« BRM710前田200~机上編 | トップページ | BRM710前田200~フルーツ街道の誘惑 »

2016年7月13日 (水)

BRM710前田200~トンネルを抜けると…

7月10日日曜日、ブルべ前田200の日。
札幌は手稲区にある前田森林公園発着のブルべ200km。
予報は時々雨。
最大の争点は雨対策をどうするか。
時々雨の予報を信じることにしたが、これが大いなる後悔になるとはこの時は予想だにしなかった。

スタート前。
mugenさんが応援に来てくれました\(^o^)/
1200kmブルべ(!)に参加するので今回はパスとのこと。
脚ならしにはならない、ハードなコースですもんね。
でも、mugenさんがいないとイマイチ盛り上がらないのも事実。
ブルべの顔がいないと寂しいものです^^;
その分、1200で鬱憤を晴らして爆発を期待してますよ^^

また、泥人形さん、OTKさん、W妻さんの小径車軍団もいる。
知り合いがいると心強い。
でも、みんな小径車ってところが凄いですわ…^^;

tottyさんも参加してました。
相変わらずのシングルギア…ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
ゴールドフレームにはゴールドパーツ、ヘルメットまでゴールド。
まさにゴールデンボンバーですな(笑)

20160710a

今回はエントリー42名だが、雨の予報もあってDNS、
豪雨でDNFも重なり、完走者はたった27名という、
とてもハードなブルべとなったのだった。

 

それでは本編。

7:00スタート。
PC1までに小林峠や南の沢の林道等、登り坂いっぱいありーの難コース、途中遭遇した方と、
「これは前半脚をためないとマズイですね」と話をする。
40.5km地点 PC1定山渓着、8:55。
ほぼ予定通り。
これから中山峠へ向かう。

 

ここまでは雨は降っていなかったが、ちょっとパラついたぐらいでこれなら大丈夫だろう。
峠を黙々と登り、やがてトンネルに差し掛かった。
長いトンネルだ。
しかし、トンネルを抜けると…

そこは雨だったのだ!

まさに小説のパクリのようだが、ホントなんだからしょうがない。
上はヘルメットカバーからレインウェアーにレイングローブ、下はシューズカバーを着用。
マシンに取り付けたバッグ類にもカバーを掛ける。
そうこうしている内にどんどん抜かされしまった。

やがて豪雨。
それも、超豪雨!
(超の使い方、間違ってる?)

昨年の函館400がレベル10の雨だとしたら、レベル8ぐらいだろうか。
それぐらいの大雨だ。
今回は雨予報ということで、MTB用のヘルメットを用意したが、

20160710e

これが大正解!
この「ひさし」、目深に被ると視界が確保されるんだな。
今回のブルべのファインプレイだったかも。
雨の日はMTBヘルメットに限ります^^

 

中山峠頂上でやむを得ず避難する。
他の参加者たちもいっぱいいた。
ここでDNFされるという方も。
確かに、ここが決断地点。
中山峠を下ったら、あとはゴールまで走りきるかJR輪行で戻るしかないのだから。

 

もちろん、自分は前へ進む。
雨も小降りになったのを見計らい、豪快にダウンヒル。

しかし、再び豪雨><

麓の喜茂別町は道路が冠水するほどの大雨。
途中の軒先で雨宿りをしている参加者も。

やがて、小降りになって京極町のふきだし公園でトイレタイム。
ここで他の参加者と、「いや~、凄い雨でしたね~」と話しているそばからまた雨。
東屋へ避難して電子機器類の動作確認。
ナビ用スマホとタブレットが動くのを確認し、再度雨ガードを施す。
中山峠頂上とふきだし公園で大幅なタイムロス(雨だからしょうがない)、
PC2倶知安到着は13:15と、予定の1時間遅れとなっていた。

全身ビッショリ、ベンチに座るとハートマーク。
お尻の跡ね(笑)
これじゃ飲食店でグルメは諦めるしかない。
PC2のコンビニで悔しいグルメタイムとなった。

20160710d

普段は絶対買わない200円超えの高級カップラーメン^^;
せめてもの抵抗か(笑)
濡れた身体に染み渡る一品(あ、逸品^^;)となった。

 

小径車軍団もPCに来た。
W妻さんは先にPC2に到着していたが、どこか顔色が優れない。
あの雨の中を走って来たんだもの、疲れて当然か。
しばらく休めばいつもの彼に戻るだろう。

 

彼らより一足先に出発したが、何故か全然脚が回らない。
樺立峠に向け、暗雲が立ち込めるのだった。
失礼、暗雲でなく雨雲だったか(笑)

続く

|

« BRM710前田200~机上編 | トップページ | BRM710前田200~フルーツ街道の誘惑 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。って、記事の中ではまだ倶知安ですものね。
予想されていたと云え、そんなに凄い雨だったのですね。
「お前は知らなかったのか?」って、私、皆様をお見送りしてから帰宅後、寝てしまいました。(爆)
寝直しは気持ち良かったですよ~(笑)
お昼頃、目が覚めたら、チョボチョボと札幌は雨が降っていたのですが、それほど酷かったとは。

あの山岳コースを、あの天候で走られた皆さんは勇者そのものですわ!

自分が走らなかった過酷なブルべのレポートは、楽しいものですね。(笑)
続きも楽しみにしております。(^_^)v

投稿: mugen | 2016年7月13日 (水) 10時58分

お疲れ様でした!
 わたしら前日に前田森林公園までランしたのですが(行程23km) 疲れて応援行けませんでした・・・。

 今回のブルベ、きびしそうですね~。 ルートラボの標高図を見ると、中山峠を越えたらあとはほぼ楽勝?みたいに見えますが、私たちはいままでの経験から、そのアップダウンが楽じゃないことは何となくわかりますが、いったいどれくらいきついのか、走った人しかわかりませんし^^;
 続きを楽しみにしています。^^

投稿: pen | 2016年7月13日 (水) 23時46分

mugenさん

え、寝てた~?(笑)

まさかあんなに凄い雨になるとは、全く予想しておりませんでした。
せいぜい小雨だろうと、用意したウェアは薄いウィンドブレーカーのみ。
全然役に立ちませんでしたよ(泣)

1200は雨マークが付いてないですね!
絶好のコンディション、完走目指して頑張ってください^^

投稿: タクランケ | 2016年7月14日 (木) 10時04分

penさん

自分も中山越えたら楽勝!と思ってました^^;
まさか豪雨になるとは…

後半ツラくなるのが貧脚ですから、ルートラボの低い標高に自分の脚がついていかない^^;
まずは脚力つけろ、って話ですね(笑)

投稿: タクランケ | 2016年7月14日 (木) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/63902729

この記事へのトラックバック一覧です: BRM710前田200~トンネルを抜けると…:

« BRM710前田200~机上編 | トップページ | BRM710前田200~フルーツ街道の誘惑 »