« ブルベ黒松内~痛恨のミスコース編 | トップページ | BRM710前田200~机上編 »

2016年6月25日 (土)

ブルべ黒松内~残念至極のゴール編

話はまたまた少し戻る。

正規のルートに戻り、橋を越えて右折する。
コースミスもあってサイコンのメーターとキューシートは合致しない。
あとはスマホナビに頼るしかなく、ちょっと不安。
しばらく走ると、遥か遠くに2台のバイクが見えた。
よし、追いつこう!
と思ったが、彼らもペースが速くなかなか追い付かない。
さらに10km以上走ってようやく輪郭が見えてきた。 

あ、FATBIKEだ!

Dsc_0973

スタート前に撮った写真。

今回ただ一台のFATBIKE。
そう、OTKさんです。
ロードと一緒に2台で走行中。
昆布駅を過ぎ昆布温泉の交差点を左折、踏切のところでようやく追い付くことができた。

あれ、penさん!

そう、ロードはpenさんだったのです。
するとpenさん、そこの幽泉閣(日帰り温泉)へ寄るのだという。
その時の自分、「ああpenさん、ここでDNFか」」と早合点してしまった。
モニョモニョとお疲れ様でしたとか何とか言ってお別れしたのだが、実はこれ、penさんの作戦だったと後から知った。
温泉で脚の疲れを癒し気分転換、すっきりしてまた走り始める。
多分1時間以上は温泉にいた筈なのに、最終ゴールは自分と3分しか違わないのだから、温泉効果は抜群だったのでしょう。
いや、penさんの脚力が凄いというべきか^^

 

その後OTKさんと一緒に走る。
自分の定位置は常に後ろ(笑)
ミスコースもあり、PC3に到着したのは前回の記事参照。

 
復路の樺立峠は超キツイのなんの。
もう峠はお腹一杯、イイ加減にして欲しい^^;
何とか超えて最後のPC、赤井川到着20:40。
予定は20:30、意外と差は無いのが不思議だ。
この時点で当日中のゴール(24:00)が見えてきた。
あと57.2kmだ。

ここからはうまかつさんが合流し、3人で冷水峠に向かう。
自分が先頭で引っ張るが、ハッチャキ漕ぎに誰もついて来れない。
どうだー!
って、こんなところで脚を使ってどうする!^^;

 
258.7km地点、余市町に到着。
うまかつさんは先へ行き、自分はOTKさんを待つが全然来ない。
案の上、途中コースミスをしたらしい(笑) 

 
塩谷からオタモイへ至る坂は嫌いだ。
いつも疲れて通るこの坂、ほんとツライ。
しかも、大抵途中の信号につかまり、リスタートは登り坂からという意地悪な道だ。
キューシートは5号線から旧道へと指示している。
信号を左折するところ、OTKさんは直進した。

OTKさ~ん! おーい!
 
と大声で叫ぶも気付かない。
多分、FATタイヤのロードノイズがうるさかったのでしょう(笑)
あーあ、真っすぐ行っちゃったよ…
OTKさん、痛恨のミスコース!
それまでの坂でいっぱいいっぱいの自分、彼を追う脚力はもう残っていなかった。

しばらく待つが戻って来る気配無し。
諦めて一人で走り出す。
港を抜け、最後の峠、張碓峠にやって来た。
普段、張碓峠なんて峠じゃないよ~と豪語していた自分だが、この時ばかりは前言撤回。

振り返ってみれば、張碓峠~毛無峠~樺立峠~目名峠~樺立峠~冷水峠~張碓峠に、途中に名も無き峠ありの山岳ブルべ。
最後の張碓峠がこれどキツいとは。
まるで大きな壁のように立ちはだかっている。
いつ果てるとも判らない、永遠と続く登り坂のよう。
脚は棒と化し、速度は落ちていく…

 
張碓トンネルまでどうやって走ったかは記憶に無い。
覚えているのは、トンネルが片道2車線だったこと、トンネルを抜けると雨だったこと。
マッドガードが無いので盛大に水しぶきを上げたが、そんなことはどうでもよかった。
汚れようがかまうもんか。
銭函までの下り区間を一気に走った。 

  

ゴールは近い。
5号線から337号線へ入った。
23:45、残り15分!
 
こりゃダメだ、もう諦めた。
でも、走れるだけ走ってみる。
 
速度が出ない。
どんなに踏んでも25km/hすら出せない。
ああこの脚、もどかしい。
途中、信号で止まった。
万事休すか。
でも、取り敢えず前に進もう。
 
新川通りに着いた。
残り時間、あと3分!

