« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

ブルべ黒松内~残念至極のゴール編

話はまたまた少し戻る。

正規のルートに戻り、橋を越えて右折する。
コースミスもあってサイコンのメーターとキューシートは合致しない。
あとはスマホナビに頼るしかなく、ちょっと不安。
しばらく走ると、遥か遠くに2台のバイクが見えた。
よし、追いつこう!
と思ったが、彼らもペースが速くなかなか追い付かない。
さらに10km以上走ってようやく輪郭が見えてきた。 

あ、FATBIKEだ!

Dsc_0973

スタート前に撮った写真。

今回ただ一台のFATBIKE。
そう、OTKさんです。
ロードと一緒に2台で走行中。
昆布駅を過ぎ昆布温泉の交差点を左折、踏切のところでようやく追い付くことができた。

あれ、penさん!

そう、ロードはpenさんだったのです。
するとpenさん、そこの幽泉閣(日帰り温泉)へ寄るのだという。
その時の自分、「ああpenさん、ここでDNFか」」と早合点してしまった。
モニョモニョとお疲れ様でしたとか何とか言ってお別れしたのだが、実はこれ、penさんの作戦だったと後から知った。
温泉で脚の疲れを癒し気分転換、すっきりしてまた走り始める。
多分1時間以上は温泉にいた筈なのに、最終ゴールは自分と3分しか違わないのだから、温泉効果は抜群だったのでしょう。
いや、penさんの脚力が凄いというべきか^^

 

その後OTKさんと一緒に走る。
自分の定位置は常に後ろ(笑)
ミスコースもあり、PC3に到着したのは前回の記事参照。

 
復路の樺立峠は超キツイのなんの。
もう峠はお腹一杯、イイ加減にして欲しい^^;
何とか超えて最後のPC、赤井川到着20:40。
予定は20:30、意外と差は無いのが不思議だ。
この時点で当日中のゴール(24:00)が見えてきた。
あと57.2kmだ。

ここからはうまかつさんが合流し、3人で冷水峠に向かう。
自分が先頭で引っ張るが、ハッチャキ漕ぎに誰もついて来れない。
どうだー!
って、こんなところで脚を使ってどうする!^^;

 
258.7km地点、余市町に到着。
うまかつさんは先へ行き、自分はOTKさんを待つが全然来ない。
案の上、途中コースミスをしたらしい(笑) 

 
塩谷からオタモイへ至る坂は嫌いだ。
いつも疲れて通るこの坂、ほんとツライ。
しかも、大抵途中の信号につかまり、リスタートは登り坂からという意地悪な道だ。
キューシートは5号線から旧道へと指示している。
信号を左折するところ、OTKさんは直進した。

OTKさ~ん! おーい!
 
と大声で叫ぶも気付かない。
多分、FATタイヤのロードノイズがうるさかったのでしょう(笑)
あーあ、真っすぐ行っちゃったよ…
OTKさん、痛恨のミスコース!
それまでの坂でいっぱいいっぱいの自分、彼を追う脚力はもう残っていなかった。

しばらく待つが戻って来る気配無し。
諦めて一人で走り出す。
港を抜け、最後の峠、張碓峠にやって来た。
普段、張碓峠なんて峠じゃないよ~と豪語していた自分だが、この時ばかりは前言撤回。

振り返ってみれば、張碓峠~毛無峠~樺立峠~目名峠~樺立峠~冷水峠~張碓峠に、途中に名も無き峠ありの山岳ブルべ。
最後の張碓峠がこれどキツいとは。
まるで大きな壁のように立ちはだかっている。
いつ果てるとも判らない、永遠と続く登り坂のよう。
脚は棒と化し、速度は落ちていく…

 
張碓トンネルまでどうやって走ったかは記憶に無い。
覚えているのは、トンネルが片道2車線だったこと、トンネルを抜けると雨だったこと。
マッドガードが無いので盛大に水しぶきを上げたが、そんなことはどうでもよかった。
汚れようがかまうもんか。
銭函までの下り区間を一気に走った。 

  

ゴールは近い。
5号線から337号線へ入った。
23:45、残り15分!
 
