« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月26日 (月)

BRM611前田200チャレンジ 振り返って

どうしてブルべに出るのだろう?
それは多分、

「寂しがり屋だからです」

って答えでどうでしょう?

ブルべに参加する方々は、自転車歴が長い人が多い。
しかも、自分の周りに自転車仲間がいない人だ。
週末を一緒に走る仲間がいる人は、多分ブルべには参加しない。
仲間と走っているほうが楽しいから。
ブルべに参加する人は「孤高のサイクリスト」かもしれない。


そんな何百kmもの長距離、よっぽど自転車が好きなんですね?
という質問には敢えて反論したい。

自転車好きの集まりではない。



自転車談議に花が咲くのも昔のこと、今は自転車本体よりも、他人の装備品に興味津々の人。
乗ってるだけで楽しいとか、DURAがアルテがどうだとかいうのは、すでに通り過ぎた人。(別にどうでもよい人^^;)
BromptonやFatbikeで出る、自分へのチャレンジという人。
週末にソロで走るのも面倒だし、かといって一緒に走る仲間もいないし、いても個人差があってつまらないと思う人。

が集まっているブルべ。

すみません、あくまでも私感です^^;




ブルべ前田200を走ってみて、糖質制限をしている立場から感じたことを備忘録。
一応お断りしておくが、今季初ブルべ、ロード2回目、糖質制限歴4か月、ということで、個人差は大きくあるということ。
今後経験を重ねることで、より精度の高い情報を発信出来る筈。

 

スタートして約40kmでPC1、ここまでは特に負荷が掛からず到着。
それから中山峠まで20km上り。
ここから標高約600m上る。
はぁ、疲れたわ~。
でもね、イイ感じで上れたんですよ^^

ここまではケトン体による脂質エネルギーで走ったきた(と思う)。
体内に残存している糖質も消費して。
実は、脂質をエネルギーとして消費するためには、糖質の役割が欠かせないのだという。
特に、ブルべのような強度の高い(峠越えが続く)のは。

現に、中山峠をメーター読みで15~16km/hで越えてきて、そこで残存糖質が切れたのだろうか、下りの喜茂別町では急にヘロヘロ。
下りで一気にガクっときたのだ。

ここでエナジージェルを補給(糖質40g)。
すぐに効果は現れないだろうが、心なしか回復した気がして、PC1倶知安到着。

 

それなら炭水化物を摂ればいいでしょ。
と思うだろうが、そうは問屋が卸さない。

前田200の翌日、カーボローディングのつもりで半生そばを食べた。
すると本番当日の朝、下痢。
糖質制限を始めて、糖質を大量に摂取すると下痢をする。
これは腸内環境の変化によるものだ(と思われる)。

糖質制限で炭水化物の摂取量が減り、たんぱく質・脂質メインの腸内に、いきなり糖質が大量に入ってきたのだ。
異物(?)侵入で大騒ぎの腸内微生物。
糖質を分解する担当微生物にコールが掛かるも、いきなり出動要請されても人員、いや微生物不足で対処出来ず。

いままでの糖質制限で、処理担当の数が全然足りないのだ。
結果、間に合わず下痢ピー。

カーボローディング(一週間前から糖質制限し、本番前日に炭水化物の一気食いで体内のグリコーゲン量を増やす方法)に最高の条件は揃っていたのに、肝心の糖質を摂取すると下痢だなんて(泣)
 
 
しかし、前田200でカップ麺と弁当で下痢をすることは無かった。
運動中に摂取した糖質は優先的に使われるらしい。
ということは、
ブルべでは炭水化物OKなのでは!

 

次回の積丹400では、逆に走行中に糖質を摂取して挑戦しようと思います。
果たして、結果は如何に?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

BRM624積丹ブギ 完走準備編

シャコタンブギじゃなく、積丹ブルべが本当です(笑)
ウチのカミさん、「ハイティーンブギ」 by 近藤マッチとごっちゃになり、
シャコタ~ン ブギ~♪
と歌っていたのでこのタイトル(笑)

自分で決めてやる~
それがサイコー♪ って歌詞ね。
ちなみに若い人、シャコタンの意味知ってます?
知らない人は検索してね♪

そういえば同名の漫画あったな^^
 
 
今シーズン3回目に乗るロードが積丹400.。
それも400kmの山岳ブルべ。
支笏湖~樽前山の上りを超えて待っているのが、
標高約900mのオロフレ峠。
その後も、ルスツ~真狩~ニセコ~倶知安と、山の街が続く。

