Brompton

2016年7月19日 (火)

連休はメンテ日和 ~ 2日目

続いて、BROMPTONのカスタム編。

家内のBRO、もう7月中旬というのに一度も外で乗っていない。
俗に言う「床の間バイク」状態だ(笑)
本人曰く、「その内乗るから!」
って、先月も先々月も同じ事を言っていたような…(笑)

まあいつか来る「その内」の日の為に、
BROMPTONをカスタムしてやるか。

 

まずはフロントライト。

JFAK(ホムセン)でL字ステーを購入。
ここはビス一本からバラで購入出来るのでお気に入り。

20160718e_2

以前購入したUSB接続のライト。
コイツをL字ステーの下側をグイっと曲げて取り付ける。

BROMPTON純正のフロント反射板は取っ払い、
そのステーを利用するのだ。

20160718f_2

20160718h_2

イイ感じ^^;
右上は給電用モバイルバッテリー。

フロントキャリアの下になるので、バッグ類との干渉も無い。

20160718j_2  

ちなみにこのキャリアは日東製 BM-15

すでに生産中止ということだが、自分のBRO用に購入したまま
忘れ去られて新品未使用品。
BROMPTONの良いところは、新旧問わずこんなパーツも
付いちゃうところにあるんだよね。


次はテールライト。
CATEYE TD-LD570-R。
これはオートライト仕様、明るさを感知して自動点灯するシロモノ。
ということは、トンネルの手前で停まる必要がないのだ。
実はブルべ用に購入したのだが、ずうたいがデカくてロードに合わず、
やむなく家内のBROへと払い下げにとなったもの^^;

20160718i_2

純正のは単なる反射板なので、これにして正解だろう^^

20160718k

グリップも交換済み、エンドにはミラーも付けて後方もバッチリ。

 
さあ、あとは実走あるのみです。
でも、「床の間」バイクだし…
お外デビューはいつになることやら^^;


というわけで、連休中の自転車いじりは楽しいなぁ♪
ああ、楽しい楽しい(やけくそ)^^;

 
まあ実走のために我慢しなくちゃね。
本当の楽しみはこれからなのです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

怪人、現る

黄金週間?
何言ってるんだよ、週間って一週間も休みねーし。
黄金どころか雨&強風で灰色だわい…><

とボヤキの連続で始まったGW。

当然、自転車も諦めていたところ、ヘンな文字が飛び込んできた。
ん?「雨如きに負けない自転車人の集い」だって?
えー、そんな酔狂な人いるの?
どんな人が来るのか見に行ってやろう!
と、ミイラ取りがミイラになったりするんですが^^;

集合場所にて。
怪人、現る。

20160505a

うわお、スゲー!

本当にミイラになっちゃったよ(笑)
ハロウィンには早過ぎるんですが^^;

ネタを提供して皆さんに喜んでもらった怪人。
よかったよかった^^
向かい風の中、マント、いや、ポンチョをなびかせて来た甲斐がありました。

実はこれ、自分です(笑)

 
いやぁ、一度こういうのやってみたかったんですよ。
でも、ソロで走るのは絶対無理。
コンビニへ寄ったら100%通報だ^^;
みんなと走るからこそ許されるってものでしょうな。 
 
 
他の参加者。
20160505b

雨ごときには絶対負けない猛者連です。
 

晴れだったら参加者も増えて、より楽しいイベントだったでしょう。
悔しいので、次回のイベントにもこの格好で出てやるぞ!
 
 
南風自転車店さん、またよろしくね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

新旧BROMPTON対決

BROMPTONが欲しい!
でも、高い!

と、悩んでいた家内がついに決断した。
そして…
キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

20160504a

2015モデルのM6Rです。
2016モデルは200K超えなので、少しでも安いうちにと^^;

夫婦揃ってカラーはレッド、仲が良いね(;'∀')!
って、単に安かっただけ。
(在庫がこのカラーのみだったせいもある)

夫婦愛 < お金 ですから(笑)


2015BROMPTONを見て、ふと気がついた。
自分のは2006モデルで10年前のBRO。
さすがに10年経つと、装備アイテムが進化しているのが判る。

例えば、フレームのデカールは
20160504b 20160504b1

左が新、右は旧ね。

フロントチェーンリングはというと、
20160504c_2 20160504c1_2

新はギア板を大きくも小さくも出来る。
脚力にあったギア板を選択し、カスタマイズの幅が拡がる。
旧はクランクごと交換となり、工賃入れたら万ガネ…

タイヤは、
20160504d 20160504d1

ここ最近定番のBROMPTONマークがタイヤまでに!
一方、旧のタイヤはこんな感じ。
反射板が付いているが、新はタイヤそのものに反射ラインがあるので、多少なりとも軽量化になっている?

