« BRM716瀬棚600 後半の前半 | トップページ | BRM805宗谷岬600 秘密兵器編 »

2017年7月27日 (木)

BRM瀬棚600 後半の後半

PC4 ニセコひらふまであと14km。
でも、その距離が相当ツライのは経験済みだ。

ここ、峠級の上りですからー!

って坂が延々と続く。
脚に腹に、力が入らない。
もうやめようかなって本気で思ったほど。
このままUターンし、昆布からJRに乗ろうか、って考えていた。
すると、

20170717g

頑張ってー!
とランドヌール札幌のスタッフカーが通りかかった。

笑えないよー!
と言うと

笑って、笑ってー!

と励まされ、それがこの顔だ。
しっかり笑ってます(笑)

おかげでUターンは止め、前を走る気力が沸きました。
スタッフの皆さん、折れそうだった心を励ましていただき、ありがとうございました。

ニセコ地区に入る。
プチフルーツ街道とでもいうべき、小刻みなアップダウンの連続。
雨が降ったり止んだりする中、PC手前の信号に捕まり小休止。

2日目135.4km、トータル488.0km地点 PC4 ニセコひらふ到着。
13:15だった。
予定では13:00だったので、それほど遅れてはおらずホッとした。

ここで炭酸のシュワシュワ~が飲みたくてたまらず、ただの炭酸水を飲む。
これ、意外とよろしい。
レッドブル系やコーラ系の口に残る甘さがが無く、とっても爽やか♪
清涼飲料とは、まさにこのことをいうのだろう。
(他の砂糖水だらけの製品が清涼飲料とは、ちょっと違うような…)

昨日買った塩むすび1個とカップ味噌汁、そして炭酸水。
胃もたれ中の胃に炭酸水で流し込んだ感じがしたが、それほど負担は感じなかった。
そして食後の牛乳。
これが劇的に胃もたれを解消することになったとは!

前にも書いたが、胃酸過多気味で酸性に傾いていた胃をアルカリ性飲料で中和させるという方法、これが絶大なる効果をもたらした。
胃薬?何それ?
ぐらいの改善になったのだ!
この時、よし、いけるかもと思った瞬間だった。

 

予定では倶知安でランチだったが、勿論スルー。
それでは行くぜ、樺立峠&冷水峠。
胃の調子が良くなり、心なしか脚も軽くなった気がする。
当初心配してたよりダメージも少なく、トンネルまで辿り着いた。
さあ、次は冷水峠!

ここで牛乳パワーが切れ、途端にペースダウン。
冷水トンネル手前で足をついてしまい、動けなくなった。
胃もたれも酷くなってきている。
この時、ガムを噛んで唾液を飲み込んでいた。

唾液って、実は胃もたれ解消に効果があるらしい。
っていう話を、以前見たのを思い出したのだ。
プラシーボ効果(思い込み^^;)かもしれないが、休んだおかげで回復したのか、ともかく走り出してトンネルを抜けた。

 

2日目189.1km、トータル541.7km地点 PC5余市黒川到着。
17:00と、予定の30分遅れ。
これはこれで悪くないタイムだが、クローズの1時間前だ。
ここで勿論牛乳500ml、麦茶、道産レタスのシャキシャキサンドを購入。
まずは牛乳一気飲み^^;

 

ところで、見たことのある女性用のスポルティーフかな?があった。
あれ、どこで見たんだろう?
って考えていると、そのオーナー登場。
あー、神奈川のよっしーさんだ!
自分の名前をいうと、
あ、タクランケさん❤
(ハートは無かったけどね(笑))
と、名前を憶えていてくれて、嬉しかったです。

リベンジも兼ねて今回瀬棚600に参加する予定だったが、直前のブルベで熱中症になり、泣く泣くDNSされたそうだ。
それでも、積丹半島周って来ました♪
っていうから大したものです。
胃に優しいスペシャルドリンク情報も教えて頂き、大変参考になりました。
ありがとうございましたm(__)m


 

さあ、最後に待っているのはフルーツ街道と、ラスボスの小樽環状線!
まずはフルーツ街道。
ここはたった3文字で表せます。
キ ツ イ 
とね(笑)

次の小樽環状線。
ここは5文字。
相 当 キ ツ イ

2文字多い分、格が上だわ(笑)

いつ上りが終わるのか、このまま永遠に上り続けるのだろうか?
そう錯覚してしまうぐらい、強烈なヒルクライムなのだ。
特に、500km以上走ってきて脚パンパン、さらに胃もたれでコンディション最悪な状態での小樽は、観光客には優しくても自転車族には牙を剥く街なのであった。
もうどうにでも好きにしてー!