こりゃダメだ、もう諦めた。
でも、走れるだけ走ってみる。
 
速度が出ない。
どんなに踏んでも25km/hすら出せない。
ああこの脚、もどかしい。
途中、信号で止まった。
万事休すか。
でも、取り敢えず前に進もう。
 
新川通りに着いた。
残り時間、あと3分!

必死にペダルを廻し、ゴールの前田森林公園に着いた!
公園内に入るが、何か雰囲気がおかしい。
あれ、ゴール受付が無いぞ。
呆然と佇むも、そこにあった車を見て気付く。

手前の駐車場じゃん、ここ!

最後の最後にコースミス(滝汗)。 
大慌てで引き返し、今度こそゴール受付へ滑り込む。
そしてスタッフの非情な宣告が。

はい、タイム24:02です。

orzorzorz

2分オーバー…

グルメに裏切られ、目標タイムも未達成。
こうして黒松内300は残念至極な結果に終わった。

 
それでも、これを見て苦労が報われました。

20160618n

ブルべ300の完走メダルです^^
今期からゴール後すぐにゲット出来るのだ!
嬉しいな~♪

 
というわけで、黒松内300は無事にゴール出来ました。 
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

ブルベ黒松内~痛恨のミスコース編

話しは少し戻る。
 
キューシート№15、スタートから86.4km地点。
ニセコひらふのPC1へ向かうところ。
本来は右折のところ、ここを左折してしまった。

20160618b_3

しばらく走るが、そろそろ着く筈のPC1が全然見えない。
あれ~、変だな~と思うも、とりあえず前に進む。
5号線近くまで走ってようやくコースミスに気付きましたorz
往復約7km、20分ぐらいのロスタイム><

「右」と「左」という漢字、
ローガニストには同じに見えるのよ(爆)

次回は、→ ← で表記しようと誓ったのでした^^;
 
 
 
続いて、キューシート№26のところ。
ここからが前回の続きです。
グルメを逃して消沈したせいだろうか?
「400m手前で橋を渡る」と書いてあるのを、何故か「橋の手前」と勘違いしてしまった。

20160618c

橋を渡る手前で右折する。
この次は4.7km先を左折だが、大体それ位のところに左折できる道路があるものだから、ミスコースに全然気付かない。
やがてT字路に差し掛かり、え、T字路なんてキューシートに無いぞ!
ということで、不安になる。
スマホナビを見ると、なんと全然ルートから外れているではないか!

実は左折する時にナビを確認したのだが、縮尺が小さいせいで平行に走る正規ルートとミスコースが重なって、気付かなかったのだ。

なんてこったい!

今度は約15km、40~50分近いタイムロス><
ブルベではミスコースの場合、同じルートを走って正規の場所まで戻るのがルールです。
同じ道を戻るも、気落ちしていて全然速度が上がらない。
しかも向かい風で登り坂、大きく脚を削られてしまった。
帰宅後に地図を見たら、あのまま進んだら正規ルートに出ることが判り、余計にショックでしたわ^^;

 
2度ある事は3度ある。
またまた続いてコースミスの3回目^^;
キューシート№30、189.3km地点の「右直」のところ。
道なりに左へ行ってしまう^^;
この時、OTKさんと一緒に走っていたのだが(詳細は次回)、OTKさんの後ろを何も考えずに走っていたので、ミスコースに気付かなかったのだ。
(要はOTKさんが間違えたっていうことね(笑))
 
この時はすぐにOTKさんが気付いてUターン。
大事には至らなかったのでした。
そばで獲物(?)を狙っていたパトカーの視線が痛いこと^^;

20160618f

なんと、FATBIKEで参戦しているOTKさん。
ロードでついていくのが大変なほど、凄い脚力の持ち主だ。

ちなみに、彼は最後にもう一度ミスコースをやらかしちゃうんですけど、それは次回のお楽しみ(笑)

 
3回もコースを間違え、1時間以上もタイムロスをし、20kmも余計に走って脚ガクガク。
登り坂ではOTKさんについていけず、とうとう坂の途中で足をついてしまう。

どうなっちまったんだ、おいらの脚はー!