リアサスは、
20160504e 20160504e1

旧のは見た目も性能も悪いかな^^;

フロントライトは、
20160504f 20160504f1

旧のは標準でダイナモライトが付いている。
なのでライトステーも独特で、拡張性はゼロ。
一方、新はただの反射板だが、ステーを利用すればフロントライトを取り付けることが出来そうだ。


その他にもいっぱい変更が、というか進化がしてあって、とても全部をアップできないけれど、一つだけ変わっていないところがある。
それはフレームデザイン。
今も昔も、BROMPTONといえばこのカタチ。
イヤーモデル毎に大幅なデザインの変更をするのも一つの進化だが、決まったスタイルを崩すことがなく進化を続けるのも難しい。

しかも、新型に乗り換えることなくずっと乗っていられるのでユーザーには有り難いが、メーカーとしては買換え需要が少ないのでは、と逆に心配したりして^^;


もう一つ、値段が高いと思ってる方も多いだろうが、今は標準で装着されているもの、
たとえば、フロントブロックやサドルを固定するペンタクリップ等は、自分の頃はオプションで別売り。
リアスイングアームを固定するストッパーもオプション。
プラス進化したパーツが付いて、10年前のモデルより2~3万しか違わないことを考えれば、実は値上がりした訳ではないことが分かる。
 
 
そんなBROMPTONの新旧対決、そりゃあ機械なんだから新しいもののほうが良いけど、古いのも馴染むというか、味わいがあるっていうか、これまた捨て難い。

よって、引き分けかな(やっぱりね)^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

さよなら BROMPTON

最初にネタばらししておきますが、決してBROMPTONを手放すとかではありません。
今シーズンも乗り納めという意味ですから念の為^^

札幌市内は一時の雪も消え、12月中旬としては珍しくアスファルトが顔を出している。
別に、FATBIKEでなくても走れるのでは!

というわけで、
20151215a

ジャ~ン!
久し振りに乗りましたー\(^o^)/
寒かったけど^^;

時期的にもう乗れないと思っていただけに、感慨もひとしお。
あれ、BROMPTONってこんなに乗り易かったっけ?
こんなにスピード出たっけ?
しばらくFATBIKEに乗っていたからかもしれない。
全体がキビキビと感じるから不思議。
まあね、ブレーキレバーを交換して、カチっと止まるようになったせいもあるしね。
2006モデル(だったけな?)で当時のパーツは少なくなっているけど、交換するたびに性能が上がってくるのだから、本当に永く付き合える1台です。

 
というわけで、コイツで今年最後(多分)の自転車通勤。
今シーズンもありがとうです。
また来期まで。
さよなら、BROMPTON!

 
この時期はFATBIKEになりがちなだけに、新鮮な一日でした^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

道東プチサイクリング

盆休は家内の実家へ行った。
道東の、それも先っぽのほうなので、札幌からだと車でなんと10時間!
まあ寄り道や休憩も含んでの時間だが、それにしても遠いやね…
今まで行ったことの無い町を多く通った。
今後、自転車で行く時には大いに参考になることだろう。
それまで記憶に残っていれば^^;

一応、自転車日記なので自転車のこともね。
一泊して15日の日、私はこんなところにいた。
201508161

生憎の雨模様だったが、せっかくこの地にやって来たのだ。
滅多に来れるものでもなし、雨天決行でしたわ。

計根別という町は中標津の隣、弟子屈へ向かうとそこはある。
ここに義母の妹がいるというので、3人でやってきた。
私はここで別れ、一人道東サイクリングを決行したというわけ。

201508162

いかにも北海道らしい風景、道東道北にはこんなのゴロゴロあるんだけど、道民ですら心を洗われるような景色です。
天気が良ければサイコー!なのですけど。

それでもしばらく走ると雨も上がり、気温も上がってきた。
201508163

奥に見えるのは「牛山」か。
だって、
201508164_2

山肌に「牛」って書いてあるんですもん(笑)

この牛山を越えるのかと思ったら道は左に迂回し、少しホッとする。
だが、しばらくすると上りが始まった。
アップダウンを繰り返すが、基本的に上り基調で上る回数が増えてきた。
覆い道みたいなところを過ぎると、目的地まで約3km。
しかし、そこからが本番。
斜度10%はあるかと思われる道が続き、Bromptonは悲鳴を上げる。
正確に言うと、自分が悲鳴を上げている^^;