 

で何とか超えた。
2日目211.8km、トータル564.4km地点 通過チェック2 小樽奥沢。
到着18:50。
予定より50分遅れとなってしまう。
ここでは機能性ヨーグルト飲料を飲み、腸内改善効果を期待する。
と、ここで声を掛けられ振り向くと、何とkaba3さんではありませんか!
本人は「遊び、遊びー」って笑ってましたが、スタッフとして来ていたそうで。
会話も出来ませんでしたが、顔見知りの方がいれば元気が出るってもの。

 

それではゴール目指して出発~!
っていきなり結構な上り坂から始まり、まだこんな坂あったんかいな。
と消沈気味。
最後の張碓峠は勾配は緩いが、交通量がもの凄く多く、これはこれで結構なストレスを感じる場所。

国道5号線を左折、国道337号線を走り、新川通へ右折。
この頃はもう暗く、ヘルメットライトの準備もしないで走った為、サイコンの数字も時刻も見えない。
予定より1時間遅れているんだ。
その事実だけはハッキリしている。
最後の直線はラストスパートだ!

前方に人影が見えた。
追い付いて声を掛けたが、こちらは別のNさん。
脚にきているらしく、速度は出せないという。
先に行ってくださいと言われたが、な~に、旅は道連れというじゃありませんか。
ずっと追い込んで走ってきた自分、もうのんびり走ってもバチは当たるまい。
Nさんと楽しくおしゃべりしながらゴールした。 

 

公式タイムは39時間14分。
ついに今季初の600km走破しましたー!\(^o^)/
辛かったけれど、完走後じわじわ達成感が込み上げてきて、また走ろうと思うから不思議です。
Nさんは初めての600km完走だそうで、喜びもひとしおだったことでしょう。
ご一緒出来て楽しかったです^^

 
 

ランドヌール札幌スタッフの方々、運営から応援、炊き出しに夜明けのコーヒーまで、お疲れ様でした & ありがとうございました。
皆さんの思いが無事故で完走に結びついたのだと感謝しております。

道中お会いした方々、ありがとうございました。
全て自分の走りのパワーとして、力にさせて頂きました。

次回は宗谷岬600に参加します。
またお会いしましょう(^O^)/ 

|

« BRM716瀬棚600 後半の前半 | トップページ | BRM805宗谷岬600 秘密兵器編 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

瀬棚600完走、お疲れ様でした。
熊石のセイコマの後から、胃の調子で大変苦しんだようですね。
ブルベの場合、食べられなくなると、大体DNFになっちゃうものですけれど、それども完走するんですから、すごいですわ。
これだけの長丁場になると、知り合いに会ったり、声を掛けられると力になりますよね。
私もスタッフさんには、感謝!感謝です!

次は宗谷岬600ですか。
宗谷岬600はグルメポイントがたくさんあるので、胃の調子を整えて参加しましょう!
宜しくお願いしますね!(^_^)v

投稿: mugen | 2017年7月27日 (木) 11時08分

お疲れ様でしたー。二日目は出発時間が違ったためか
ぜーんぜん会えませんでしたな。(それでも大分近い
距離で走ってたようですが)
前日に引き続き胃もたれに苦しんでいらしたようで・・
やはり犯人は山岡屋ですかね゛。宗谷600ではコース上
日差しに当たりっぱなしになるので熱中症に気を付けないといけませんな、お互い対策と準備をしっかりして
挑みましょうぞ~。

投稿: 泥人形 | 2017年7月27日 (木) 21時43分

スタッフeikoです
瀬棚600完走おめでとうございます
本当に大変なブルベだったのですね
タクランケさんの600kmの旅の内容が分かり
はらはらしつつも最後まで拝見させてもらいました(^^)
胃の調子が悪い中、本当にお疲れさまでした

私も、クルマの中からの応援で
参加者の皆さんから、たくさんの元気と感動を貰えて、
とっても嬉しかったです(^^)

投稿: eiko | 2017年7月28日 (金) 02時05分

読んでいて苦しくなって来ました。同じような経験をしているだけに^^;

完走、おめでとうございます、すばらしい勝利ですね。
というかすばらしい精神力ですね。

自分は留萌300kmで同じような目にあっていますがリバースする前にあきらめました(DNF) うーん・・・マンダム。
家に帰ってから(妻のお迎えでw)下しましたが、薄いスポドリで少しずつ水分補給して翌日の朝にはなんとか復活しました。 タクランケさんの場合、ブルベを継続しながらなんとか胃の調子を整えようという姿勢、大変感動いたしました。 でもマネできないですけども!