前半にピークを迎える厳しいブルべだ。
完走できるかは判らないが、当日は雨の予報はなし(今のところ)。

雨ならDNS!の心配ないね^^

 

それでは計画を。
11:00スタート。
支笏湖を越え樽前山の上り(結構キツイ)を超えると、しばらくは平坦な国道36号線。
この区間は脚の回復を優先させ、はやる気持ちを抑えゆっくりと。
104.8km地点 白老虎杖浜 16:30着。

夕食には中途半端な時間だが、この後のオロフレ峠を考えれば何か口に入れたほうがよい。
特にどこのお店に入るとは決めていないので、お腹の空き具合と相談しましょう。
 
 
さあ、最大のヤマ場、オロフレ峠。
国道36号線から峠の頂上まで、20kmも上りが続くのだ!
20kmで900mの上り、単純に平均斜度4,5%…

過去に挑戦したことがあったが、途中で無念のUターン。
(二日酔いで頭が痛かったのよね^^;)
また、いぶりロングライドというイベントに参加しようと思ったが、このイベント自体が無くなったこともあって、なかなかチャンスが無かった。
今回、ようやく念願が叶って(いや、出来れば避けたかった^^;)、オロフレ峠に挑戦だ。
時速8kmで上って、2時間半は掛かる。
頂上で19:00、それからは下りで速度も上がる。
20:00には洞爺湖畔に着くだろう。

ここではめん恋亭だ。
ラーメンはともかく、営業時間がAM2:00までっていうのが魅力。
万一遅くなっても、確実に食べられる筈。
同じような条件で、倶知安着が24:00.
ここでは山岡家 倶知安店がAM3:00まで営業している。
万一の事があっても、食事にありつけるだろう。

え、万一の事ばかり考えてるって?(笑)

ブルべってそういうものなのです(笑)
ちなみに、倶知安ではカラオケBOXがAM5:00まで営業しているので、そこを利用してJRで札幌に戻る方法も。

一応ね、DNFすることも想定してね、と(笑)


多分、先へ進む(と思う)。
244km地点 PC2岩内がAM2:00。
1時間ちょっとの貯金しかないが、ここでしばし脚を休めるとしましょう。
この先、補給場所がしばらく無いのである程度食料を携行したいところだが、多分皆さん、同じ事を考えている。

行ったら、棚に何も無い…orz

ってことにならないように注意。

実は、このすぐ先にセブンイレブンがあるので、
そちらで調達したほうが確実かもね^^


308.9km地点、 通過チェックは5:30頃。
余市で8:00、小休憩。
ここまで来たら、残りは約50km。
あとは最後の力を振り絞って走るだけ。
小樽を抜けて札幌へ、ゴールは12:00を予定しています。
 
 
過去、400km完走は3年前の函館400のみ。
この時は泥人形さんとご一緒し、確かCLOSE40分前のゴールだったと記憶している。
あれ以来2度目の400なので、感覚が全くつかめずペース配分も判らぬまま。
なんせ前半が勝負なので、スローペースで如何に脚を残すか。
完走のポイントはそこだと考えています。

 
 
尚、今回は糖質制限を忘れて、炭水化物を補給しますよ!
そうでなきゃ、完走出来ないかもしれませんから^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

BRM611前田200チャレンジ 後半戦

前回、PC2で食事をしたところの続きから。

 

食事を終えゴミを捨てに行ったら、泥人形さんも到着していた。
これから食事?って聞くと、食事は摂らないという。
食べながら走行してきたらしい。
泥人形さんには大きな目的があったのだ。
それは、前回の前田200でのリベンジを果たすこと。
ギリギリタイムではなく、彼自身の力でどれだけタイムが縮められるか。
すでに今季、フレッシュと増毛300を完走している泥人形さん、大幅なタイム改善が見込まれることだろう。
すぐに出発するというので自分も慌てて用意し、数分後に後を追った。

20170611d

何とか追いついた!

樺立峠を上る頃は、すでに脚は限界に近い。
この先、冷水峠、小樽環状線、小樽の坂、張碓峠と上りがあるので、ここは少しでも脚を温存したいところ。
泥人形さんも同じく脚を残すことを考えていたのだろう。
丁度良いペースで上って前を引いてくれました。

 

樺立峠のダウンヒルで泥人形さんをパスし、赤井川まで一気に下る。
赤井川からは強い向かい風、雨の後は風に悩まされる。
ペースが上がらずノロノロ走っていると、別の参加者が追いついてきた。
「寒いですね」というその人、下はショートのレーパン^^;
こちとら下りで寒くて、レインズボンは脱げないんですけど…
しばらく付いて行く(距離は相当開いていた)が、冷水峠旧道の入り口を左に行かず直進していった。

あれ、ここ曲がるんじゃ…
不安になるも、雨でスマホナビの電源を入れておらず、頼るはキューシートとサイコンのみ。
もしかして、次に曲がるポイントがあるのかな?
と直進する。
しかし、いつまでたってもそれらしき曲がるポイントが現れない。
2~3km走って胸騒ぎ、先行するその人の姿はもう見えず。
このまま行ったら冷水トンネルじゃん!

さっきの地点まで戻ろうとUターンした。
丁度、泥人形さんが対向で走ってきて、先ほどのポイントを曲がったので、ああやっぱりここかと安堵。
先行していった人、ミスコースに気付いて戻ってくればよいが。

20170611a  

冷水峠展望台で

 

再び泥人形さんと一緒に走る。
どうも彼とはご一緒する機会が多い。
走るペースが一緒なのだろう。
って、彼は小径車(タルタルーガ)、こっちはロード。
ロードとペースが一緒だなんて、如何に泥人形さんが凄いか判るでしょう!
(自分の不甲斐無さを書いているようでツライけど^^;)
アップダウンの多いフルーツ街道は引いてもらうが、小樽環状線は先行する。
小樽市内へ入り、ポートサイドGCを超えこの道最後の上り。
上でランドヌール札幌のスタッフさんがカメラを構えて待っていた。

20170611g

ここで、スタッフさんについ愚痴をこぼしてしまった。

素直に5号線をルートにして下さいよ~

これ、参加者の代弁です(笑)


あと1時間でゴールですよ!
の励ましの言葉を頂き、くねくね曲がって朝里にでた。
さあ、ラストはこの張碓峠を越えるのみ!

が、ひいこら…^^;
もう脚限界。
車道を車とタイマン張る気力もなく、素直にトンネルは歩道を行かせてもらいました。

さあ札幌市内へ入った。
キューシートをめくると・・・
あれ、次が無い…

痛恨のミス!
キューシートの最終ページを自宅に忘れてしまった!(滝汗)
最後の最後で大チョンボ。
残り約5km、ゴールを目前にDNFかー!
 

はい、こんなこともあろうかと、スマホナビにルートを入れておいたんですよね~^^
雨で使えなかったスマホ、もう大丈夫でしょう。
パイルダー、じゃなかった、スイッチ、オーン!

 
ということで、すんなりゴール出来ました\(^o^)/
なんと昨年を上回る、好タイムでゴール!(10分早かった^^;)
11時間30分切りでゴールし、受付を終えたところで泥人形さんもゴール。
昨年より2時間近くタイムを更新し、見事リベンジを果たしましたね。
お疲れさまでした。
 
 
糖質制限ブルべと銘打ってスタートした前田200でしたが、結局炭水化物の力が無かったら、どうなっていたことか。
スタート前の体重が67.1kg(朝食摂取後)、ゴール後は65.0kgフラットだったのが、今回のブルべのハードさを物語ってましたね。

20170611h

ランドヌール札幌名物、車内に連行取り締まり、もとい、ゴール受付(笑)
メダルはどうするか聞かれ、ハイなブルべ脳が続いている自分は迷わず「要ります」と答えた。
帰宅後、冷静になって気付く。
去年200のメダル(今年のとデザイン一緒)は所有済みだってことを…

ヒゲのおじさんも呆れて笑ってるぜ(笑)

 
 
次は本題、糖質制限ブルべについて感じたことを書こうと思います。
 
 
つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

BRM611前田200チャレンジ 前半戦

さあ始まりますよ、糖質制限チャレンジブルベ。
200kmはエントリーコース、ブルベを目指す人の最初の登竜門がここ。
それなら楽勝でしょ! 
と思うかもしれないが、それはコース設定で大きく変わる。
それに悪天候が重なったら…

 

当日の朝はいつもの食事。
牛乳にプロテインを飲んで筋肉増強を狙う。
たんぱく質はこれでバッチリ。
あとは脚力だ!(これが一番問題^^;)

