
こんな感じ
Ts3o0045

何より感心したのは、車がサイクリングロードと交差する場所には必ず車止めが設置されていること。
車道と自転車道とを完全に分離するという設計が良いですね。
ただ、そのためにサイクリングロード上に丸太をイメージしたような車止めが多く、ぼんやり走っていたら激突するので要注意です^^

 
それでは出発~♪
途中に公園やパークゴルフ場に学校もあったりします。
要所要所にトイレも完備され、市民にも親しまれている様子。
旭川市はサイクリングロードに力を入れているんですね。
この辺は札幌市も見習って欲しいところ。
でも分岐が結構あって間違えやすいかも。
私も早速間違えて、慌ててUターン^^;

やがて、「ここから旭川層雲峡自転車道線」の標識。
道も堤防から白線の引かれた道へと変わります。
Ts3o000 Ts3o0042

ここからが本当のサイ苦リングロードの始まりなのでした^^


川の流れに反して走るため、若干の上りが続く。
だが、上りとは感じられないぐらいの緩やかさなので、案外辛くはない。
しかも、我等の他に自転車は無し!
貸切状態です^^
やがて二人組の自転車が対向してきたが、結局往路・復路共にこの自転車以外に会わなかったから、旭川市民はこの道を利用しないのだろうかと疑問に思ったほど。
Rainy Days and Sundays、雨の日曜日は自転車に乗らないか、普通^^;

 
自転車道は一度対岸へ渡ります。
「道の駅 とうま」の標識があったので、そこから対岸に渡り一般道を走ると国道39号線との交差点に道の駅がありました。
スタート地点からここまで約20km弱ぐらい(多分)。
きのこ隊員はここで休憩です。


Ts3o0047

「道の駅とうま」は大層賑やかでした。
やっぱりみんな、休日は当麻町へ来るんでしょ?
「とうまの休日」ですからね(笑)
(道の駅の向かいにそう書いてある建物がありました^^;)

 
国道39号線を少し走ってから自転車道へ戻り、愛別町までひとっ走り。
JR愛別駅の標識が見え、ここから一般道に出て会場へ向かいます。
しばらく走ると、顔にポツポツと雨。
だんだん雨足は強くなり、SZさんがナビで確認してくれたのでしょう、「まだ会場まで6kmありますから、レインウェアーを着ましょう」と実に的確なアドバイス^^
ここからは雨中走行です。
会場へ着く頃は本降りになってました。

Ts3o0048

芝生はところどころ水溜りになっているほど、それぐらい激しい雨です。
せっかくの牛肉ときのこ食べ放題も、雨ざらしの鉄板焼きなものだから、鉄板に雨が溜まって肉煮になっちゃうし…
せっかくの良いお肉も、これじゃあ台無しです(泣)
容器に入れた焼肉のタレが雨で薄まってくるんですから、トホホ・・・

その内に炭火の火力が強くなって何とか肉も焼けましたが、途中で食べる気も失せ、2,000円の前売りの元も取れずにテントへ避難することに。

主催者の皆さん、これからはせめてパラソルを差すなどして、鉄板を雨から防ぐようにしてください。
焼いてあるとはいえ、雨にあたった食材を食べるのにはちょっと抵抗がありますし。
(タレに雨が入り、肉を雨水に浸して食べたようなもんですから)
気持ちは「半分金返せー!」に近かったかな。
  

その中で唯一のラッキーなきのこ隊員はYZさん。
自宅へのお土産用にと売店へキノコを買いに行き、千円札を出して「これで買えるだけ」と言ったところ、販売員が「そばに誰もいないよね」と確認したのち、袋にガバガバ入れてくれたそうで。
リュックがパンパンになる程の大量のキノコに、買った本人が一番驚いています(笑)
この雨で客足も鈍り、いっぱい売れ残っていたのでしょう。
ラッキーきのこでした。
YZさんこそが「真のきのこサイクリスト」ですね^^