脚力はもはや風前の灯、この先には樺立峠、冷水峠、張碓峠が控えている。
DNFが一瞬脳裏をよぎったほど、アップアップだった。

あ、もしかしてハンガーノックかも!
 

突然閃いたのは、去年の留萌300で同じ経験をしたからか。
すぐに一本満足バーを補給したのはいうまでもない。
その効果もあったのか、OTKさんの背中を必死に追い、PC3のニセコに何とか到着。
17:54と、予定より1時間以上遅れての到着だった。
 
 
もう倶知安まで待てねー!

途中で会った参加者が、倶知安はシェイシェイの担々麺を頂くと聞き、自分もそこを目指したがもう限界。
カップ麺(そば)とおにぎりで、黒松内300の
グルメは終了^^;

 
心残りだが、完走が目的なのは言うまでもない。
心を切り替えて、次の目標を目指す。
これまた難関、樺立峠を越えてのPC4赤井川まで41.6km。
あとは両脚が最後まで動くことを祈るのみ。 
 
 
次は最終回、「残念至極のゴール」編^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

ブルベ黒松内~悲劇のグルメ編

6/18(土) BRM618黒松内300km。
今期3回目のロードにして、いきなり300kmはキツイ~
トレーニング不足のツケは、ロングになるほど重く身体にのしかかってくる。
日曜日、死んでましたわ(笑)

当日の予報は曇り。
それを信じて泥除けを外していったが、これが最後まで後悔することになった。
前半と終盤は霧雨で路面は濡れ、盛大に水を跳ね上げてヘルメットまで泥だらけ^^;
軽量化がアダとなったわけだ。
後続車の方々、ごめんなさい<m(__)m>
 
まあ気を取り直して、スタート前の車検風景。

20160618a
AJ北海道様より頂きました

この時までは余裕のよっちゃん(死語らしい^^;)だ。

それでは6:00スタート。
前半のヤマ場、毛無峠と樺立峠はゆっくり越える。
ここでかぼそい脚力を使い果たすわけにはいかないのだ。
それでも予定よりは早いペース。

88.0km地点PC1着 10:25。
予定より20分早く、少し貯金が出来る^^
しかし、すでに脚は疲弊していた。

ニセコから昆布までは下りで、爽快なコース。
しかし、帰りはこの地点が地獄と化すんだな^^;
この段階ですでに脚に力が入らず、時間を稼げない。
目名峠では、大苦戦を強いられる。
 

132.7km地点チェックポイント道の駅黒松内着13:00。
20160618d

ここで大休止。
小さな2個入りのパンとガラナを補給、W妻さんと談笑。

20160618e

ここでいっぱい食べるとこの先のグルメにありつけなくなっちゃう。
と小さなパンで我慢したが、しかしこの後大きく影響するとは…

両脚はだいぶきていた。
何度も屈伸運動をするが回復する気配はなし。
今期はまだ最長で100kmしか走っておらず、もう限界か><
 
 
黒松内を出発、W妻さんを引っ張る。
しかし、

キタ━━━━(><)━━━━!!

来たよ、左内腿の痙攣が!

W妻さんにツーラン飲んだか問われ、忘れてました~(´Д⊂グスン
慌てて飲むも、攣ってからじゃ遅いっちゅうの。
W妻さんは先に行かれ、自分は超スローペース。
やがて右脚も交互に攣り、散々に。
 

150.0km地点 PC2寿都町歌棄 14:00着。
一本満足バーを一本だけ購入し、すぐ出発する。
その後、この満足バーにどれだけ救われたことか。
この時は知る由も無いのだが。

 
さあ、いよいよグルメだ。
お腹も空いていることだし、寿都で磯ラーメンっと。
ライスもつけちゃおうかな~♪

って、閉まってるじゃん!
(余りのショックに写真撮り忘れました)

時間は14:30頃。
暖簾は店の中、ノボリは地面に横に置いてあった。
いいもんね、こういう時の為に押さえの日本海食堂があるんだもんね。

こっちも閉まってるやん!
オーマイガー!
 