 ちなみにナウゼリンですが、医師の処方が必要で、まれではありますが重大な副作用の記載もあります。 私は自分で人体実験できる立場にありますので色々試していますwww

投稿: pen | 2017年7月28日 (金) 09時25分

2年連続参加お疲れ様でした! 
読んでるだけでも去年の辛さが蘇る。。
しかし、食べる為に走っている自分としては、食べられないのはツライですね!! 
それでも完走しちゃうのは、、、さすがです!
胸やけは、胃酸過多なので、重曹みたいな粉が効くと思いますよ。ガスター10みたいなものとか。自分の体にあった鎮痛剤と共に携行をお勧めします。
山岳地帯でトレッキングしているとお店も無いので、携行品が増えるのですが、、、
宗谷は自分も走ってます。グルメしてますので会ったらよろしくお願いします。

投稿: 旭川のHiro | 2017年7月28日 (金) 13時25分

mugenさん

食べたくても食べれなくて、今回は参りました。
でも、よいこともあったんですよ。
体重、激減~♪
後半は、スタッフの方とよっしーさんやkaba3さんに元気を貰いました。
完走出来た背景には、こういう方々の励ましもあったんですよね~
ホント感謝してます^^

次は宗谷岬600ですね~
今度こそグルメを楽しむぞー!(笑)
こちらこそよろしくです^^

投稿: タクランケ | 2017年7月28日 (金) 22時11分

泥人形さん

お疲れ様でした。
2日目は赤い糸が切れてしまい、寂しい思いで走ってましたゾ(笑)
やっぱり全ての元凶はあの山岡家ですかね^^;

宗谷岬600では、寒さ対策も必要かも。
(一昨年に参加した時は、早朝はスゲー寒かったですから)
またご一緒することになると思うので、その節はよろしくお願いします^^

投稿: タクランケ | 2017年7月28日 (金) 22時21分

スタッフeiko様

サポートありがとうございましたm(__)m
お陰様で、最悪のコンディションでも完走することが出来ました。
まだまだへたれですので、これからもいっぱいサポートをお願いしますね^^;

参加者一人一人にドラマがあると思います。
そんなドラマを垣間見ることが出来るのもスタッフならでは。
自分も汗と涙の感動を届けたいと。
いや、やっぱりすんなりゴールしたいです(笑)

これからもよろしくお願い致します^^

投稿: タクランケ | 2017年7月28日 (金) 22時33分

penさん

>うーん・・・マンダム…
って、ウチらの世代は今でも言っちゃいますよね(笑)

もうここまで来たら後戻りは出来ませんし、500km走ったら、もう残りは100km。
完走して勝利を目指したいですよ。

ここまで来たら、サクセース♪ です(笑)

ナウゼリンやガスモチンにガスター等々、消化器系の対策はいろいろありますが、出来れば薬に頼らずに走れるぐらいの丈夫な胃腸が理想ですよね。
もう若くないから無理か^^;

投稿: タクランケ | 2017年7月28日 (金) 23時06分

Hiroさん

グルメが出来ないブルベって、楽しみが半減しますよね。
これでタイムが良ければ諦めもつくのですが、グルメ無しで39時間台って…orz

ふと思ったのですが、梅干しもアルカリ性食品ですので、カリカリ梅を携行すると胃腸に良いかもしれません。
胃酸対策にやってみようかな。

宗谷岬600でお会い出来ますね♪
その節はよろしくお願いします^^

投稿: タクランケ | 2017年7月28日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/65584670

この記事へのトラックバック一覧です: BRM瀬棚600 後半の後半:

« BRM716瀬棚600 後半の前半 | トップページ | BRM805宗谷岬600 秘密兵器編 »