 
当然、復路も雨。
バッグも防水カバーが掛かっていない底面から水が滲みこんでいる。
そんな雨に嫌気がさしたのかSZさんとMさん、愛別駅からJR輪行で旭川までショートカット。
経験の少ないMさんを気遣ってのことでしょう。
お二人とはここでお別れです。

残されたメンバーは、苦LOVEですから当然自走。
雨の中を突っ走る。
サイクリングロードは往路と違って下りが続き、雨でなければ快適だったに違いない。
PPSさんのBrompton、後輪のチューブからエア漏れが発生。
インフレーターでエアを入れては走りを繰り返し、何とか最後まで自走出来てよかった^^
 

ようやく出発地点の常盤公園まで戻って来ました。
あれ、別れたはずのSZさんとMさんがいる!
JR輪行と自走が同じ速度だったのでしょうか???
苦LOVEを名乗るだけあって、さすがメンバーは健脚揃いです^^
皆さん、雨の中大変お疲れ様でした。

愛車はドロだらけで真っ黒^^;
このまま車に積み込んだら、車内が汚れてしまいそう。
近くの水飲み場でBromptonに直接水をぶっかけて丸洗い。
水洗いしても問題無いでしょう。
細かい所に入り込んだ土砂も流れ落ち、逆にこうしたほうが自転車のためにも良い筈。
帰宅後にメンテすればよいだけなので。
ちなみに、私は翌日にメンテしましたが、一晩でチェーンに錆びが浮いてました。
前日に付けたチェーンオイルが、たった一回の走行で流れ落ちたのですから、相当の雨だったことがお判りでしょう^^;


今ツアーは、PPSさんのお力添えが無ければ実現しませんでした。
出欠から車の手配まで、その殆どを陰から支えて頂きました。
さすが助役、大変感謝しております。
(といいながら、遅刻の件は晒しましたけど^^;)

また「きのこ隊員」の皆様、雨の中を走ることになってしまい、大変申し訳なく思っています。
これもよい経験ということでお許し頂ければ幸いです。
後々語り継がれるツアーになることを願っております。

そして、今回欠席されたメンバーと、急遽参加出来なくなったYさん。
欠席で大正解でした(笑)
私も可能であれば中止にしたかったぐらいです。
前売りチケットを購入したために否応なく走りましたが、それさえなかったらこんなこと・・・^^;

また、今回はこのサイトが大変参考になりました。
お礼を兼ねて紹介します。
あしかサイクルズ
旭川サイクリングロードを走られる際は是非参考にどうぞ^^

 

さて、タイトルはカーペンターズの名曲 Rainy Days and Mondaysから。
Monday を Sundayに変えただけですが、せっかくの日曜日が雨で憂鬱という感じが出ていますよね^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

雉ラーメンツアー その3

続きから

食事後は道道と並行に走っている道を通ってみた。
初めて通るので不安だったが、なんだ、この道いいじゃん!
と思っていたら、案の定予感的中。
最後にジャリ道・・・orz
皆さん、すみません<(_ _)>
細いロード用タイヤばかりだったが、幸いパンク無しで抜けられました。
あー、よかった^^

道の駅三笠に到着。
自分的にはプチ休憩の予定だったが、いつの間にかCJさんがアイス、おかずさんは美唄焼鳥を頬張っている・・・
見てたらあまりに美味しそうに食べているので、私も焼鳥をパクッと^^;
(おかずさんが美味しいものを食べる時は目が細くなります^^)
その後は試食のスイカとメロンがデザート替わり。
さっき雉ラーメンを食べたばかりなのにね^^;
ここでも一通り食べて笑って会話して、ようやく重い腰が上がりました。

