« 道東プチサイクリング | トップページ | 日本最北端を目指して ~ 初日 »

2015年8月17日 (月)

週末の準備~装備編

今週末はブルベの日。
BRM822宗谷岬600kmだ。
600は今期2回目の参加となるが、前回(恵庭600)の反省も含め装備の見直しをすることにした。

まず肝心のバイクはシナプス号(トップの写真)で。
今のところ予報に傘マークは無いのでね。
月初の十勝岳300では、脚にそれほど負担も掛からずに完走出来たのはやっぱり魅力だし。
さすがカーボンといったところか。
今回も少しでも負担を軽くし、疲労の蓄積を減らしたい。

 
お次は装備編。
まずはタイヤ。
今のはコンチネンタル Grand Prix 4シーズン 700×25C。
これは軽く強靭で耐パンク性能も高い。
昨年の函館400、今年に入って留萌300、恵庭600、十勝岳300とブルベに投入したが、1,600km走って一度もパンクしたことが無いぐらい。
たまたまといえばそれまでだが、自分評価は非常に高いのだ。

ただし、どちらかというと雨天の時に使いたく、晴天用のタイヤが欲しかったのも事実。
というわけで、今回の宗谷岬600に投入するのはこれ。

201508171 201508172

Panaracer GRAVEL KING(グラベルキング) 700×26Cだ。
26Cという太目のタイヤが疲労を緩和してくれるだろう。
(ロードに26Cが入るかは、現物合わせの一発勝負^^;)
しかも、Gravel(砂利道)も走行可という、一昔前のロードバイクでは考えられなかった道を走ることが出来るぐらい強靭で軽量なタイヤなのだ。
基本、アスファルト走行メインのブルベでこれが必要かは意見は分かれるが、アスファルト上でも異物を踏んでパンクするのだから、そのリスクを少しでも減らしたい。
快適で、かつパンクしづらい。
この欲求を満たしてくれると信じている。

 

8月のブルベは、いくら北海道といえど気温は高い。
(本州ほどでは無いが)
汗対策は必須だろう。
ただでさえ汗っかきな自分、顔に滴る汗が視界を遮り危ないし、それ以上にうっとうしい。
そこで見つけたのがこれ。
201508173

HALO2(ヘイロ2) プルオーバータイプ、汗止めヘッドバンド。
これの優れているところは、顔をめがけて真下に落ちてくる汗を両サイドに逃がす構造を持っているところ。
裏を見ると、こんな感じだ。
201508174

黄色部分はゴでム、おでこにピッタリついて流れ落ちる汗をブロック。
汗はそれに沿って横へ移動し、顔前面は快適に保たれるらしい。
(商品のイラストタグを参照のこと)
もちろん、自転車以外にもランや他のスポーツにも使えるので、夏場のスポーツイベントに欠かせない商品だろう。

そして、最後はペダルクリート。
恥ずかしながら、さっきまでこんな状態でした。
201508175

横から見ると、
201508176

うぎゃー、減りすぎてクリートの厚みが無いぜー!
どうりでクリートがペダルにハマらないし、ハマってもすぐ外れてしまうわけだよ、こりゃ。
5年掛けてこんな状態です^^;

というわけで、新品のクリートに交換しました。
201508178

え、最初はこうだったの?(笑)

気になる厚みはというと、

201508179

もう別物ですわ(滝汗)

今回は足の疲れを考慮して、9°可動のにしてみました。
カチッと固定されているよりは、足に遊びがあったほうがよい気がしたので。
まあ、今までのが磨り減ってグラグラだったから、コレでもキッチリ固定されているように感じるだろうけどね(笑)

実は、取り付けよりも調整のほうが難しいクリートの装着。
あと4日間で、ポジション出しが間に合うのか?
しばらくジテツーはシナプス号で行くことになりそうです^^

 

|

« 道東プチサイクリング | トップページ | 日本最北端を目指して ~ 初日 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

オーイ!、装備編で終わりなのかい?
もう寝ているかもしれないけれど、
明日は楽しみましょう!
宜しくお願いします。(笑)

投稿: mugen | 2015年8月21日 (金) 22時57分

あはは、更新間に合いませんでした^^;
替わりに本番編は、内容盛り沢山でいきたいと思います。
お互い無事に完走しましょうね。
本日は宜しくお願いします^^

投稿: タクランケ | 2015年8月22日 (土) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/62103747

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の準備~装備編:

« 道東プチサイクリング | トップページ | 日本最北端を目指して ~ 初日 »