« 薄野200を走ったら ~ スタート編 | トップページ | 薄野200を走ったら ~ 最終編 »

2015年6月 3日 (水)

薄野200を走ったら ~ トラブル編

続きから

突然、パーンと大音響が周囲に鳴り渡り、リアが横に持って行かれた。

パンクしちゃいました(ToT)
 
その割にはイイ音だったなー。
チューブを引っ張り出してビックリ。
バースト(破裂)してました…

20150601

帰宅後に撮ったものです。

えー、何でー?
それもPC1目前にして大幅なタイムロス><

予備のチューブ(SURLY  FATタイヤ用)と交換したが、問題はエアの注入。
インフレーター(トピーク ミニモーフ)でFAT用チューブに入れるのはねぇ^^;
何度ポンピングしても全然膨らまず。
その内に手が疲れてきて交替^^;
OHTKさんと泥人形さんにも手伝ってもらいエアを入れる。
 
PC1小樽銭函 49.1km地点 11:14着。
CLOSE時間の42分前…あぶねぇ^^;
いや~、汗がすっかり冷や汗に変わりましたわ(笑)

それでは気を取り直して、PC2目指してGO!

 
と動き出した途端に、タイヤがリムから外れる。
前を行く泥人形さん、気付かずに先へ行ってしまった><
OHTKさんが残ってくれて、2人で作業再開。
せっかく入れたエアを抜き、タイヤビードをリムに嵌めこみ、再びポンピング。
走ってもいないのに汗をかき、何とか充分にエアが入った。
よ~し、泥人形さんに追いつくぞ!
と思いきや、またまたリムから外れる…


見かねたR札幌スタッフさんも見守る中、3人で作業再開。
エアーを入れていくと、ある一定以上でビードが浮いてくる。
それ以上ポンピングするとタイヤが外れてしまうようだ。

2人にタイヤを抑えてもらい、ビードの浮きを防ぎポンピング。
あまり入れるのも怖いので、低圧のまま出発した。
この時、すでに11:45。
1時間も貴重な時間を失ってしまった。
PC1で、すでにDNF目前…
スタッフには、再度外れたらDNFしますと伝え、背水の陣でPC2へ向かった。
 
でも、朝里峠の下りで起こらなくてよかった。
ブルベの神様に感謝です<m(__)m>


低圧だと思うように速度が上がらず、予想以上に疲労も溜まる。
手伝ってくれたOHTKさんを引っ張って走るが、途中でバテて交替。
ホント世話を掛けっ放しで申し訳ありません…(滝汗)

なんとかPC2セイコマ厚田に到着したが、
チェックイン14:00と、CLOSEの50分前。
おおー!セーフ!^^
 
グルメを楽しむ時間的余裕も無く、コンビニメシで我慢。
なんと泥人形さんが我らを待って下さっていて大感謝!
食後は早々に出発する。
あまりにも早々過ぎたので、走ると横っ腹痛くて^^;

 
ここでFATBIKEのヒルクライムバトルが始まった!

先頭のkaba3さんを追う泥人形さん。
201506011


さあ、並ぶかー!
201506012


kaba3さん、見事フリきりドヤ顔ー!の図(笑)
201506013


その頃、自分はというと…
201506014

またまたパンクですわ…(ToT)

場所№28 町道Y字路ゲートのすぐ手前。
(内輪にしか判らなくてスミマセン)

今度は仲間がいないので、一人でパンク修理。
予備のチューブは無く(FAT用チューブを2つ持つのは至難の業)、イージーパッチで補修。
また、エア入れるのかよ…とうんざり。
ボンベ2本持参していたが、またタイヤが外れるかもしれず使えないし。
その間、数台の参加者たちが脇を走り抜けていく。


泥人形さんから、「どうしましたか?」と連絡が入り、事情を説明し先へ行ってくださいと伝える。
「PC3でギリギリまで待っていますから」と言われ、ハッチャキこいてポンピング。
ビードが浮いてきたらタイヤを叩いて嵌める。
よーし、こんなもんでいいだろう。
と思いきや…
バルブの先が曲がって締まらない(T_T)

ミニモーフを地面に置きポンピングしてエアが入ってくると、当然タイヤの厚みが増す。
ホースが短くてバルブの先端が曲がってしまったのだ。
手で曲げようと思ったが全然曲がらない。
バルブにミニモーフの口金を差込み、エイヤと逆に曲げてみた。
あ、曲げ過ぎちゃった^^;
もう一度。
まだダメだ。 

この時点でDNFの文字が脳をよぎる。
左右にグイグイ曲げられてバルブの先が心配だったが、何とか締まるようなった。
この作業で相当エアが抜けたので(ToT)、またまたエア注入。
もう、腕パンパンですわ。
低圧(帰宅後に測ったら0.4気圧だった)で再スタート。
 
 
この時、16:46。
PC3は16kmも先にある。
制限時間は17:40、タイムアウトまで残り54分… 
いよいよDNFへのカウントダウンが始まった。
 
やべぇぞ、おい…

 
というところで、またまた続きます。

|

« 薄野200を走ったら ~ スタート編 | トップページ | 薄野200を走ったら ~ 最終編 »

FATBIKE」カテゴリの記事

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

さすがパンク大魔王の異名を持つだけあるな〜(笑)と思い読んでいると、シャレにならない事になっていたんですね。事故にならず良かったです。

投稿: Aki | 2015年6月 3日 (水) 07時42分

読んでいて手に汗握るブログ久々^^;
 事故にならずしかも自己完結(予想)され、しかも完走なさったのでしたら大勝利ですよ~。
疲れっぷりは心中お察し申し上げますが・・・・・。
私の去年の雄武400でスタート2km地点でのチューブレスタイヤパンクですら相当あせったのに、その比じゃないですね^^;

投稿: pen | 2015年6月 3日 (水) 09時10分

なんとも恐ろしいパンク地獄。
タイヤはエンドモーフでしたでしょうか?

修理で時間を取られることも辛いですが、0.4気圧は辛すぎますね…。

投稿: w妻 | 2015年6月 3日 (水) 11時55分

Akiさん

パンク大魔王の名は過去のものだったのに…^^;
さすがに2回は参りました。

>事故にならず良かったです。
ホント、スピードの乗ってる峠の下りだったら、落車もあったでしょう。
朝里峠と張碓峠を越え、桂岡の坂を下りきって信号待ちで停車後、すぐのバースト。
おかげで大事には至りませんでした。
これはもうブルベの神様に感謝ですね^^

投稿: タクランケ | 2015年6月 3日 (水) 13時23分

penさん

お騒がせ致しております^^;
今回はトラブルの総合商社になってしまいましたが、身体だけはノートラブルでした。
ですが、今は両脚筋肉痛で唸っております(笑)

パンクは焦りますよね。
スタート2km地点なら余計にそうでしょう。
私はパンクよりもバルブの先が曲がった時のほうがショックは大きく、この時はホント焦りました。
いや~、薄野200は記憶に残るブルベになりそうです(笑)

投稿: タクランケ | 2015年6月 3日 (水) 14時19分

w妻さん

タイヤはSURLY ブラックフロイドというFAT用スリックタイヤでした。
考えてみれば、昨年の大夕張200に出た時もこのタイヤに1気圧程度しか入れておらず、今回もこれで走れてしまうところがFATBIKEの懐の深さなのでしょう。

意外と重くは無かったですよ^^

投稿: タクランケ | 2015年6月 3日 (水) 14時35分

ブラックフロイドは、泥人形さんのご意見も合わせるとパンクに強い、、わけではなさそうですね。シュワルベからコジャック26×4,0なんて出ませんかねぇ。

投稿: 店主A | 2015年6月 3日 (水) 14時58分

私の見えない所(ステージ)で、めちゃめちゃ大変な事になっていたのですね(汗汗)

「FATBAIKEのヒルクライムバトル」← 爆笑です!

あの坂道で自分は、汗だらだら流し必死でしたが、泥人形さんは★涼しげな表情★で余裕ありありで登っておられましたが気のせいでしょうか??その後も何度か、楽しくご一緒でしたが、泥人形さんに先行かれてましたよ~恐るべし(^^;) 途中で、お○っこちびりました。

「場所№28 町道Y字路ゲートのすぐ手前」で・・・こんな事になっていたとは(汗汗) 
 
 次、再スタートし時間との戦い、爆走劇が始まる予感。

限られた時間の中で、修復し汗だくになり想定外の耐力を消耗しそれを見事克服されてる姿を思い浮かべ感動しております!

もし、自分がこの様な事件に遭遇したら間違いなくDNFしていると思います・・・ファットタイヤで未だパンク経験の無い自分には、大変勉強になりました。

投稿: kaba3 | 2015年6月 3日 (水) 15時29分

店主Aさん

Black Floydで走行中、初めてのパンクでした。
耐パンク性能を強化したFATスリック、需要があると思うんですけどね~。
オンロードでも使えると、FATBIKEの裾野も広がるでしょうに。
ブルベに出ようとかね(笑)

投稿: タクランケ | 2015年6月 3日 (水) 16時12分

kaba3さん

FATのヒルクラバトル、雰囲気出てるでしょう(笑)
実際にあんな感じでヒョイヒョイ上ってましたからねぇ。
(二人とも凄いです…)
自分は全然ついて行けなくて、こちらもショックでちびりそうでした^^;

想定外のトラブルが続き、自分でもよくめげなかったと思います。
これは一緒に走る仲間がいたからこそで、とにかく必死の思いで対処してました。
単独走なら、PC1の時点でDNFでしたよ。
(あそこからなら自宅も近いし^^;)

>次、再スタートし時間との戦い、爆走劇が始まる予感

まさしく!
いや、それしか方法ありませんってば^^;

投稿: タクランケ | 2015年6月 3日 (水) 16時42分

薄野200お疲れ様でした~。今回は山あり谷あり雨ありパンクありと、ブルベ中最短距離ながらも非常に濃厚なライドとなりましたね。この先の展開はもちろん自分は知ってるわけなんですが、タクランケさん視点での奮闘記を楽しみにしております。

投稿: 泥人形 | 2015年6月 3日 (水) 22時45分

泥人形さん、お疲れ様でした~!

今回ほど中身の濃いブルベは初めてでしたね~。
皆さんのトラブルを一手に引き受けたと思うことにします^^
結局、泥人形さんとご一緒出来たのは全行程の2/3程度、なので残りの走行記は自分も知らないわけです。
逆に楽しみにしておりますよ^^

投稿: タクランケ | 2015年6月 4日 (木) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/61679582

この記事へのトラックバック一覧です: 薄野200を走ったら ~ トラブル編:

« 薄野200を走ったら ~ スタート編 | トップページ | 薄野200を走ったら ~ 最終編 »