何のためにパンを我慢したんだよー!
何のために前回アップしたんだよー^^;
ああ、グルメが遠ざかっていく…
ああ、モチベーションが下がっていく…


これはマズイかも。
手持ちの補給食はパワージェルの梅と塩飴と、さっき購入した一本満足バー。
PC3まで残り約45km。
2時間ぐらいならハンガーノックにならず、何とかもつかな?
パワジェルを補給し、備えることにした。

 
しかーし!

この後とんでもないことが起きたのだった。

 

続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

BRM黒松内300完走に向けて

今週末はBRM618北海道300km黒松内。
まだロードには2回しか乗ってない…
それでいきなり300km、なんて無謀な。

しかも、予報は時々雨。
そしてここ最近は風速が強い。
雨で向かい風の峠越えなんて最悪だー><
と思ったら当日の予報は曇りに変わり、少しホッとする。
でも予断は許さない。

今回のマシンはcanondaleのシナプス号でいく。
今迄は雨のブルベはBianchiのツーリングロードと決まっていたが、トレーニング不足に加え、山岳ブルベということで軽いほうが有利(だと思う)。
雨、降らないでねー^^;

それでは「当たって砕けろ!」大作戦、何とかなるさの無責任男。
他の方には参考にならない、自分の為の完走計画を練ってみた。

 
6:00 スタート。

・10:45  88.0km地点  PC1ニセコひらふでプチ補給 11:00発
前半にメインの毛無峠と樺立峠を越える。
ここはスローペースで脚を温存したいところ。
お昼は蘭越あたりが妥当だが、時間的余裕が無いのが悲しい。

 
・13:15 132.7km地点  通過チェック黒松内でプチ補給 13:30発。
黒松内の道の駅ではパンが有名らしいが、有名なだけに売り切れも予想される。
ここは先へ急いで時間を稼ぐことにする。 
 

・14:15 150km地点 PC2うたすつ、ここはすぐ出発で14:20発。
その先でようやく遅めのお昼を頂くことに。
せっかく日本海側を走るのだから、海鮮なんていいよね^^
例えば、寿都町磯谷にあるドライブイン ユーキナイ。

Yuukinai

ん? これは…

Yuukinai1

磯ラーメンですと!

Yuukinai2

美味しそうじゃないの!

写真はうにラーメン。
よ~し、食べてやろうじゃないの!
14:45 約159km地点  ユーキナイでランチ決定♪

以上、勝手に写真を拝借。
何処のどなたか存じませんが、ありがとうございました<m(__)m>

でも、手前の日本海食堂もそそるなぁ^^

 
計画に戻って、
18:00 203.5km PC3比羅夫着、18:30出発。
20:30 244.6km PC4赤井川着 コンビニメシ補給で21:00出発。
21:30 252.0km 余市町5号線
23:00 285.3km 小樽市張碓トンネル通過
23:55 301.8km GOAL!


と、その日の内にゴールしたいと思っています。
でも、山の天気は急変しやすく、気温もぐっと下がるだろうから、まずは完走することが大事。
予定通りにはいかないのが、どうせいつものパターンだし^^;
それならアップするなとお叱りを受けそうだが、
基本無責任なのでご了承を(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

手稲山朝練

今日(6/12)、タイトルの通り。
坂師匠のAkiさんに誘われて、今季初の手稲山ヒルクライム朝練。
今シーズン、ようやく2回目のロード。
いまだ脚が出来ていない状態で、どれだけ上れるか。
先週のウォーキング通勤が役に立ったのか、
自分自身も大いに興味があるところだ。
少しでも軽くしようと、朝食は摂らずに6時過ぎに出発した。

30分ぐらいで手稲山登り口に着くだろうと思っていたが、意外と距離があることに気付く。
途中からハイペースで走り、何とか7時5分前に到着。
汗だく^^;
汗が引く間もなく、脚が休まる暇もなく、鬼のAkiさんはそろそろと上り始めた。
国道から一本目の信号で手稲山ヒルクライム、スタート!