お次はJR岩見沢駅まで裏道をノンストップ。
ここで輪行組とはお別れです。
と思いきや、UDさんとYZさんは自走で帰るという。
SW♀さんの説得工作が功を奏したようで、一緒に走って帰りましょ♪と誘われたらしい^^;
女性のお誘いにはからきし弱いYZさん、そういえば張碓峠も誘われて結局自走しましたよね(笑)
YZさんが自走するというなら、私1人で輪行出来ないでしょうと、UDさんも自走組の仲間入り。
結局、メンバー全員で札幌まで走ることになった。
これはこれで嬉しいことでしたね^^


岩見沢駅でCJさんが突然謎の行動、一人で旅立っていく。
やがて戻ってきたのだが、どうやら事前に調べてスイーツを買いに行っていたそうだ。
でも場所が判らなくて人に聞いたりもしたが見つからず、諦めて戻ってきたとのこと。
せっかく岩見沢まで来たのだから、諦めるには忍びない。

困った時はOTKさん、もといOHTKさんの出番(笑)
素早く検索してくれました。
真のオホーツクサイクリストは、強きをくじき弱きを助ける正義の味方なのです^^
 
 
時間があったら新篠津~当別経由で帰ろうと思っていたが、休憩しすぎて時間も押し気味。
またまた裏道を走って中幌向からR12へ出る。
幌向で最後の休憩。
皆さん余裕の表情に、このまま自走で帰れるなと確信。
するとYZさんから、白石CRに向かいたいとの事。
輪行を止めて自走となって、走り慣れた白石CRに出ればゆっくりでも自宅まで走れるという。
BD-1でここまでロードと一緒に走ったんですもんね、そりゃあ疲労も蓄積しているでしょう。
帰りのルートはR12からR275へと考えていたが、急遽新札幌方面へ向かうことに変更。
JR江別駅裏を走ることにしたが、突然のルート変更のため慌てたせいか、左折するところを思いっきり右折してしまい、皆さんにご迷惑を掛けてしまいました^^;
 

再び国道に合流、文京台から歩道に作られた自転車レーンを通ってみたが、やっぱり狭いねぇ。
自転車のハンドル幅はフラットバーで60cmぐらい。
そうすると、片道一車線程度しかなく、対向自転車とすれ違うのも至近距離。
学生が前方から並走してきたらアウトだ!
避けるスペースは無い。
そもそもこんな狭いスペースを相互通行させること自体、自転車に詳しくない担当者が考えた証拠。
対歩行者に配慮はしても、自転車同士がぶつかるのは想定していない。
せっかく作るのなら、歩道を真ん中にしてその両脇を自転車が走行するようにしたほうがよかったのでは?
これなら自転車も歩行者も互いにぶつからずに済むと思うのだが・・・
まあ、自転車レーンがあるだけマシか。


と脱線したところで、北方面へ帰るメンバーは遠回りになる。
私を含む4名が、途中で大麻を抜けてR275へ向かうこととし、ここで白石CR組とお別れすることになりました。
それからは巡航速度も上がり、他の3人がネを上げるかと思いきや、しっかりついてくるのだからこちらの方がプレッシャー・・・^^;


2ヶ月ぶりに引っ張り出したcannondaleのロード、サイコンのセンサーの電池切れで速度が表示されず、距離も不明・・・
だいたい120kmぐらいでしょうか。
やっぱり本体が軽量だと、同じルートを走った激重クロモリと比べ、明らかに差がありました。
疲れ方が全然違ーう!
脚への負担は軽い方が少ないんだな。
ということで、次は軽量クロモリロードを購入しようと決心したのでありました^^

 
参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。
楽しかったと思って頂ければ望外の喜びです。
次のツアーの糧になります^^
また裏道ばかりで訳がわからなかったことでしょう。
9名という大所帯を引っ張るには、少しでも車の少ない道をと思ったものですから、こんな人生の裏街道みたいな道になってしまったのでした。
ご了承くださいませ。

今回のお気に入りの写真、先頭を牽く私の姿。
Img_1032
CLUBJAZZYさん提供です。
ありがとうございました。


別の視点から、参加メンバーのブログもご覧下さい

あろは~ぷらぷらさとうだよ♪ (PPSさん)
おかず汁粉のお外好き♪   (おかず汁粉さん)
SURLY PUGSLEY & MOONLANDER 蝦夷地を蹂躙(CLUNJAZZYさん)
今ツアーの動画があります、是非ご覧下さい^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

雉ラーメンツアー その2

7月22日(日)未明。
朝からBianchiで行くかcannondaleで行くか大悩み。
Bianchiならあれこれ考えることもなく荷物を積んで帰りのお土産も購入出来るが、cannondaleだと荷物は厳選し手ぶらで帰宅せねばならない。
結局、脚の痛みが引かないことから軽量カーボンロードで行くことに決めた。
妻よ、手ぶらで帰る私を許しておくれ^^;

朝からドタバタしてたものだから、集合時間ギリギリに到着^^;
集合場所で。
Ts3o0972

案の定重役は来ておらず、しばしメンバーと歓談していたところ、何と車でやって来たではないか!
おかず汁粉さんと2台のロードを積んで・・・\(;゚∇゚)/
車は近くにある私の職場の営業所に置き、少々遅れたが出発です。

この辺は川の支流も多く、それぞれ名前が付いているがよう判らん。
その土手を走り抜け、本日のお楽しみコースへ入る。
そこは不思議な道だった。
車道ではなく付近に民家も無し、誰が何のために作ったのだろう。
当然手入れもされず、両脇から葉がせり出して道を塞いでいる。
バサバサッと身体でかき分けて進まなくてはならず、こんな道を走らせやがってとお叱りを受けると思っていたが、後ろから「わははー!」の笑い声 by おかずさん
わははの連呼に、楽しんで頂けたようでホっとしましたよ^^;

 

滝野上野幌自転車道線から江別インター線に入り、トンデンファームで休憩。
最近はここがお気に入りの休憩ポイント^^
早速村長UDさんが奥様へのお土産を購入。
優しい、奥様思いの旦那さんですね(笑)
ってここは(笑)を入れる箇所ではないんですが、つい・・・^^;

王子の前を走りR12を岩見沢方面へ向かう。
上幌向駅を過ぎて右折、JR志文駅の直前で線路下が通行止め・・・
でも自転車なら行けました^^;
降りてゲートの下をくぐる際、「またこんなところを・・・」とおかずさん。
それも嬉しそうな声で^^;
 
この人は普通の道ではもの足りないのかも・・・

Ts3o0958

え、自転車が違うって?
そうなんです、実は3日前にコースの下調べで撮ったもの。
当日は殆ど写真が撮れなかったので、イメージ画像ということで^^;

ここでCLUBJAZZYさんがお気に入りのドリンクを求めてコンビニ巡り。
3軒目でようやく見つかった。
余程好きなのでしょう、まとめ買いしてました。
(転売目的という噂も^^;)
試しに私も買ってみたそれ、「ソルティライチ」というもの。
なるほど、熱中・脱水対策飲料だったんですね。
サイクリングにピッタリです。
その味はまさにライチ(って当たり前)、私にはちょっと濃いめで、水で薄めるとごくごく飲めました。
すっかりお気に入りになりましたよ^^

 

R234~道道38号~道道30号と走る。
前回、強い向かい風のせいもあってキツイ坂のように感じていたので、メンバーに激坂ですよと言ったところ、行けども激坂は現われない。
激坂はまだですか?と逆に尋ねられ、あれーおかしいなーと思ったら、この日は追い風だったのです。
あの時自分はヘロヘロだったので錯覚したのかも^^;
でも、目的地はちょっと小高い丘の上、そこだけは勾配のある上り坂だったので、少しほっとした。
途端にPPSさんがアタック!
「上りの貴公子」に変貌か(笑)
多分、後ろでペースの遅い私にイライラしていたのでしょう。
すかさずおかず汁粉さんも追従!
2人ともパウさんに揉んでもらって開眼したようです。
さすが毛無峠経験者は違うな~^^

 
ようやく到着です。
本日の目的地、きじ料理専門店の「喜地丸燻」。
1名を除き、みんな「きじ塩ラーメン」をオーダー。
ところが最初に運ばれたのが大盛りだったがそれと知らず、普通盛りを頼んだ人に大盛りがいってしまう。
全部揃ってからお店の方に言われ、時既に遅し・・・
SW奥さんが、どうりで食べても食べても減らないって青ざめてます^^;
こんなに食べれないから少し取ってくださいと懇願するも、SW夫さんにも大盛りがいっていたので万事休す。
 
困った時はOTKさんに頼めば解決します^^

メニューです(クリックで拡大)
Ts3o0965_2 Ts3o0963_2

左が通常メニュー、右は隔月限定メニューです。
おたのしみランチ、美味しそう^^
デザート付きで、スイーツ大好きCLUBJAZZYさんも大満足^^

 
その3に続く

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

雉ラーメンツアー その1

雉ラーメン、食べたいかー?
おおー!
と賛同した8名の猛者ならぬ食いしん坊たち。
メンバー(一部ね)の胃袋は底知れず、肉三昧に甘味三昧と、ラーメンに留まらない。
食欲だけは猛者ですな(笑)

 
今日のメンバーは、村長UDさんに重鎮YZさん、この長老組があとで発言を撤回して予定が狂う^^;
いつも重役出勤の助役PPSさんと、おかず汁粉さんは「肉汁子」に改名か(笑)失礼致しました
SWさんはご夫婦で参加、ご主人とはトランシーバーでトラ友(笑)、奥様は足が痛々しくもけな気で頑張り屋さん。
OTKさんは困った時に頼りになるお方、今回もお世話になりました^^
CLUBJAZZYさんはオンオフ両刀使い、自転車11台所有というからスゴイ!
道無き道を行く彼の原動力、それがスイーツだ!
そして前回脚が攣りまくりで、今も筋肉痛の私。
総勢9名という大所帯で走ります。

 
 
9名で先頭を牽くのは初めてのこと。
ツアーの言いだしっぺだからコースは全て任されている。
なるべく車が通らない裏道や農道をあえて選んで走った。
おかげで右に左に曲がり、メンバーすら判らなかった筈。
ふふふ、おいそれと私のコースを知られてたまるか!
なんちゃって、私も当日にコース変更して急に砂利道になったり、コースを間違えたりで、結構冷や冷やしてたんですよ^^;

 
アドベンチャーコースあり、通行止め突破や砂利道走行と楽しんで頂けたのではないでしょうか。
そして一番良かったのは全員にトラブルが無かったこと。
よかった、よかった^^

 
 
もう一つ、これは手前味噌ですがトランシーバーが役に立ちました。
先頭を走ると最後尾が気になるもの。
交差点を通過する時、信号に引っかからないかと気になり、先頭は後ろにも気を向けないといけない。
また、最後尾は置いていかれないかと焦って、急に速度を上げて信号無視をしたりして危険だ。
先頭と後ろが状況を連絡しあうことで、お互い安心して走行出来るってもの。
後ろから「信号に引っ掛かった」と連絡があれば、先頭は止まれの指示を出して来るのを待つ事が出来る。
今回は人数も多かったし、信号で分断されると想定していたので、大いに活用出来たと思う。
おかずさんにも「今回は大活躍ですね」と褒められました^^

Cimg5171

今日の目的がこれ、きじ塩ラーメン美味しかったですよ~^^

今回、唯一の写真がこの一枚だけ。
写真を撮る余裕が無かったのです。
私の仕事は、メンバーを安全に楽しく走って頂く事ですから。
なので詳細はメンバーのブログをご覧下さいね^^

 

タイトルに「その1」を付けたから、続きがあるかもしれません^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)