« ブルベ十勝岳に向けて | トップページ | ブルベ十勝岳300km~その2 »

2015年8月 6日 (木)

ブルベ十勝岳300km~その1

8/1(土)の夜。
この日はBRM801十勝岳300ブルベの日。
集合場所はなんと、大通公園ビアガーデンのすぐ横^^;
ブルベは止めてビールを飲みたいねー、と参加者と談笑。
スタート前からヤル気を削ぐような場所を選ぶ主催者って…
実は、もうすでにブルベは始まっているのだ(笑)

0801
写真提供 R-Sapporo

今回は20数名と参加者は少ないが追加募集もあり、もう少し人数は増えたようだ。
mugenさんご夫妻も参加され、知り合いが増えて心強い^^
他にも泥人形さんやkazさんの小径車コンビもいる。
小径車で300kmを、それも十勝岳を上るこの二人って…^^;
そして相変わらずFATなBIKEのkaba3さん。
もうついて行けません…^^;

そしてpenさんご夫妻が応援に駆け付けてくれました。
ありがとうございます。
これで元気を頂きましたよ^^
頑張りますぞー!

201508012

スタートは大通公園横をパレード走行。
ビアガーデンの客にしっかりアピールもね(何を?)。

札幌市内は集団で走ったが、江別市でバラけて一人旅に。
国道12号の手前でkaba3さんが追いついて来た。
しかしそれも束の間、FATBIKEの前輪がパンクし、kaba3さんやむなくストップ。
先に行ってくださいと言われ出発したが、風の噂では持参したボンベ3本(!)投入してもエアが充分入らぬまま、その状態でPC1まで自走したという。
それも時速35km/hぐらいで!
後続の人、ロードでついていくのがやっとだったいう話し。
やっぱりkaba3さんスゲーっすわ…

江別市の外れで前方に小径車発見。
201508013

途中まで一緒の集団にいたkazさんかと思ったが、なんと泥人形さんではありませんか。
kaba3さんのパンク騒動の間に抜かされていたようだ。
泥人形さんは25km/hぐらいで淡々と走っていて、このペースを維持するのだという。
さすが600を完走した人、ちゃんと自分のペース配分を把握している。
ブルベは、最後まで走り続けることが大事なのです。
自分みたいに、ドワーっと走って後半ガタガタは愚の骨頂^^;
その後は自分が先を行き、それぞれ単独でゴールを目指します。

 
PC1三笠市いちしきり(市来知?)はスタートから53.3km地点。
予定より30分近く早く、22:20に到着。
スタート前に食事したので、ここではアクエリアスとデカビタCを補給。
何かぼーっとしていて、泥人形さんが来た時に一瞬判らなくてスミマセン。
多分、ブログで紹介していた被り物で気付くのが遅れたかな^^;

PC1出発も一人。
桂沢湖畔から富良野へと続く峠道、夜間で周囲がよく見えない。
おまけに霧が出てくる始末。
っと、ピョ~ンとキツネが飛び出してきた。
ピョン吉ならぬ、平面ギツネの「コン吉」にしてやろうか(笑)
なんて、この時は恐怖心でいっぱい。
スタート前に狐や鹿には、とくに下り坂はご注意くださいと脅されていたものだから、ベルをチリンチリン鳴らしながら慎重に下っていった。

恵庭600の時、突然鹿が横切ってビックリしたことがあった。
その差、約5mぐらいか。
一頭出たら続けて出るというが、この時はソイツだけで終わった。
二頭めが跳び出たら、激突したかもしれない。
それが脳裏に焼きついていたので、細心の注意を払ってのダウンヒルだった。

いよいよ上富良野町。
201508014

看板にも十勝岳温泉の文字が出て来た。
ああ、もうすぐそこまで上るのかー、っと少し憂鬱^^;


75.5km地点、PC2上富良野到着。
予定より40分早い2:20、なかなかいいペース^^
ここではカップうどんと調理パンにレッドブルのコンビニメシ。
 
さあ、いよいよ1,000メートルの上りに挑戦だぜ!



続く

|

« ブルベ十勝岳に向けて | トップページ | ブルベ十勝岳300km~その2 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

待ってました!
なるほど、こんな感じの位置関係だったのですね~。
みなさんのブログを見るのが楽しいです^^
 もし鹿ぴょんだったら相当びっくりしたでしょうね
((((;゚Д゚))))

 CO2ボンベ、私一度買ったことありますが、大きいやつがありますよね、MTB用の。それを3本でも足りないとしたら・・・((((;゚Д゚)))) 

投稿: pen | 2015年8月 6日 (木) 19時12分

おーい!ずいぶん褒めすぎですよ~いつも速くて元気良いのは最初の平地だけですから(汗汗)

いや、ホント、ビックリしました!フロントタイヤのエアがだんだん抜けてくると、全然スピードに乗らなくマシンが重くなり直進安定性も無くなるんですよね~最初、アスファルト路面が「粘着ハエ取り紙」みたいにおかしいと感じてましたが、ただのパンクでした~(爆)

チューブ交換修理は大した事ないですが、その後のエア注入は困ったもんですね(薄野200の時の、タクランケさんの気持ちが痛い程わかりました)

このおかげで勉強しましたので、次の宗谷岬はパンクしても大丈夫です!巨大ポンプ&CO2ボンベを沢山(ランボーの機関銃の弾)みたいに携帯?&シーラント入り修理缶&GSで車の空気入れ対応の米式バルブなどなど備えようと思います。
↑それでもまだファットで走るのかって(アホだね~汗)

次は、いよいよ山頂目指すのですね!楽しみにしています( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: kaba3 | 2015年8月 6日 (木) 22時41分

penさん

お見送り&応援ありがとうございました^^
結局のところ、野生動物に遭遇したのはキツネ一匹だけで済み、ほっとしましたよ。
怖い怖いと思っていると、葉のガサッという音だけでビクビクしちゃいます^^;

FATタイヤにはボンベ3本でも足りないんですね~
パンクなんぞするものではありません(笑)

投稿: タクランケ | 2015年8月 7日 (金) 10時35分

kaba3さん

フロントのエアが少ないと、ハンドルを切ってもタイヤがついてこない感覚ですよね。
初めてFATBIKEで冬道を走った時、違和感ありありでした。
でパンクしちゃったわけですが、kaba3さんは飛び道具(CO2ボンベ)を持っていたのでまだいいほうです。
自分なんか手コギでしたので、余計に疲れましたよ(笑)

次回はボンベいっぱい持って走ることにします。
あ、宗谷岬はロードで行きますからね~^^;

投稿: タクランケ | 2015年8月 7日 (金) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/62017651

この記事へのトラックバック一覧です: ブルベ十勝岳300km~その1:

« ブルベ十勝岳に向けて | トップページ | ブルベ十勝岳300km~その2 »