« 新春ライド | トップページ | 自己満足 »

2016年1月12日 (火)

新春ライド の続き

10日の新春ライドでサラっと流したところ。

”帰りはお昼を食べて帰宅”

今回はこの「お昼」のお話しです^^

 

試験場から石狩手稲線を走る。
信号待ちでご婦人に、「それ、自転車ですか!」とビックリされた。
そうそう、その反応を待っていたのよ(笑)
営業スマイルで説明するも、ああ無情、信号は青に変わってしまった。
話したいことの1/100も話せなかったぜ…^^;

石狩市花川地区へやって来た。
歩道は吹き溜まりで意外と雪があり、走行に難儀する。
それまでの札幌市内は降雪が無く、道路はアイスバーン。
FATBIKEの特徴とでも言うべき、タイヤの低圧走行は氷には歯が立たない。
スパイクピンが刺さらずに良い仕事をしてくれないのだ。
なので高圧(といっても0.5気圧程度)でピンが沈み込まないようにしていた。
しかし、圧雪には向いていても積雪には逆効果。
札幌はこの2つの雪が同居するので、なかなか難しいと言える。
路面に応じてエア圧をコントロール、インフレーターは必須です。

 

で、石狩でラーメンといえば、「石狩鮭醤油らーめん」でしょう。
まだ食べたことが無く、一度頂きたいと思っていたが、そんな店がいきなり目の前に現れたら、これは食べなさいと神の思し召しに違いない。

20160110b

味の五六八さんです。
入口前に「石狩鮭醤油らーめん」のノボリがあり、思わずおおーっ!と叫びそうになった^^;
迷わず店内へ。
オーダーはもちろん鮭醤油らーめんです^^

20160110d

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

う、うまい!
醤油の香りが立ち昇り、スープの甘みは鮭醤油の味なのだろう。
この味、好きになりそう^^

難を言えば、自分には僅かにしょっぱかったこと。
歳を取ると薄味好みになるのかな^^;
でも、こういう昔風のラーメンは何だかホっとする。
来店時は客は私一人だったが、食べ終わる頃は満席に近かった。
客層は高年齢が多かったかな(笑)
さすが30年以上の老舗と納得、地域に愛されているのでしょう。

女性店主(俗におばちゃんという)が切り盛りしてて、会計時には「また来てくださいね」と一言。
ほっこりした気分になれる、こんなラーメン屋はなかなか無い。
言われなくてもまた来るよ。
そんな店だった。


自転車で、冬に来て食べると一層美味しく感じるでしょう(笑)

|

« 新春ライド | トップページ | 自己満足 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/63045806

この記事へのトラックバック一覧です: 新春ライド の続き:

« 新春ライド | トップページ | 自己満足 »