雨は降っていないが空は微妙。
天気予報は終日曇りとなっていたが、山の天気はコロコロ変わる。
なので、一応雨対策をすることにした。
前後フェンダーを取り付け、各バッグにはシャワーキャップを被せる。
このシャワーキャップ、実はとても便利なのです。
フロントバッグやトップチューブバッグにジャストフィット、ゴムで絞っているため走行中飛んでいくことも無い。
また、ヘルメットに被せれば立派なレインキャップに。
しかも透明なので、ヘルメットライトに被せても問題無し。
これだけ使えて10枚入りでたったの100円!
ブルベ1シーズン、100円で雨対策は完璧です^^

20170611e_2

スタート地点へ向かう途中、ポツポツと雨が降ってきた。
前田森林公園に付いた頃は本降り><
これで前田200は2年連続の雨となってしまった。
mugenさんに「雨ならDNSするんじゃないの?」とイジられる。
ここまで来てDNSはないでしょう!
DNFはするかもしれませんが(笑)

泥人形さん、OTKさんの姿も見える。
お二方は相変わらずの小径車…
泥人形さんは判るとして、OTKさんはBromptonだし^^;
でもこのBrompton、なんとフロントダブルのヒルクライム仕様!
これで中山峠もバッチリとか。
スゲーわ…

 

自分の予想では、雨が降るのは定山渓を過ぎてからと、上はウィンドブレーカーのみ持参したが、これが大誤算。
レインウェアー、持っていけばよかった…(泣)
だって、天気予報の「曇り」を信じちゃったんだし~
 
予報を信じちゃいけないよ~
アタシの心はウブなのさ~♪

古くてスミマセン^^;
もうどうにも止まらなくなって…(笑)



「タクランケさんですか?」
と、突然声を掛けてくれたのが、函館のSさん。
ブログ見てます、と嬉しいお言葉^^
自分のマシンと色違いということで、親近感が沸いてきた。
思わず、「今度はこちらから函館へ遠征します!」と言ってしまった。
これでBRM917函館400に参加決定(笑)
 
20170611  
Facebookより、K様が撮影された写真を拝借しました。
真ん中が自分でしたので嬉しかったです^^



それではスタート。
雨の中、大半がガードの無いロードバイクだから、みなさん背中までハネが凄いことになっている。
自分はリアガート付けてきたもんね~^^
後続車に迷惑を掛ける事も無く、勿論背中もキレイなまま。
大正解!
まあ、直接タイムには影響しないけどね^^;

 
40.5km地点 PC1到着、9:10。
チーズかまぼこ(低糖質)を購入したが食べず、水分のみ補給して中山峠へ向かった(これがよくなかった)。
脚を温存していたおかげで回る回る♪
必殺 ハッチャキ漕ぎ炸裂(超高ケイデンス、命名タッチさん)
で一気に数人ごぼう抜き!
減量効果で上りに強くなったのかも(嬉)
先行していた泥人形さんもパスし、一気に頂上へ。
峠の茶屋へは寄らず、そのまま雨の中ダウンヒル!
下りも脚を回して疲労が蓄積し、麓の喜茂別町から京極町にかけては急激にペースダウン。
気付いたら、もの凄い空腹だった。
こりゃたまらんと、ゼリー状補給食(糖質40g)と固形食1本(糖質10g)チャージ。
どうしてリカバリー系の補給食は糖質が多いのだろう?

ただし、脚は回復しなかった。
中山峠で調子こいてはっちゃきこいたせいだ(笑)
相変わらずペース配分が適当なのです^^;


107.6km地点、PC2倶知安12:35到着。
ほぼ予定通り。
昨年同様の雨で全身ずぶ濡れ、結局飲食店は諦めた。
あー腹減ったー、
ここは糖質制限を忘れてがっつりいきたい!

それだけ疲れてたんですね~。
はい、ここで糖質制限ブルベは糸冬了。
正確に言うと、喜茂別(80kmちょっと)での補給食が糖質50g、この時点でもういいやって糖質制限ブルべは諦めていた。
 
カップメンに弁当と、
糖質制限して以来、4か月ぶり
大量の炭水化物に思わず興奮!^^;


20170611c

カップ麺、ウマ~。
お米、超ウマ~!
決して忘れることはなかった米の味。
 
4か月ぶりに食べて涙が出そうなくらいウマかったとです。


つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

BRM611前田200チャレンジ 計画編

今季もブルベに挑戦だ!
まずは第一弾は6/11の前田200。
昨年から2年連続の参加となるが、前回は雨で大変だった。
今回は晴れて欲しいと切に願っている。

雨ならDNSします!

もう、雨は懲り懲りですわ^^;

 
今回のチャレンジブルべは、題して「糖質制限ブルべ」。
糖質(繊維質を除いた炭水化物)の摂取をゼロ、というのは不可能だが、なるべく摂らないようにして走ってみようと考えている。
何故か。
それは糖質中心ではなく、脂肪中心のエネルギー体系へ移行するため。
身体の中にたっぷりある脂肪をエネルギーとして使うことができれば、ほぼ無尽蔵なエネルギーを手に入れたも同然。
糖質を制限することで脂質エネルギーのスイッチが入るのだ。

実は、糖質制限をしていない人も脂質エネルギーは使っている。
そうでなけりゃブルべのようなロングライドを、限りある糖質だけで走りきることはまず不可能だから。
ただし、ハンガーノックになるため糖質の補給は欠かせない。
これ、燃費が悪い身体。

自分の理想とするところは、糖質エネルギーは最後のスパートに取って置き、普段は脂質エネルギーで走れる身体になるというものだ。
燃費が良い身体にね^^



それでは当日の朝。
まずはいつものように糖質制限食。
痛風対策にコップ一杯の低脂肪乳(糖質約10g)を飲む。
糖質はこれだけ。
 
7時スタート。
40.5km先のPC1は9:00予定。
前回は8:55だったので、こんなもんだろう。

107.6km地点、PC2は12:30頃。
前回は大雨で中山峠頂上と京極ふきだし公園で雨宿り休憩が長過ぎ、PC2へは13:15だった。
おかげでグルメは諦め、コンビニメシになってしまったのだ。

今回こそグルメだー\(^o^)/

と思ったが、ここで大きな問題が浮上する。
前回と違うのは、糖質制限中の身ということ。

ラーメン×、うどん・そば×、米・パン×
糖質セイゲニストはホント外食に困ります。
まあブルベ中だから食べてもいんだけどさ。
でも目指しているのは糖質制限ブルベなので、ちょっと拘りたいなと。
さて、どうしたものか…

と思ったら、ステキなお店を発見しちゃったんだもんねー^^

それは、とあるラーメン店。
え、ラーメンだめじゃん、と言うなかれ。
OKなのですよ!

そのラーメンとは、何とあの「さんぱち」。
倶知安にも店舗があります。
こってり味噌のイメージが強いラーメンと糖質制限がどう結び付くのか、秘密は麺にありました。
これです

何と、麺を「しらたき」に変更できるのですよ!
しらたきの糖質量は100gでたったの0.1g!
ちなみに、1日の糖質摂取の目安は、体重(kg)×1g未満が理想で、スーパー糖質制限は20g未満。
私はロカボなので、1日の糖質は50g未満を心掛けている。
通常のラーメン(糖質約70g)だと、一杯で1日の糖質摂取量がオーバーしちゃうのだ。
なので、これは嬉しいですよ^^
また、しらたきのGI値はこれまた低い23(60以下が低GIといわれる)
ラーメンが超ヘルシー食に\(^o^)/

 
ということで、早速行って来ましたさんぱち綜本店。
ほらね、美味くなかったらやっぱアレでしょ(笑)
まずは本番で食べられるか、試してみようかなと。
現地に行かなくても札幌で食べられることだしね^^;

20170605

味噌ラーメンのしらたき麺。
メニューには麺のチェンジは100円増しとあったが、無料ですとのこと。
うんめぇ~♪

市販の糖質ゼロ麺より1000倍旨い(笑)
思ったよりはコシというかプリプリ感がある。
ましてやスープはさんぱち自慢の味噌スープだから、本物のラーメンを食べていると錯覚するほど。
大満足の一杯です!^^
 
 
 
大きく脱線したが(笑)、昼食後にPC2到着で13:30.。
すぐに出発し、樺立峠(15:00頃)、冷水峠(16:00頃)。
余市からフルーツ街道を抜けて小樽環状線のクセモノを抜け、これまたクセモノの小樽市内山側が最後の難関ってところ。
朝里(17:15頃)から張碓峠を越えると、もうゴール間近。
 
と、気を抜くのはまだ早い。
札幌市内へ入ると、ミスコースを誘うようなコース設定に要注意。
ここはしっかりと意識を持って走りたい。
で、目標ゴールは19:00、12時間ジャストだ。

前回より遅いタイムだが、そこは糖質制限というハンデ(?)を背負っているのでお許しください。
 
 
2週連続の雨でトレーニングが出来ず、今季2回目のロードがブルべ本番。
それも山岳ブルべなのだから、ハードル高いわ^^;
まあラーメン(しらたき麺)を楽しみに頑張ろう。
もう食べたけどね(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