アウトドア

2013年5月27日 (月)

フォアフット・トレッキング

5月26日(日)。
この日はヨメのお守り役。
向かうは旭山公園、ここからモイワ山までトレッキングするのだ。
天候不順で延び延びになっていたのもので、今回ようやく実現。
旭山公園まではやっぱり自転車でしょう!
と言ったらあっさり却下。
最初はあまり無茶したくないのだとか…(´・ω・`)ショボーン

6:30、旭山展望台到着。
駐車場はガラガラ、ここへは早く来るに限ります。
ちなみに、ウチらがここを出た昼頃、駐車場の空き待ちで車がずらり。
準備運動で身体を伸ばし(これ大事)、さあ出発!
片道約4.2kmをゆっくりウォーキング。
シーズン最初で、運動不足のヨメにしてみれば結構ハードだったようで、途中何度も休憩を入れながら、モイワ山頂へは約1時間45分。
全盛時より30分は余計に掛かったが、まあまずまず。

この日は快晴だったこともあり、多数の山ガールが出現。
ヨメはしきりに、若い人はイイわねぇとか、あの服装カワイイを連発。
お願いだからあのカッコはヤメテおくれ。
君がやったら山ガールならぬ、山姥(やまんば)だから(笑)

それでは山の楽しみ、お弁当^^
Ts3o0396

簡単なものだが、これが最高に美味い!
汗をかくので塩分多めにしたというおにぎり、ウマ~^^

食後は展望台で札幌の街並みを眺める。
Ts3o0399

恋人の聖地という名の鐘。
Ts3o0400

さすがに鳴らすのはちょっと(笑)

 
さて、ヨメの歩くペースに合わせると物足りないというか、遅すぎるので山歩きが全然退屈。
汗の出も悪いし。
どうしたものかと悩んでいると、ふと店主Aさんのブログを思い出した。
確か、つま先でラン&ウォークを奨めていたな。
なんば走りとかベアフットって書いてあったっけ。
これって山歩きでも通用するのだろうか?
平地でもやったことがないのに、無謀にもいきなり山はキツくないか?
まあ、退屈しのぎにやってみるのも悪くない。

第一印象、歩き辛いのなんの。
抜き足差し足の時のように上体が大きく上下する。
何か悪いことをしているみたいと言われますた^^;
その内に慣れてきてコツを掴んだけど。

上りは自然とつま先歩きになるもの。
前傾でつま先に重心が掛かるから当然。
これが踵着地だと後ろにひっくり返りますから^^;
また、岩場でもつま先立ちで歩いていた。
つま先歩きのほうがバランスが良いのだろう。
意識しなくても、ちゃんとつま先歩きしてる時もある。

 

さて、問題は下り坂。
前下がりだと身体の重心は後ろに掛かるために踵から着地する。
まあこれが理にかなってるわけで、そのためにシューズも踵にクッションを効かせているのだから。
それをつま先から着地するとどうか?
答えは、歩けないわけではない。
しかし、それには脚の筋肉が大きく関係してくる。

下りでつま先から着地した場合、膝が前に出る。
その膝を止める時に上体の荷重が掛かるわけだが、それを大腿四頭筋と脹脛で支えているのが判る。
普通の歩き方では踵が体重を受け止めているので、この辺の筋肉は積極的に使われていない。
下りでつま先から着地すると、ここがビンビン使われるんだな。
これは自転車での筋肉の使われ方に似ていると思った。
つま先(拇指球)でペダルを踏み込み、つま先で引き足を使う。
ペダリングは大腿四頭筋と脹脛を使っているのだから。

案外、ここが痙攣をおこすのは筋肉が不足しているのであって、塩分やミネラルが不足したからでは無いという印象。
要はもっと鍛えなさいということですか^^;

 

フォア(前方の)フット・トレッキング、自転車にも有効かも。
翌朝さっそく太腿と脹脛が筋肉痛なのがその証拠。
これは継続してみる価値はありそうですね。

ラクな筈の山下りが大いなるトレーニングの場になるなんて、なかなか面白い発見でした。
遅いヨメに感謝しなければ、ね^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

農業祭ってイイ!

先週末は自転車はお休み。
たまにはヨメ孝行でもしようと、土曜日は午後から岩見沢市の栗沢まで行って来た。
ホントは小径車で行きたかったんだけど、多分荷物が増えるのと、イベントの時間に間に合わないので、やむなく車を選択。

そのイベントとは?
栗沢でこんなイベントがありました。
くりさわ農業祭
PDFのチラシをご覧ください。

写真のお父さんがバケツにとうもろこしを突っ込んでいる。
これ、地元野菜の詰め放題。
バケツ一杯分が、なんと100円だというではないか!
よ~し、野菜ゲットしてこようじゃないの^^

 
この日は午後からぐんぐん気温が上がって、30℃に達した。
お盆明けの北海道、それも9月が近いというのにこの気温は、どうも半月ほど季節がずれているように感じる。
例年ならそろそろ風も冷たくなる頃だもんね。
夏のスタートが遅かった分、秋突入も遅れているのだろうか。

 
祭り会場は露店がいっぱい出店していて、見て回るだけで楽しくなる。
一通り回ったあと、肉と野菜を購入してバーベキューコーナーへ。
お肉は霜降りカルビ1パック1,000円とお高いが、焼き野菜詰合せは一袋100円、おにぎりも2個100円と、こちらは良心的。
お肉をジュージュー炭火で焼き、美味そうな匂いが辺りに充満する。
やっぱりアウドドでのBBQは最高に美味いっす!


ここでビールを飲みたいところだが車なので、ビールは飲まずに涙を飲む^^;
するとヨメが、帰りは運転するから飲んでいいよとのこと。
おお、今日の君はピカピカに光ってるぜ!
(元ネタが古い^^;)

 

バーベキューを堪能した後、メインステージで吉本のお笑いがあるというので行ってみる。
すると、ステージ横に人の列。
並んでいる人に聞いてみると、野菜詰め放題の行列だという。
えー!、詰め放題は15時からなのに、1時間半前から並んでいるのー!
慌てて最後尾に並んだ。
本日のメインイベントを逃してなるものか。
まあ、ここからでもステージは見えるので、お笑いはバッチリ観れた。
何か、ギャラの自虐ネタを披露していて、1ステージ5,000円だか、2人で5,000円だったかは忘れたけれど、売れない芸人さんのギャラってそんなもの?

Ts3o1019

ステージ上は、その後の地元の創作体操。
観客の少なさっていったい…
野菜の行列のほうがよっぽど多いですから(笑)
なんせ先着100名なのに、多分それ以上^^

 
30℃の炎天下で待つこと90分、ようやく祭り最大のイベントが始まった。
皆さん、楽しみにしているらしく、去年は何を何本取ったとか、こうやって詰めたとか話している。
参加者は年齢層が高いか低いかのどちらかで、我ら中間層は少数派。
少々恥ずかしくもあったが、それでも始まったらバーゲンの主婦状態に(笑)
家にはジャガイモも人参も1袋あるというので、トウモロコシをメインに、タマネギとキャベツを狙うことにした。

そして、成果は…
Ts3o1021

私がトウモロコシ9本にタマネギ4個とキャベツ1個。
ヨメはトウモロコシのみ、それも13本!
これらが200円でゲット出来るのだから、農業祭はスゴイ!
岩見沢万歳! 栗山万歳! 愛してるぜー!^^
 
申し訳なかったので、スイカとメロンとブドウは露店で正規品を購入。
大量の野菜類を抱えて帰宅した。
これからは、しばらくコーンが我が家の食卓を飾りそう^^;


来たる8月31日は8(や)、3(さ)、1(い)で野菜の日。
別なところから茄子やトマトも頂いて、野菜の日を前にもう野菜は見たくない…
それより、肉くれよ、肉ー!
 
 
と思っていたらお肉頂いちゃった^^
午前中にヨメがひとりでアクセス札幌へ行って来た。
ガス器具の展示会があって、出展者から招待状を貰っていたのだ。
(勤め先に出入りしているガス会社さん)
我家の瞬間湯沸かし器とガスレンジは、そろそろ買い替え時。
自分は仕事で行けず、価格や機能など、後学の為に行ってもらった。
すると購入もしていないのに、来場お礼としてハムのギフトのプレゼント。
これにはヨメも大喜び^^
肉と野菜が万遍なくゲット出来たのでバランスもいいし^^

 
盆と正月がいっぺんにやって来たかも~♪
と、ここでヨメの口癖、
正月まで取って置こう!
は、さすがに野菜と肉には通用せず。
そんなもん、腐っちまうがな^^;

これで運も使い果たしたかなー。
今年の年末ジャンボは諦めですね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

手稲山アタックの筈が

ヒルクライマーの指針、札幌手稲山。
ここでのタイムがパワーのバロメーター、30分という一つの目安が存在している。
自転車乗りはこのタイムを下回るべく、日夜アタックを続けているのだ。
そんな聖地、手稲山にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Cimg5047

あ、車で^^;
ここまで結構な勾配が続くんですけど・・・
この山へのアタックは当分無いだろうなと感じた日でした^^;

さて、今日は折りたたみ輪行ツアーでもと考えていたが、先週修理に出したBROMPTONが上がってこずに断念。
2週続けて山登りにトライすることにした。
旭山公園ルートでモイワ山と考えていたが、妻が手稲山に行こうかと言う。
おや、珍しい。
手稲山は鬼門だった筈なのに。

前回のブログでPPSさんへコメントした通り、妻は手稲山でマダニを連れて帰ってきた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マダニ
マダニも種類が多いそうで、この時は真っ黒なヤツだったと記憶しているが、突然の悲鳴に振り返ると、コイツが彼女の脇腹に食らいついていた。
「取って、取って~!」と泣き叫ぶのでつまんで取ろうとしたが、引っ張っても取れず、こっちも焦る。
力を込めて引っ張ると、プチッと音がして何とか外れた。
即効でライターで火炙りの刑に^^;
幸い、口から外れ血も吸われていなかった。
脇腹の厚い脂肪がブロックしたようです(笑)

お腹のお肉も役に立つんですね^^;


手稲山登山は久し振り。
まだ自転車が趣味ではない頃に登ったきり、かれこれ10年は経っているだろうか。
私の記憶は10年前で止まっている。
手稲オリンピアの遊園地が無くなっていたのも知りませんでした^^;
登山道の入口を忘れ、山道を車で走ると途中で入口を見つけたので、そこから登ることにする。

あれ~、何かヘンだぞ。
いきなり下りから始まるし・・・
山登りなんだから上りでしょ。
と思ったら、ここはこんな場所でした。

Cimg5034

手稲本町市民の森~?
手稲山の筈が、こっちに迷い込んでしまいました^^;
ぐるりと一周約4km程度、勾配も緩く、川渡りもあってなかなか楽しい。
しかし、他には誰もいない。

Cimg5039

こんな看板もあり、非常に心細いではないか!
これほど人恋しさを感じたことはなかったが、考えてみれば人里近い散策道、こんなところにクマがいるわけもなく、杞憂に終わったのは当然といえば当然なのであった、

1時間ちょっとで駐車場に戻ってきた。
全然物足りなかったので、反対側の開けた場所へ行ってみた。

Cimg5042
鉄の塊と化したリフトがあった。

Cimg5046

千尺ダウンヒルコースと読める。
3つのコース、あとの2つは草木で読めなかった。

Cimg5044

以前はロッヂだったのだろうが、廃墟となっている。
手稲山の隆盛と衰退が垣間見え、もの哀しさを感じてしまった。

その後、車で山麓駅まで上がったのは冒頭の通り。


帰りは富丘で昼食。
R5沿い、デカイたこが目立つたこ焼き屋の隣、「かぶりつき」という名のちゃんぽんのお店へ寄ってみた。
Cimg5052

黒ちゃんぽん。
イカスミ、イカゴロの真っ黒で濃厚なスープ。
イカ好きにはたまらない、イカ嫌いには最悪のちゃんぽんだ^^;
麺が黒いスープを吸って、まるでごまそばのよう。
見た目はごまそば、味は海鮮ちゃんぽんという、何とも不思議な食べ物(笑)
正直なところ、ちゃんぽんよりもセットで出た餃子のほうが美味しかった。
餃子だけで営業していけるのではと思ったほど絶品!
久し振りに美味しい餃子を頂きました^^

 
2週連続で登山(今日のはトレッキング)、楽しかったね~と妻。
次は手稲山に登ろうね、とも。
ああ、自転車に乗る時間がありませんよ?><

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

藻岩山登山の巻

モイワ山スキー場。
以前、近所に住んでいたこともあって、通っていたあの頃。
私をスキーに連れてって!
ああ、あの頃の情熱はいずこ・・・
今は板も靴も無く、あるのは除雪用に着るスキーウェアーのみ^^;

ということですっかり足が遠のいていたスキー場だったが、ここは藻岩山山頂への登山口でもある。
数箇所ある登山道の中では距離は短いが一番短いわけでもなく、中途半端なせいか登山者も少ないという穴場的存在だ。
膝の手術後、すっかり自転車から遠ざかった妻だったが、今年から少しずつ乗りたいとも。
まずは、膝を守る筋肉を強化しようと、今回の山歩きとなった次第。

Ts3o0849

ここから山頂まで2.5km。
ゆっくり登って1時間弱。
4時間耐久に比べりゃ4分の1、楽勝だ(笑)

Ts3o0850

山道脇の、名も知らぬ野草。
この中で食べられるものはあるのだろうか?
今度、「食べる野草図鑑」でも買ってこようかな^^

2kmちょっと登ったところで、もいわ中腹駅に到着。
Ts3o0871
ロープウェイは山麓からここで乗り換え、山頂へと向かう。
車はここ中腹までしか来れず、山頂へはケーブルカーで行くようになった。

Ts3o0861
山頂駅へと向かうミニケーブルカー、もーりす号。
まあ、これに乗らなくても山頂へは歩いて行ける。
たった300mの距離(ずっと上り)を、片道300円払ってケーブルカーに乗るか、それとも自分の足で歩いていくかは自由だ。
勿論、私達は歩いて行ったが、ネタ的には乗りたい気持ちもあったのは事実^^;

Ts3o0862
もいわ山頂駅に到着。
ここにあるのは、ちょっとお高いレストランと有料プラネタリウム。
無料なのは展望台のみだが、ここから見える札幌の街並みが素晴らしい。
この展望だけはタダだと思うと、より感動だ(笑)
ちなみに、売店は中腹駅にしかなく、山頂では自販機しかないのが残念。
レストランを利用せい!ということか。

たっぷり景色を堪能したところで、たっぷりと昼食を^^
途中の生協で購入したごま塩おにぎりと、ケンタッキーフライドチキン。
チキンの匂いをプンプンさせて山道を登った甲斐がありました^^;
実にウマ~!
汗をかいた後に外で食べるものは、例え出来合いの惣菜であってもご馳走です。
今頃、仲間が4時間ヒーヒー言っているだろうと思うと、余計に美味しく感じますな(爆)

帰りは来た道とは違い、ゲレンデを通って下りて行く。
Ts3o0875
山道とは異なり、下がモロに見える・・・
この高さから歩いて下るのも恐怖だ。
ここはMTBやバグスレーで豪快にダウンヒルといきたいところ^^

山麓まで戻ってきました。
往復約5km程度、距離的には無理も無く、初心者には丁度良いコース。
まずはこんなところから、これからどんどん距離を伸ばしていきたいですね。

Ts3o0876

本日、一度も出番が無かったBROMPTONとBD-1。
ご主人の帰りをじっと待っていたのでした^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)