必死にペダルを廻し、ゴールの前田森林公園に着いた!
公園内に入るが、何か雰囲気がおかしい。
あれ、ゴール受付が無いぞ。
呆然と佇むも、そこにあった車を見て気付く。

手前の駐車場じゃん、ここ!

最後の最後にコースミス(滝汗)。 
大慌てで引き返し、今度こそゴール受付へ滑り込む。
そしてスタッフの非情な宣告が。

はい、タイム24:02です。

orzorzorz

2分オーバー…

グルメに裏切られ、目標タイムも未達成。
こうして黒松内300は残念至極な結果に終わった。

 
それでも、これを見て苦労が報われました。

20160618n

ブルべ300の完走メダルです^^
今期からゴール後すぐにゲット出来るのだ!
嬉しいな~♪

 
というわけで、黒松内300は無事にゴール出来ました。 
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

|

« ブルベ黒松内~痛恨のミスコース編 | トップページ | BRM710前田200~机上編 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

タクランケさん、お疲れ様でした^^
 私、OTKさんと結構ご一緒させていただきましたけど、ちゃんと挨拶はしていなくてTT
 昆布温泉の踏切のところでお会いできてほんとよかったです。  温泉効果も確かにありましたし、途中上り坂(PC4手前)でバカッ速の高速ダンシングのkiyatchiさん(あとでわかりました)に抜かされて、くやしいのではなくて触発されましたから、いつもと違って速度あまり落ちずにゴールできたかもしれません^^; あとタクランケさんにいただいたアドバイスも効いていますよ、あれは宗谷600で私がDNFしたときのこと、自分のことのようにくやしがってくれたタクランケさんが 「前半飛ばしすぎたんじゃないですか?」と言ってくれましたので今回は前半抑え気味にしてみました。

投稿: pen | 2016年6月25日 (土) 21時50分

penさん お疲れ様でした~♪
完走おめでとうございます。
温泉効果バツグンですね。
時間に余裕があったら、自分も温泉ブルベを満喫したいです^^

宗谷600の時は、penさんはトレインの先頭で(自分は乗り損ねました^^;)、前半頑張って牽いていたのでそう思ったのです。
自分は前半どころか後半も飛ばせませんでしたが^^;

次回も一緒に頑張りましょう^^

投稿: タクランケ | 2016年6月27日 (月) 13時05分

コースミス後の私を待ってもらっていた時間で、余裕で2分以上はありましたね。すみません。途中まではサイコンの距離のズレを計算しながら走ってノーミスだったのですが、後半は集中力が無くなってきちゃいました。
前田200も出る予定ですが、似たコースもあるものの微妙に違う部分もあって、要注意ですね。

投稿: OTK | 2016年6月27日 (月) 21時20分

いえいえ、OTKさんを責めているわけではありませんよ。
ネタに使わせて頂いただけです(笑)
そもそも、自分のミスコースが原因なのですから。
最後の最後にパンクしたそうで、FATBIKEはパンクのリスクが常につきまといますね。
この辺が今後の課題でしょうか。

前田200は自分も参加します。
マシンは何で出るか、目下のところ思案中です。
無難にロードで出たいんですけどね…^^;

投稿: タクランケ | 2016年6月28日 (火) 10時01分

またまたお久しぶりです!今年初ブルベを「黒松内300」なんて、チャレンジャーですよね。でも、なんだかんだ言って完走しちゃうんですから。基本スペック(体のつくり)ができっちゃてるんですよ(^^)
しかし「OTKさん」凄いというか、面白い方ですよね・・・ファットでこれ走るのぉ~って感じです。
とにかく無事メダルゲット!おめでとうです&お疲れさまでした。
次は、前田200楽しんできて下さい。

投稿: kaba3 | 2016年6月28日 (火) 21時16分

kaba3さん、ありがとうございます^^

いや~、300って結構キツイですね。
コース的にはアップダウンが多くなりがちですし。
(コース設計者のサービス?^^;)
体のつくり云々は、特別なトレーニングはしていませんので、多分ジテツーでしょう。
毎日乗ってりゃ、自然と鍛えられるものです。

前田200はFATで、と思いましたがパンクがネック。
去年経験済みですし(笑)
フロアポンプ積んで走ろうかな^^;

投稿: タクランケ | 2016年6月29日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/63821201

この記事へのトラックバック一覧です: ブルべ黒松内~残念至極のゴール編:

« ブルベ黒松内~痛恨のミスコース編 | トップページ | BRM710前田200~机上編 »