立ちコギ&シッティングでヨタヨタ上っていくと、追い越したクルマが応援してくれた。
頑張ってー!の声援で元気が出る。
あれはきっと、深窓のご令嬢に違いない(笑)

ついに到達!
そこで待っていたのは、ご令嬢ではなく店のおじさん^^;
Bromptonに大層興味を示してくれた。
ここは、お約束の折り畳みデモンストレーション(笑)

「以前は、よく学生さんたちが鍋釜をぶら下げて走ってきたものです。」
当時(70年代か80年代)はチャリダーの定番コースだったのだろう。
自転車で北海道を走る場合、時計回りで海沿いを走る人が多く、特に稚内からオホーツク海を紋別~網走~斜里~ウトロは定番コース。
内陸まで走ってくる人は少ないかもしれない。
現に、自分の他には自転車族は皆無だったし。

そこはこんな場所でした。
201508166 201508167

秘境、裏摩周。
初めて来ました。
それも自転車でしたので一層感激です^^

201508168

霧の摩周湖も今日は、絶景を見せてくれました^^

さあて、次はご褒美のダウンヒルです!
それにしてもBromptonでよく来たよなぁ、それもこの下りで苦労も報われるっていうもの。
いざ!

と、そこへ家内と義母が登場。
えっ、なんでここに???

義母も来たことがないというので、家内が連れてきたのだという。
途中で私が走っていれば拾うつもりだったらしいが、生憎私のほうが速かったようだ。
下は雨だよというので、このまま下ると雨に当たる。
せっかくおいしいダウンヒルも、泣く泣く諦めることにした。

で、こんな結末。
201508169

サポートカーにて回収の図(笑)

下りのおいしいところを奪われ、悔しいので中標津で車から降り約25kmを自走したが、あまりにも軽装でサイクリストらしからぬ格好だったせいだろう。
スライドしたチャリダーから挨拶されたのは皆無><
地元民扱いされたに違いない。
自分も旅人気取りでいただけに、これにはショックでしたよ^^;

本日の走行距離、約50km。
これで道東一人旅、プチサイクリングはおしまい^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

貧乏性

24日の日曜日、快晴。
様似400は未エントリーだったが、絶好のブルベ日和だった。
ただし、風は強かったかもしれないが。
風にも負けず距離にも負けずに完走した皆さん、まずはお疲れ様でした。

そして、オナベ400エントリーの皆さん(ってか一人)、見事完走されたことでしょう。
これまたお疲れ様でした^^ 

 
その頃自分はというと、数日前からの腰痛に悩まされてまして、屈むことも厳しい状態。
立ったままではソックスも履けない程。
しかもタチが悪いのは原因不明だということ。
もしかして体重増加が原因か?^^;

そんなわけで、週末に予定していた「FATで手稲山」イベントは中止。
まずは腰を治して31日(ブルベ薄野200)に備えねば。
それまで安静にしていようっと。

 
と思ったが、妻がホテルオークラで講演会だか何だかがあり、BD-1に乗って行くという。
自分もお供に(半ば強制^^;)ホテルまで一緒にサイクリングすることにした。

市内中心部へ行く時は、北大構内を走ると便利。

20150524

いつものクラーク像前で。
これが今年初の夫婦でサイクリングになったとさ^^

ホテルまで送り届けた後、自分はそのままUターンして帰宅。
その後、あまりにも汚いマイカーの洗車を。
勢いづいてWAXまで掛けてしまう。
マイカーは殆ど家内専用車だが、洗車だけは自分の役目。
割に合わない気もするが、万一のロングライドで走行不能になった場合、レスキューを頼まなくてはならない。
気持良く迎えに来てもらうためには、こうした普段の積み重ねが必要。
妻のご機嫌取りも大変なんすよ^^;
まあ、これで安心して遠出が出来るだけに、ある意味保険かな。

んなことやっていると、余計に腰が痛くなってきた。
やっぱり、妻を一人で行かせればよかったかも。

 
結局、休日はのんびり出来す。
これ、貧乏性ってヤツですかね^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

昼サイ

5月20日のこと。

昼休みを利用して、取引先へ向かった。
Bromptonで昼サイ^^
いいねぇ、平日の昼間にサイクリングだなんて。
週末にしか休めない、しがないサラリーマンには贅沢というもの。
用事を済ませた後、ルンルン気分で白石サイクリングロードを走った。

平日の昼間は、やはり一般車が多い。
たまにローディとすれ違うが、妙に浮いている感じ。
傍から見れば一般車と同じに見えるBro、違和感まるで無し^^;
せっかくこの辺まで来たので、何処かでランチでもと考えていたところ、前方にBrompton集団を発見した。

え? えーっ!

20150520

なんと、P^^ちゃん(PPSさん)、マリーさん、きゆーぴーさんだ!

 
P^^ちゃんは、不思議村の村長にして平成の遊び人(笑)
マリーさんはBro+TRAVOY使いで、アウトドア系の活発な女性。
そしてきゆーぴーさんは、2年前のブルベ大夕張200でご一緒し、Bromptonで完走した健脚の持ち主。
ロードでブチ抜かれた自分って…orz
旭川から自走して札幌でサイクリングした後、自走で旭川へ戻ったという伝説の持ち主だ。
それもBromptonで!
世の中には凄い人がいるものです^^;


何故3人がそこにいたとか、お前会社はどうなってんのよとかいう疑問は置いといて、平日の昼間にBro4台でサイクリングすることになった。
なんて贅沢なんでしょう!
周囲からはヒマ人と思われたかもしれないが^^;

マリーさんのリサーチで美味しいスープカレー屋さんがあるという。
P^^ちゃんの乗用車に大人4人とBro4台を乗せて向かった。
Broならではのコンパクトさゆえに可能なんだよな、これって。

しかし、定休日…(;ω;)

落ち込む4人。
お腹すいたー!
でもまあ会社の近くだったので、彼等とはお別れすることに。
みんなは別のところへ行ったみたい。
いいなぁ・・・(´Д⊂グスン

昼サイには、思わぬ出会いがあるかもしれませんね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

2つの輪行スタイル

GW中は風邪引きさんで、実家にも帰らずじまい。
ようやく明けてから回復したので、顔でも出してくるか。
と、この間の土曜日の午後、田舎へ向かった。
勿論、自転車で。

自走で、とは言わない。
荷物が多かったせいもある。
本来ならマイカーで行くところだが、自転車ブロガ-としては敢えて自転車で行くのが筋というものだろう。
ネタにもなるし。 → これ重要(笑) 

 
ということで、JR輪行の旅。
相棒は今年初のBrompton & TRAVOY。
この組み合わせは、昨年の貨物自転車の集い以来だな。
自走はもちろん、輪行も大得意の2台です^^

Bromptonはシート前のスペースにスポッと入り、

201505101

 
TRAVOYも同じく省スペースで鎮座している。

201505102

このようなセパレート型輪行スタイルは、車内がスカスカの時に可能だ。
田舎の路線とかね。
(ウチの実家がまさにそれ^^;)

 
一方、大都市札幌圏では乗客も多く、更に省スペース化が必要。

201505103

上にBrompton、下にバッグ取り付けの図。
TRAVOYを使った最強の縦型輪行スタイルだ。
これなら多少の混雑時でも安心^^
但し難点は、重心が上に来るので不安定なこと。
支えていないとバタンと倒れる恐れがあります。

というわけで、状況に応じて2つの輪行スタイルが可能なこのコンビ。
都市間バスではセパレートにしてトランクへ、JRや地下鉄では縦型にして身近に、なんて使い分けも出来る。
また、TRAVOYはカートなので車輪が付いており、転がし輪行が超簡単。
折り畳み小径車だけではなく、ロードやMTBといったフルサイズの自転車でも、工夫次第では可能だろう。
正直、使えますよこれ^^



今シーズンはこのコンビの出番をもっと増やしたいと思っているが、あまり機会が無いのが正直なところ。
だって、荷物も無いのにTRAVOYだけ引っ張っていってもね…
TRAVOYが大容量を収納出来るからこそ、逆に荷物が少ないと出番が無くなるのは、ある意味宿命みたいなもの。
解決策としては、荷物が有る無しにかかわらず自転車にTRAVOYがあることなんだけど、これが出来ないから悩んでいるのだ。
何か良いアイデアはないだろうか?

 
ちょっと思ったことがあったので、今度試しにやってみます。
レポはその時に^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

寄り道サイクリング

本日、昼で業務終了。
真っ直ぐ自宅へ帰るには天気が良すぎる。
エヘヘ、ちょっと寄り道しちゃいましょうかねぇ^^
あ、この記事は昨日(10日)のことね。

豊平川河川敷を通って真駒内公園まで行ってみることに。
右岸(上流に向かう方)を走るが、もの凄い向かい風。
あとで調べると、最大風速9mだったらしい。
でも体感はもっと上。
河川敷はただっ広くて遮るものも無く、まともに風が吹き付ける。
赤いBromptonも青息吐息だ^^;

サイコンを付けていないので正確には判らないが、車速は10km出ていなかったのでは。
自転車から降り、風上へ向かって押し歩く年配の方や学生さん、シングルギヤのママチャリは見ていて可哀そうだった。
自分も相当踏み込んでこのスピード、膝が痛くなってきましたよ、トホホ。

201504101

幌平橋を越えたところ。
天気は良いが、風まではお伝え出来ないのが写真の限界かな。

その後、ミュンヘン大橋を過ぎた所で、雪堆積場のため通行止め。
右岸のサイクリングロードは全面開通しておりませんでした。

 

上に上がって大橋を渡り対岸へ。
この辺りは独身時代の最後に住んでいた場所。
目の前がサイクリングロード(左岸)で、自転車趣味の人なら住むには最高の土地だろう。
しかし自分、この時代は自転車に興味が無かったわけで、人生何が起きるか全く判りませんな(笑)

 
「みゆき通り」を通って石山通りへ。
本日の目的地はこちら。
201504104

ラーメン笑福さん。

この店は自転車師匠のtetsuさんから教えて頂いたもの。
このお方、ラーメン師匠でもある(笑)
美味しい塩ラーメンのお店に詳しいのだ。

久しぶりに行ってきました。
メニューです。
201504102

メニューTOPが塩ラーメン。
しかも650円也。
ラーメン一杯に出すお金は700円までにしたい、と思っている自分にはお財布に優しい価格設定が嬉しい^^
しかも、ランチタイムは小ライスサービスだと!

201504103

勿論ライス付き、これデフォでしょう。
店主が女性でこれまた愛想がとても良いのも高評価。
自然と世間話が出来る雰囲気に、ラーメンの旨さも引き立つってもの。
やっぱ客商売は愛想だよな、と思わせる店なのだ。

また、調味料と言うか香辛料というか、テーブルにいろいろなものが置かれている。
なかでも気になったのがウコン粉末。
ラーメンにウコン?と首を傾げたくなるところだが、それが意外と人気№1だという。
確かに、飲んだ後の〆のラーメンには最適かもしれない。
このお店、呑兵衛氏が多いのかな(笑)

で、自分もウコンを入れてみた。
ん~、正直微妙^^;
一つ言えることは、ウコンの入れ過ぎには注意しましょう。
(自分がまさにそれ^^;)

 
 
帰りは豊平川左岸(下流に向かうほう)を走ったが、往路と違って超快適!
追い風でスピード出る出る。
のんびり走るのがBrompton、って前回の記事は取り消しね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

初Bro

そろそろノーマルタイヤでいいだろう。
というわけで、昨日からBromoton通勤復活~♪
実に4ヶ月ぶりなのです^^

小径ゆえのクイックなハンドリング、しかもスピードが出るわけでもないのに、自然と笑顔になる。
不思議な乗り物ですわ。
車に例えると、FATBIKEがV8 OHVのアメリカンに対し、Bromptonは英国のミニってところ。
しかし、ただのミニではないよ、クーパーモデル、それもクーパーSか。
実際にBromptonのワンメイクレースがあるし、その気になればロングライドも可能、実はオールマイティなBroちゃんなのである。

 

そんなマシンでやってきたのは、
201503271

あれ、Bromptonのダンボール箱があるぞ。
もしかして新しいの買ったとか?

なんちゃって、カメラ(スマホ)を引くとこうなるのでした。

201503272

そう、喫茶マリアローゼ。
あれ、違った。
それは隣だ(爆)

ただ今絶賛大量仕入れ中、さらに試乗会のマシンもあってこんな状態。
決して露店販売をしているわけではありません(笑)

 
前週で膝を痛めた話しをすると店主曰く、一口に膝と言っても痛む箇所によって4人の専門医がいるぐらい、実は膝って複雑なんだそう。
自分の場合、あの時は寒さで痛めたと思っていたが、後から思うとどうやら膝の圧迫痛だったかも。
ビブタイツの上にレインズボンを重ね、裾バンドで足首に固定していたことで、ペダリングの際に膝が圧迫されたようなのだ。
これはレインズボンの膝部分にストレッチが無く、伸びないのが原因だろう。
実際に苫小牧辺りで気温が上がり、ビブタイツだけになってから膝の痛みは薄れてきたのだから。
今も膝を押すと痛むのが、圧迫痛だったことを示している。

仮に外科で診察してもらったとして、寒さでの痛みと圧迫の痛みでは診療が違ったかもしれないと思うと、自己分析の誤りが治療期間に影響が出るのかもしれないと思った次第。

 
と脱線したが、言いたいことはこれだけ。
Bromptonは楽しい!

Bromptonに乗っていると、膝の痛みが全く無いんだから^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