グルメ

2016年12月 4日 (日)

不健康な週末

この間のこと。
会社からの帰り道、途中にある「かつ丼かつや」。
100円引きクーポンがあったので寄ってみた。

すると、こんな予告が!
20161204a

というのをfacebookにアップしてみた。
これは一度行かねば!


 

12/3の土曜日は忘年会第一弾、薄野200。
あ、これはブルベか(笑)

この日はススキノ界隈には多くの人が出ていて、忘年会時期に入っていることを実感させられる。
来週・再来週はもっと混むんだろうな。
ちなみに自分、どっちも忘年会が入っていたりして^^;

 

1次会は居酒屋で。
ジョッキのあとは、酔いが廻りそうな日本酒へ移行。

メインの2次会。

20161203b
エンボス風に加工修正しています。

定番、ウィスキーの水割り、ベースはスーパーニッカ。
とまあ楽しく飲んで、そろそろお開き。
さあ、〆のラーメン食べに行こう!
と誘われたのだが…

 

冒頭のかつやが500円だったのをふいに思い出した。
一人別行動した深夜25時過ぎ。
こんな時間に、それもカロリー超高めの、

Dsc_5893

禁断のカツカレー…^^;

勿論、完食しましたが何か…(笑)

食後、すぐに訪れた後悔というか罪悪感というか^^;
ささやかな抵抗かな、ススキノから札幌駅北口まで歩き、そこで力尽きてタクシーで帰宅。

 

翌朝の超胃もたれといったら、ここ最近では最強(笑)

 
 

12/4日曜日。

朝昼兼ねて昼食を。
20161204a_2

東区にあるラーメン楓真(ふうま)。

家内がラーメンを食べたいとのたまい、奴の運転で強制的に連れて行かれたところ。
背油チャッチャの醤油ラーメンを頂いた。

ん~、んまい。
本当に旨い。
ただ、二日酔いにカツカレーで胃もたれの状態、スープを飲むたびに胃がチリチリ痛むんですけど^^;

ということで、非常に不健康な2日間だった。
体重計に乗るのが怖いかも^^;

 
 

明日から心を入れ替え、自転車通勤で脂肪を燃焼させようと思う。
一週間、頑張るぞー!^^
土曜日の飲み会までだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

冬の日曜ポタ

一時は雪に覆われた札幌だったが、今は殆ど消えた。
(今日から雪の予報です)
気温もプラスでまだまだ自転車は走れそう。
現に昨日、白石サイクリングロードでBROMPTONの集団に出会った。
最後のシーズンを楽しんでいる様子でしたね^^

 
日曜日はブルベや走行会がなければ自転車には乗る機会も少ないのだが、これじゃ駄目だと判っているんですが、まあそんな日曜日にFATBIKEで冬ポタ。
まずは秀岳荘に到着。
目的は冬道自転車通勤シューズを。
今まで使用していたシューズ(というかブーツ)のソールが剥がれ、パカパカしている。
7、8年は使っていただろうその冬靴、充分元は取れただろう。
今度の新しいシューズには、ある程度拘りたいなと思っている。

 
・こだわり-その1

靴紐イラネ
基本通勤で毎日履く靴、履き脱ぎが容易なほうがよい。
マジックテープがジッパー式がベストだ。
靴紐は解けてストレスになるし、チェーンリングに絡まることも。
(何度も経験あり)

 

・こだわり-その2

ソールはスパイク
交差点や信号待ちで左足を付く時、その足が滑って転倒したことがあった。
それ以来、冬靴はスパイクピン付き。
ただし、注意することも。
途中寄り道する時は、建物内のフロアを傷つける恐れあり。
どこにも寄らず、真っ直ぐ帰る時だけスパイクシューズですね。
出来ればMTBシューズのように爪先側にピンがあるとGOOD。
 
 
・こだわり-その3

やっぱりロングブーツ
自転車走行が不可能なほど、雪深い日。
こんな時は素直に諦めて押し歩く。
しかし、長靴系でないとシューズの中に雪が侵入するのだ。
冬はロングブーツ最強^^
もしくは、スパッツがあれば代用可です。

 

こんな条件で店内に入ったが、さすが登山専門店。
条件に合う靴がワンサカある。
ワンサカワンサ、ワンサカワンサ イェイ イェイ イェイイェ~イ♪(古い!)
 

 

この日は取り敢えずモノがあるかと値段のチェックのみ。 
確認を終え、次なるは南風自転車店へ。
ムフフなことをするらしい店主のために、ウチのお古を持っていく。
ちょっと希望よりサイズが細めだが、何とか活用して頂いてブログネタ(?)をいっぱい仕込んで来て下さい(笑)

 
雑談した後、向かうは南風近くのお蕎麦屋さん。

20161127a

生そば 札幌小がね。

前回寄った時は蕎麦が売り切れてご飯物しかなく、悔しい思いをしたのだが、今回は大丈夫そう^^
それではメニューをば。
20161127d

今時、専門店でかけ500円なんて、安いんでないかい^^;

 
ふと壁を見ると、
20161127e

かつ丼発見!
次回はかつ丼を頼んでみようっと。

 
そうこうしている内に、お蕎麦来ました~♪^^
20161127b

シンプルな蕎麦に、巨大な海老天!
器からはみ出てますがな…^^;
先端はサクッと、おつゆに滲みた中盤はしっとりと。
違いを食べ較べるのも楽しいです^^
これだけデカイと食べ応え充分、満足出来ます。

そばつゆも自分は好きな味。
13:30過ぎだったが、どんどん客が入り、気付けば待ち客がいっぱい。
地域の繁盛蕎麦屋さん、って感じでした。
 
 
というわけで、FATBIKEで来たのに蕎麦の写真だけ。
自転車の写真はゼロです^^;
どっちがメインなのか判りませんわ^^;


 
この時期の日曜ポタ。
出掛けるまでは寒いし億劫でも、いざ走り出したら楽しいもの。
路面状況が悪いのもなんのその!
逆に、悪いほうがゆっくりのんびり走れるってものです。
 
 
来週も行っちゃおうかな~♪
ヨメには悪いが、一人でグルメしちゃおうかな~^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

BRM918瀬棚600~あとさき

ブルベ瀬棚600が終わった。
いや~、実にしんどかったと、振り返ってみてそう思う。
勿論トレーニング不足が一番だったが、これは身体作りは当然として、メンタル面が鍛えられなかったのが大きい。
完走するという自信は、トレーニングの裏付けがあってこそ。
練習って大事なんだな…
今シーズン3回目のブルベは、そんな不安の中スタートした。

 
ブルベが終わって、只今筋肉痛真っ盛り^^;
2日目がもっと痛い。
この脚の痛みが癒える頃、筋肉はより強くなっている筈。
次のブルベ(本桐400)には、多少マシになっているだろう。
(コースは超ハードらしいが…)

さて、瀬棚が終わった翌日。
仕事中、眠いこと!
気を抜くとウトウトし、仕事が手につかない有様(´~`)。゜○
そんな自分を見かねてか、同僚が昼食に誘ってくれた。

ジャジャ~ン!
20160920

ただのラーメンと思うなかれ。
実は、あの「彩未(さいみ)」の味噌ラーメンなのだ!
店に着いて食べ始めるまで40分、行列に並んでおりました。

ん~、さすがに美味い!^^

ブルベ中はラーメンを食べられなかったので、
これは嬉しいお祝いでした。
おかげで午後から目がシャキッ!と、仕事テキパキ。

 
美味しいものを頂くとパワーが出る。
ブルベにもグルメが必要なんですな(通称:グルベ)^^

 
 
それでは、次回より本編を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

新春ライド の続き

10日の新春ライドでサラっと流したところ。

”帰りはお昼を食べて帰宅”

今回はこの「お昼」のお話しです^^

 

試験場から石狩手稲線を走る。
信号待ちでご婦人に、「それ、自転車ですか!」とビックリされた。
そうそう、その反応を待っていたのよ(笑)
営業スマイルで説明するも、ああ無情、信号は青に変わってしまった。
話したいことの1/100も話せなかったぜ…^^;

石狩市花川地区へやって来た。
歩道は吹き溜まりで意外と雪があり、走行に難儀する。
それまでの札幌市内は降雪が無く、道路はアイスバーン。
FATBIKEの特徴とでも言うべき、タイヤの低圧走行は氷には歯が立たない。
スパイクピンが刺さらずに良い仕事をしてくれないのだ。
なので高圧(といっても0.5気圧程度)でピンが沈み込まないようにしていた。
しかし、圧雪には向いていても積雪には逆効果。
札幌はこの2つの雪が同居するので、なかなか難しいと言える。
路面に応じてエア圧をコントロール、インフレーターは必須です。

 

で、石狩でラーメンといえば、「石狩鮭醤油らーめん」でしょう。
まだ食べたことが無く、一度頂きたいと思っていたが、そんな店がいきなり目の前に現れたら、これは食べなさいと神の思し召しに違いない。

20160110b

味の五六八さんです。
入口前に「石狩鮭醤油らーめん」のノボリがあり、思わずおおーっ!と叫びそうになった^^;
迷わず店内へ。
オーダーはもちろん鮭醤油らーめんです^^

20160110d

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

う、うまい!
醤油の香りが立ち昇り、スープの甘みは鮭醤油の味なのだろう。
この味、好きになりそう^^

難を言えば、自分には僅かにしょっぱかったこと。
歳を取ると薄味好みになるのかな^^;
でも、こういう昔風のラーメンは何だかホっとする。
来店時は客は私一人だったが、食べ終わる頃は満席に近かった。
客層は高年齢が多かったかな(笑)
さすが30年以上の老舗と納得、地域に愛されているのでしょう。

女性店主(俗におばちゃんという)が切り盛りしてて、会計時には「また来てくださいね」と一言。
ほっこりした気分になれる、こんなラーメン屋はなかなか無い。
言われなくてもまた来るよ。
そんな店だった。


自転車で、冬に来て食べると一層美味しく感じるでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

のんびりグルメライド

GW最終日。
この日は晴れでサイクリング日和だが、風は強め。
朝からゴーゴー唸ってますが。
大丈夫かなぁ…

そんな日にもかかわらず、お二方がご一緒してくれました。
Akiさんと55SXさん、自分の3人でのんびりグルメライドです。
55SXさんは初めてご一緒する方、最初55って年齢かなーと思っていたが(失礼^^;)、実際にお会いしたところ若い方で、細身でいかにも走りそうな感じだ。
皆さん、どうぞ宜しくお願いします。
風邪を引いているのでお手柔らかにね^^

 

家を出たのが7時。
少し早過ぎたので、前田森林公園をぶらついてみる。

201505061

201505062

カメラを携えた方にご挨拶し、少しお話しをした。
この場所って、意外と知られていないんですよ、と言う。
殆どがペットの散歩、小さい子供連れの家族、スポーツ施設利用等で、ここまで来ないらしい。
折角造った施設も活用されないなんて、税金の無駄遣いですよね?
と笑いながら言うので返答に困った^^;
その昔、札幌を豊かな都市に建造しようと、当時の板垣札幌市長の素晴らしい置き土産なんだそう。
前田森林公園の花々が咲き乱れる頃、ポプラ並木が色づく頃、移りゆく季節を写真に記録しているそのご老人、貴重なお話しをありがとうございました。

 

201505063

それでは3人で出発進行!^^

小樽石狩通りを経て国道231号線を行く。
追い風でぐんぐん進むが、帰り(絶対向かい風)が心配…^^;
国道の交通量が多く、裏道に回避した。
いきなりヒルクライム!
坂好きAkiさん、前に出るか!
と思いきや、どんどん遅れて差が開く一方。
聞くと、膝を痛めているらしい。
そうとは知らず、本日は坂をバンバン入れたルートですみませんでした。

国道に戻り、ぐ~んと下って望来のパークゴルフ場で一休み。
楽しく話しをしていると時間が経つのが早いこと、もうお昼ですわ。
そろそろグルメタイム。
重い腰を上げて再び走り出した。
山側へ向かい林道を走ったところ、いきなり砂利道…
ここは涙を飲んでUターン。
ごめんなさい、ルートラボでは舗装路か砂利道なのか判らんのですよ。
事前に下調べをすべきだったと猛省。

 

国道に戻り、道道527に入ると自転車には快適な道。
やがて上りが始まった。
いつまで続くのか、とゼイゼイ走っているさなか、唐突にそこは現れた。
201505065

201505064

焼肉亭おおむら さんです。

入って、いきなり洗礼を浴びた我ら3名純情派。
201505068

カラオケー!?
店間違えたか^^;

場所柄、誰にも迷惑が掛からないし、こんな寂しい場所なら音ぐらい出さないと物騒かもしれない。
実際に女将、キツネや鹿はいるけど熊はいないからと笑っていたし。
ここは地域の社交場なのだろう。

201505066

生ラムジンギスカンに上ホルモン、ライスをオーダー。
時計は狂っていたけど、味は本物だ(笑)

201505067

ホルモン1人前が、凄い盛り!
それにしてもここの女将、ノンアルコールビール(350ml缶)を頼むとジョッキーに入れてくれて雰囲気だけは本物にしてくたり、自転車で来たのならボトルに水入れてあげるよとか、何とも気配り心配りが出来たお方。
特に、自転車乗りに理解があるのが嬉しい。
これは、先に来られた自転車乗りたちのマナーが良かったからだろう。
この伝統は我々も受け継ぎ、次代に引き継がねばならない。
3人とも愛想良く振舞ったおかげで、隣のテーブルのおじちゃんから漬物の差し入れを頂きました(笑)

 

ああ食った食った。
それでは出発しましょうか。
しかし、ここはまだ坂の途中だったのだ。
上りはまだまだ続く…ゲップ。

五の沢から高岡を抜けオロロンラインへ。
サーモンファクトリーで休憩。

2015005069

お約束の一枚(笑)

 
Akiさんありがとうございました。
早く膝を直し、今度は自分を牽きまわして下さい。
日曜日の手稲山朝錬、宜しくお願いします。

55SXさん
初めてお会いしたにもかかわらず、全然そんな気がしない(笑)
自転車以外にも趣味が多く、いろいろ大変でしょうが、またお付き合いください。
今後とも宜しくお願いします。


本日、それでも95kmぐらい走ったようだ。
リハビリ走にはもってこいでしたね^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

札幌のマチ

昨日、マチへ行った。

地方で生まれ育った自分は、駅前の商店街や繁華街を、憧憬を込めて「マチ」と呼ぶ。
マチへ行くといえば、買い物に行ったり食事に行ったりと誇らしげに思ったものだ。
人がいっぱいいてオシャレして、煌びやかで華やかな、子供の頃の記憶は大人になっても消えることは無い。
だから今でもマチといえばワクワクする。
典型的な田舎モンだ(笑)

 

札幌でマチといえば、そりゃあJR札幌駅から大通一帯と相場は決まっている。
ちなみに、ススキノはマチではない。
歓楽街はマチというよりミチ(未知)だ(笑)
別な意味でワクワクドキドキするな^^;

琴似なら琴似のマチ、円山なら円山のマチ。
前に地名を付けるのがルール。
「マチ」とは最上級の尊称なのだから、歴史があろうが高級住宅街だろうが、マチと単独で呼んではいけない。

 
 

で、本題へ。
そのマチへ行った。
北3条の周辺が様変わりし、旧道庁赤レンガ前の通りが歩行者の憩いの場になっている。

20141024

あれー、全然知らんかった^^;
でも、いいねここ。

周囲にはオープンカフェやベンチもあって、自然と人が集まってくる。
車一辺倒の社会から、道路を一本取り返したような感じだ。
こういう場所がもっともっと増えてくれると、それこそマチも繁栄するのにね。

 

晴れやかな気分になると、お腹も減る^^;
こういう場所に相応しいランチでもと思ったが、結局はいつも通りラーメン(笑)

201410241

旭川ラーメンの超有名店。
Bromptonのスペースもあります^^

201410242

醤油ラーメンを頼んだのに、出て来たのは味噌?
はじめは間違えたのかと思ったほど、醤油らしさが見受けられない。
でも一口啜って、ああ、やっぱり醤油だとホッとした。
旭川ラーメンの特徴が出た、美味しい味^^

 

ここ最近、函館や旭川のご当地ラーメンを食べる機会が増えて、まことに嬉しい限り。
この一帯は全国の有名店のラーメンが食べられるとあって、これからも行くだろう。
札幌のマチへ。
マチはやっぱりワクワクするね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

BRM函館400参戦の巻 ~ グルメ編

は~るばる来たぜ 函館へ~♪

せっかく函館に来たのだ。
彼の地のグルメも堪能しないとね。
というわけで、ブルベ期間中に寄ったお店なんぞを^^

ブルベスタート前。
朝3時半頃宿泊先を出発し、まずは朝食で腹ごしらえ。
それがこれ。

201410191_3 201410192_2

やっぱりハセガワストア(ハセスト)のやきとり弁当でしょう!。
札幌で「ヤキベン」といえばマルちゃん焼きそば弁当のことだが、ここ函館ではやきとり弁当のことをいう。
7~8分で出来ます、ってこんな時間(AM4:00)にアツアツの出来立てを提供してくれるハセスト、他にはないよね。
さすが地元密着、創業からずっと市民に愛され続けているわけだ。

美味い!

やっぱりタレだねぇ。
洋がらしがあれば最高だが(笑)
私が函館400を完走出来たのは、「ハセストのヤキベン」が大いに貢献したと言っても過言ではない。
それぐらい重要なブルベ当日の朝ごはん、エネルギーでした。
右の写真は拝借しました。

 
次はブルベ完走後。
ひとっ風呂浴びて汗を流した後、五稜郭へ向かう。
2階にある店舗の1Fで順番待ちの予約受付中、開店前からすんごい人だ。
時間が来てさあどうぞと案内されたが、店内に入りきれない客が外まで溢れていた。
さすが人気店だと感心。

201410194

函館の有名店、「あじさい」の塩ラーメン。

スープを一口啜ってみる。
おや、あっさりの中に深みと独特な甘みのようなコクを感じる。
なんだ、これは!
しかも美味いではないか!
初めて函館塩ラーメンを頂いたが、なるほど北海道3大ラーメンの一つとしての風格が漂っている。
こりゃ人気があるのも納得だ。
堅めの細麺もスープにマッチして、思わずスープ完飲^^;

201410195

いろいろ食べてみたいですね^^

 
店を後にし、向かうは五稜郭タワー。
そこの2階にもう一つの目的地があるのだ。
昼時にもかかわらず、席が空いててよかった^^

201410193

五島軒のイギリスカレー。
レストランカレーは、ルーがライスの上に直接かかっておらず、お上品ですな。
カレーポット(っていうのかな)からルーを注ぐ時、ドバっと全部注ぐのか、それとも少量ずつ注ぐのか、どっちが正しいのだろう。
自分はもちろん上品ですから(笑)、少し掛けて頂きます。
気持ち的には一気にいきたいところですが^^;
中辛といえど辛口に近く、味も上品なレストランカレー。
さすが老舗レストラン、歴史を感じる味だ。

 
ラーメン食べてすぐカレーライス…^^;
まあ、滅多に来れる場所でもないし、つい食いだめしてしまうのは貧乏人の性分か。
実をいうと、このためにPC5の福島町(2:00頃)から食事をセーブしていたのですよ。
ハンガーノックの恐怖と戦いながら残り約90km、頭の中はラーメンとカレーのことでいっぱいでしたね(笑)
最後の最後で耐え切れずに油モノを食べてしまった結果、胸焼け地獄でせっかくのお楽しみが食べられなくなるかもと真剣に悩みましたよ^^;

 
心残りといえば、ラッキーピエロに寄れなかったのは残念。
まあこれで次回の目標が出来たっていうもの。
チャイニーズチキンバーガー、待ってろよー! 

201410196

ブルベ以外にも、こういう愉しみがあるんだな函館には。
とりあえず3つクリアで、自分的には満足しています。

 
さらば函館、また逢う日まで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

食の楽しみ

前回のブログで、毎週末は登別へ行っていると書いた。
せっかく遠くへ来ているのだから、多少は楽しまなければ損だし。
お目当ての一つは、やっぱりグルメかな^^

 

登別で食事といえば、真っ先に思い出されるのが「いずみ亭」。
虎杖浜温泉に浸かったあと、帰りはいずみ亭の天丼が最高のご馳走だった子供の頃。
現在は建物も立派になり嬉しい反面、ちょっと寂しい気も。
当時の油染みたカウンターが懐かしく思い出される。

201410055

天丼そばセット、サクッと衣が揚がって美味い。
写真は美味しそうに見えないけどね…^^;

 

一方、しっとり天丼といえば、室蘭の「天勝」。
揚がったてんぷらをタレにくぐらせるという、独特の天丼。
行列が出来るのも納得、大正9年創業の老舗の味。

201410056_2

室蘭でラーメンといえばカレーラーメンが有名。
しかし、私はこちらの方が好きだったりする。
201410053

「なかよし」といえば、やっぱりしょう油でしょう!
真っ黒なスープは見た目と違ってあっさり、そしてしょっぱめのチャーシューがライスと相性ピッタリ。
私の中では、ラーメンライス界(?)見事第一位。
唯一の難点は、ついライスを頼んでしまうことかな^^;

 
登別に戻って、駅前でふらりと入った「味の美和」。
あまり期待はしていなかったが、とりあえずメニューの一番最初に載っていたみそラーメンを頼んでみる。
しばらくして店主が暖簾を外しはじめた。
まだ15時過ぎ、店内には結構客もいるのに。
その後来店した客に、丁寧にお断りをしている。
仕込みが間に合わなくて料理を提供出来ないのだとか。
お客さんが多過ぎて…
が原因らしい。

それほど人気があるのか、味の美和。
これは期待してもいいかも。

201410058

細縮れ麺だが、挽き肉といいもやしといい、これはまさに札幌みそラーメンの原点。
こんなところで出会えるとは。
最近の札幌ラーメン事情は、こってりとあっさりの二極化が進み、こういうラーメンを提供する店が少なくなった。
予備知識無しで、こんな店に出会うというのが旅の醍醐味、次回は他のメニューも試してみようという気にさせる、そんな店だった。

201410054

登別温泉へ向かう途中にあるわかさいも本舗、ここでは地ビールの試飲コーナーがあり、無料で地ビール飲み放題!
喉から手が出るほど、というのはまさにこのことだと痛感しつつ、ぐっとこらえ温泉へ向けて坂を上っていくのであった。

 
今度の日曜日は函館400。
その前に、こんなに食べてて大丈夫?
ちょっと心配です^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

定番コースにあるお店

前回の傷も癒えてきたこの頃。

連日の30℃超えに辟易しながら乗る自転車の楽しいことよ。
おかげでバッチリ日焼けし、腕も随分黒くなって傷口も目立たない(笑)
何より、日焼けてしない自転車乗りのほうがヘンだよね。

というわけで、最近のお気に入りは豊平川の河川敷を通り、真駒内公園の周回コースを周るというもの。
札幌市民定番のコースだ。
たまに上半身裸のおっちゃんが走っている。
あれ、すんげー真似したい(笑)
いつかやろうと思うが、それにはまず「ぽっこりお腹」を何とかしなければ^^;

 

201408061

最近、出番の多い「オンロード仕様」のファットバイク。
コイツが増えたせいで、ますますロードバイクが遠い存在に…

それにしても、リヤキャリアは便利だわ。
お風呂道具と着替えを運べるので、サイクリングで思いきり汗をかいてもへっちゃらなのさ~
ロードバイクが遠のく原因はコレかもね^^;

 
 

このコースが好きな理由は、公園のすぐ近くの食事処にある。
「海へ 川沿店」

ここのランチが最近のお気に入り。
丼一杯520円、蕎麦付きで700円という値段もさることながら(量は少ないが)、最大のウリはドリンクバーが無料だということ。
真夏の炎天下を走る自転車乗りにとって、ここはまさにオアシス!
バテバテ状態で飲む冷たいドリンク、至福の瞬間です。

201408062

北の黄金鶏ピリ辛丼+そば付き、メロンソーダも(笑)

この前に、すでにカルピスソーダ等々軽く5~6杯飲んでるかな^^;
これだけで充分モトは取れているはず。
サイクリング中の飲み物って、1本2本じゃ済まないからね。
お一人様でも半個室なので、汗だくだろうがヘアスタイルが乱れていようが、周りの視線が気にならないのも嬉しい。
意外と自転車向きのお店ではないかと秘かに思っている。

 

いつもの定番コースにこういう店があると、楽しみが増えるよね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

こちらも初ロード

前回のブログでは、ロードに乗ってなくて不安な気持ちを綴ったが、ついにロードに乗る日がやって参りました!
13日は「札幌金8倶楽部」主催の走行会に参加したのでした。

 

その前に。
まずは朝4時起きして、向かうは手稲山。
今シーズン初のメインマシンに跨り、コソ錬を行う。
途中、サイコンを装着していなかったことに気付くも、後の祭り。
カーボンロードでどんだけのタイムがでるのか興味津々だっただけに、次回のお楽しみということで。
(バイクを替えてもタイムは変わらないってよく言うけどね^^;)

 
国道まで下りてきたところで、突然声を掛けられる。
「タクランケさんですよね?」
え、何で知ってるの?
初対面と思ったが、もしかしたら小径車等の集まりでご一緒したのかも。
すみません、物覚えが悪くなるお年頃でして^^;

彼はこれから南風自転車店主催の小径車ヒルクライムに参加するのだという。
やがて続々と参加者が集合し、ご挨拶をしてその場を離れた。
皆さん、頑張ってー!

朝メシ前の朝練だったので、この後の走行会でタレてもいけない。
ここは吉牛大盛りツユダクでスタミナ補給することにした。
しかしそのカロリー、実に929kcalらしい…
手稲山ヒルクライムで、この分ちゃんと消費出来たのかなぁ^^;


 

それでは金8倶楽部の走行会スタート。
こういう会にロードで参加するのはとても緊張する。
メンバーの方々、みんな速そう~^^;
P^^ちゃんがいてくれて、すんごく心強かった。
当初は5名で走り出したが、途中途中で参加者が合流し9名に。
くろすけさんと艶ビさんも来てくれました。

本日のルートは東千歳へ。
「頑張る班」と「まったり班」に分かれて走ります。
あ、私、迷わず「まったり班」でー (^^)/

まったりコースでもアップダウンはある。
長い上り坂をひいこら走っていると、「こんなの坂じゃないよ」とくろすけさん。
なんでも「坂」というのは登坂角度が基準2ケタ、つまり10%未満の勾配は坂に入らないんだとか。
そんな人が何故「まったり班」で走っているのー!とツッコミたいが、彼は遅い我々を気遣って一緒に走ってくれたのだ。


と、ここまで写真は無し。
撮る余裕が無かったのがホントのところ。
ようやく落ち着いたのは目的地へ着いた時というだらしなさで。

071301

正面の真ん中が自分の愛車、昨年の10月以来の走行です^^; 
自転車の写真、これ1枚のみ(笑)

目的地の「東千歳バーベキュー」。 
ちなみに参加者は更に増え、昼食時には13名もの大人数。
一見、ただの古びた倉庫、暖簾が無いと気付かないかも。

071302


それでは人数分の鶏を並べ、
071303

一気にファイヤー!
071304

そして野菜炒め投入!
071305

この店の人気を二分するという野菜炒め。
ご飯の上にたっぷり乗せて食べると、ご飯がご飯がススム君♪
この後の走行に支障が出そうなぐらい、お腹いっぱいです^^;

 

食後はまったりと歓談し、箱根牧場でボトルに水分補給などして帰路へと向かう。
北広島へ入りエルフィンでかき氷を食べると、火照った体がスーっとしていった。

071306

マンゴーミルク、しゃっこくて美味しい^^

 
金8倶楽部の皆さん、お誘い下さいましてありがとうございました。
とても楽しい走行会でした。
不思議村の皆さん、こちらもありがとうございました。
後半は両脹脛が攣って、走り込み不足を実感したところであります。
P^^ちゃんは木8で結構走り込んでいるらしく、自分もうかうかしてられません!
これから徐々に鍛えていきたいと願っている次第です。

 

本日の走行、今シーズン最長不倒の約150km。
手稲山で距離を稼げたのがよかったね。
さあ、お次もロング行っちゃうよ~^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)