« BRM716瀬棚600 振り返って | トップページ | BRM716瀬棚600 前半の後半編 »

2017年7月21日 (金)

BRM716瀬棚600 前半の前半編

それでは、7月16、17日に行われた瀬棚600を振り返ってみたい。

スタート前、朝食はいつもの糖質制限メニュー、その後、トイレで大を用足し。
この用足しが大事なのだ。
ブルベは600kmの長丁場、身体は水分を求め大腸の老廃物からも水分を吸収しようとするらしい。
そうすると、便が固くなって便秘になりやすいという。
途中で催しても出ない、という状況になる。
無理に出そうとしてお尻が血だらけになったという話を聞いたことがある。
うへー、それだけはご勘弁を^^;

ブルベ当日、もしくは前日までにスッキリさせときましょう。

 

スタート場所へ向かった。
空は微妙な曇り空。
雨の用意はしているも、出来ればもって欲しいと願う。
これで雨が降ったら、今季参加したブルベ(前田200、積丹400)全て雨。
ん~、もしかして自分は雨男か^^;

penさん・noriさんご夫妻が応援に来ていました。
お久しぶりです^^
頑張れとエールを頂きましたー\(^o^)/
ありがとうございますm(__)m

mugenさんecoさんにご挨拶をし、泥人形さんと談笑してスタート前を過ごす。
その後ブリーフィングと車検を終え、いよいよスタート。
しゅっぱ~つ進行~!


まずは前半の上り一発目、支笏湖へ。
とにかく脚が重い。
前回の積丹400と較べ、明らかに速度が違う。
疲れ方も全然違う。
特に体調が悪いとは感じなかったが、一抹の不安がよぎる。

前半のヤマ場二発目は美笛峠。
キツイ!キツイぞ、これはー!
昨年の瀬棚ではそれほど苦では無かった記憶があるが、今回は別。
途中で脚を休める為に停止。

何かおかしい。
積丹400で標高930mのオロフレ峠をノンストップで越えてきた自分が、565mの美笛峠で脚を付くなんて…
自分では感じない、体調の悪さがあったのかもしれない。
アハハ、なんちゃって、もちろん言い訳です。
ただの貧脚野郎のたわ言ですわ^^;
 
下りに入り、フォーレスト276大滝1kmの看板のところでついに雨。
ここでトイレタイムと雨支度。
あーあ、これで雨ブルベ3連荘決定…orz

 
119.6km地点 PC1壮瞥温泉 11:43着。
梅おにぎり2個購入、1個だけ食べる。
すぐに出発。
洞爺湖温泉を走っていると、先程PC1でお会いした人がUターンしてきた。
どうしましたか?と尋ねると、ルートが判らなくなったそう。
ブリーフィングで注意があった場所で、新しく道路が出来たので迂回せず直進出来るようになった道。
事前にルートをナビに入れてその通りに走ろうとすると、迷ってしまうのかもしれない。
Qシートで走っている自分は判っていたので、その人と一緒に走ることになった。

 
「もしかして、タク、タク・・・」
と言うので、
はい、そうです。タクランケです。
と笑いながら返答すると、

「あの有名な方でしたか!」
ですって。
ブロブ見てたんですね。

そうです、
あの貧脚で有名なタクランケです(爆)

ブログでは偉そうなことを言っても、実際はからきしへたれです^^;


通過チェック1 豊浦町文学碑公園まで一緒に走ることに。
この方、コメントを入れてくださった単身ケンケンさんだと後で知る^^;

しかし途中、あの忌まわしい、恐ろしい事件が再び起こるとは…

 
 
走行中にいきなり、チェーンがスプロケットのローに入ったまま変速出来なくなってしまった。
一番軽いギア(28t)に固定されてしまったのだ!
そう、これは…
超高ケイデンスの再来かー!
(証人 単身ケンケンさん)

でも、ほぼ平地なので高ケイデンスの出番は無し^^;
文学碑公園まで移動して修理することにした。
20170716a

13:10 単身ケンケンさんのバイクと2ショット^^

心配そうに見守る単身ケンケンさん、申し訳ないので先へ行ってもらい、自分はのんびりと梅おにぎりを頬張る。
(おいおい^^;)

 
まあ修理方法はよ~く知っているので、焦らない焦らない。
アソコやココをチョコチョコして、はい完了!
というわけで、あまり面白くありませんでしたね(笑)

そうこうしていると、女性が到着。
PC1でご挨拶した方だ。
北海道1200km完走者というからスゴイ(@_@;)
東京から遠征で来たそうだが、実力が無いと来ないよね。
1日目はこの女性と途中何度も遭遇し、最後は一緒に走ったり(嬉)
風のように速い人だったな。

 
長万部で食事と考えていたが、目当ての蕎麦屋の暖簾が出ておらず、泣く泣くスルー。
14:55 自販機でダイエットコーラを飲んで一休み。
その後、八雲へ向かう。
しばら~く走っていると前に人影が。
ここでようやく単身ケンケンさんに追いつくことが出来た。
しばらく一緒に走って…と思ったが、追いつくのに必死で相当脚を削ってしまい、会ったばかりですぐお別れ^^;

八雲町へ来た。
昨年閉まっていたレストランゆうらっぷ。
美人店員がいるという触れ込み、今回は初対面なるか!
恋に落ちるかこの二人!(勝手な思い込み^^;)

20170716b 20170716c

って、本日の営業終了の張り紙が…orz

今年も叶わなかった淡い恋。
mugenさんもさぞがっかりしたことだろう(笑)


しばらく行くと、丁度良い場所に山岡家があるジャマイカ!
ここは昨年、泥人形さんが寄ったところだ。
うん、寄ってみよう。

と、たまたま寄ったようなことを書いているけど、実は前回貰ったトッピング無料券を持参済み^^;
計画的だったんですな(笑)
一応、色々なパターンを想定していますので^^;

ネギ塩ラーメン、味薄め、油少なめに味たま無料。
20170716d

一か月ぶりのラーメン(ちなみに前回も山岡家)。
美味い!
 
味薄めでもしっかり濃いので、自然と水を飲む羽目に。
5~6杯できかないぐらいガブ飲み。
ラーメンよりも水でお腹がタプタプ^^;

 
17:00過ぎ、店を出ると、隣はセコマ。
あれ、見たことあるバイクが…
20170716e

そう、なんと泥人形さんだったのでした。
またまた遭遇^^
彼とは運命の糸、もとい、運命の出会い、いや、とにかくブルべではよく会うのよ。
 
 
ここからPC2 厚沢部目指して一緒に走るのは当然のなりゆき。
いざ!

 
続く

|

« BRM716瀬棚600 振り返って | トップページ | BRM716瀬棚600 前半の後半編 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/65561078

この記事へのトラックバック一覧です: BRM716瀬棚600 前半の前半編:

« BRM716瀬棚600 振り返って | トップページ | BRM716瀬棚600 前半の後半編 »