今振り返ると、道中辛かったとだけ言っておこう。
ここで、はっきり自覚しました。

自分は坂が嫌いだー!(爆)

途中まで坂師匠の背中についていきましたが、その後はちぎれ一人旅。
ここで自己分析。
脚へのダメージは少ないように感じた。
多少なりともウォーキング通勤で大腿筋が鍛えられたのだろう。
でもね、心肺は鍛えられません(ToT)
心拍数MAX!
酸素、足んねぇー!

20160612
撮影・坂師匠Akiさん

なんとか上りきる。
タイムは38分30秒。
今季2回目のロード(ココ強調^^;)、こんなものでしょう。

しばしAkiさんと歓談。
その歳にして(同じ歳だけど^^;)更なる向上心。
11S化に向けて、敢えてフロント52×36tを選ぶ準漢ギア。
毛無峠をフロントアウター(52t!)で超えるその豪脚。
まったく頭が下がります。
彼に勝てるのは食欲と酒量だけだわ(笑)

そして・・・

手稲山おかわり!

Akiさんと別れ、私は一人もう一度手稲山ヒルクライム。
さあ、行くぜ!
ここから真の朝練なのです。
でも、ハイランドゴルフ場辺りで右脚付け根の違和感でリタイア><
何か歩いている時からおかしかったんですよね。
寄る年波には勝てません(笑)

本日の走行 50km。
さあ、いよいよ来週はブルべ300km。
今季通算150km、それも2回での距離。

ああ、全く自信ありません><

 

ってなこと言ってもしょうが無し。
エントリーしたからには完走しようじゃないの。
次回は完走計画をね^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

コソ練中

この間(5/29)、今シーズン初ロード。
結果、ボロボロ^^;
たかだか(?)100kmで脚パンパンだ。

途中で出会った若いロード乗り2名、つどーむで試乗会があるのでそちらへ行くというが、何と深川から来たという。
ひょんなことからつどーむまで一緒に走ることになった。
向かい風の中、彼らの為に約20kmを全力で引っ張る。
ボロボロになったのはこういうわけでした。
ソロだったらこんな無茶な走りはしません、いや、出来ません^^;

ちなみに、彼らは帰りは輪行とのこと。
深川まで110kmあるしね。
自走で帰るわけないかと、ちょっとほっとして(笑)

 

まあ、そんなんでトレーニング不足を痛感した自分。
でも、その後もロードに乗る機会が無い。
ローラー台も持って無いし…
ジテツーはもう慣れっこで、トレーニングにすらならない始末。

ブルベ300kmまで2週間を切り、だんだん焦ってきた。
ああ、どうすればよいだろう?

 

で結論。

通勤は往復歩きに変更しました!

片道8.5km、大股歩きで1時間15分。
往復で20,000歩を超える。

たかが歩きと馬鹿にするなかれ。
実際に歩いてみると、いきなり歩いたせいもあるが、これまた脚パンパン。
汗も半端ない。
こりゃ、相当なトレーニングだわ。
たった一往復で、大腿四頭筋と前脛骨筋がヒドイ筋肉痛、足首激痛、足の甲や土踏まずは自分の足でないみたい^^;、
歩き過ぎて歩行困難という、なんとも漫才のネタみたいな状態になってしまった。

その後、二日休止する羽目に^^;
まだ痛いが本日再開。
今週はウォーキング通勤で、両脚を徹底的に痛めつけるのだ。
そして次の日曜日はロードでヒルクライム、翌週はリハビリを兼ねて自転車通勤を再開し、脚を万全の態勢に持っていって18日の本番を迎える。
これがブルベ完走の青写真かな。

 

ただいま歩いてコソ練中^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »