« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

視界の確保

BRM531薄野200はもう明日。
今回は200kmと距離は短い(?)ものの、問題も多い。。
昨年の大夕張200以来の「FATでブルベ」、あの時は脚攣りまくりだったもんなぁ…
しかも、当日は雨マークがついているし。
雨といっても予報は「時々雨」、本降りではないことを祈るのみ。
雨のロングライドはイヤなものだ。
土砂降りならDNS(Do Not Started)するかも。
まあ、「時々雨」を信じて、薄野200を準備しよう。

 
雨天は視界確保に苦労する
サングラスのレンズには水滴が付くし、内側も曇る。
視界が非常に悪くなるのだ。
高級サングラスなら曇り防止加工レンズが装着されていても、自分の安モノはそんな立派ではない。
せいぜい曇り止めスプレーで対策するしかないのだ。
しかし、それも限度ってものがある。
効果は長時間持続しないだろう(100均のは特に)。
視界不良の中、レンズをフキフキしながら走る?
雨でタオルも濡れ、拭き取る筈が余計に視界不良に。

ああ、いったいどうすればよいのでしょう!
 
 
って、自己解決しました^^;
こんなモノが自宅にあったのを思い出したもので。
それがこれ。
 
20150530
 
何か判らないでしょう。
これがこうなってああなって、こんなことをすると出来上がり。

詳細はコチラコチラも
 
 
本来の目的は雨天のジテツー用だが、意外と真冬の吹雪でも視界確保が出来るのでは、と期待をしている。
猛吹雪の時は目も開けられないもんね。
幸いにも昨シーズンは使う機会も無く、思えば穏やかな冬だったかも。
で、今回の雨予報でふと思った。
もしかしてブルベにも使えるのではないだろうか。
これならサングラスも不要で、視界が曇る心配をしなくてもよい。
雨でもブルベに専念出来ます!
 
しかも、値段が安くて助かるわ~♪
(ホントはシールド付きのヘルメットが高くて買えないだけ^^;)


 
でも、「時々雨」程度では却って邪魔になりそうで、使用するかは当日の天気次第。
どうせなら、ドーンと雨降って来いってんだー!

 
いや、そんなに降ったらDNSだってば…^^;

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

薄野200を走ったら ~ 机上編

5月31日はブルベの日。
「BRM薄野200」という、すすきの発の大通着。
まるで市電の運行みたいなコースだ(笑)
だが、中身はまるで違う。
すすきの~定山渓~朝里峠~銭函へ。
その後、望来~厚田~当別~新篠津へ。
そして江別経由で札幌市内~すすきの~ゴールは大通。
たっぷり200kmもあるのだから。

山あり谷あり峠あり、川あり海あり湖あり。
自然の造形すべてを周る、なんとも贅沢なコースといえよう。
(湖は人造湖でした^^;)

それでは、机上の走行計画を立ててみよう。
参加マシンはKHS FB3000、スリックFATBIKEだ。

07:00 すすきの発。
     札幌市内は信号が多く、ペースは上がらない。
     ましてや予報の「時々雨」も少なからず影響。

11:00 73.6km地点 PC1銭函着。
     朝里峠でペースダウン、下りも路面が濡れていれば
     スピード出せません><
     11:56が通過締切なので、トラブルがあったら危険。

13:30 117.2km地点 PC2厚田着。
     ランチはこの辺で。いまのところ場所は未定。
     到着時間によってはコンビニ弁当で終わるかも。
     次のPC3までは無補給地帯が続くので、用意を忘れずに。

16:30 159.5km地点 PC3新篠津着。
     ここまでのルートがメチャ難しそう。
     キューシート&スマホナビでしっかり走りたい。

19:30 204.1km地点、ゴール。
     CLOSEが20:30なので、トラブル無ければセーフだ^^

 

と計画したが、大きな問題がある。
それが両脚の痙攣。
昨年の大夕張で初めてFATBIKEで走ったが、両脚攣りまくり^^;
重い分、脚に負担が大きかったか、補給が失敗したのかは定かではないが、いずれにせよこの点は注意が必要だ。
2RUN一袋ガブ飲みとかね。
って一袋2粒しか入ってませんが。
いつもは1粒ずつ飲んでいるので、贅沢な大人飲みにちょっとドキドキするわ^^; 

 
上記の時間は、あくまでも予定。
まあ、机上=空論ですから(笑)

 
今回は5台のFATBIKEが揃うそうで、これは楽しみです^^
こんなに集結するのは、北海道のブルベでは初めてでしょう。
ということは、注目されやすいってこと。
何だFATBIKE、やっぱり遅いじゃん!
って言われないよう、頑張ります。
(遅いのは事実ですが^^;)

 

尚、9月の大夕張200は不参加決定、現時点で2015のブルベ200は薄野が最後になるかもしれません。
(10月の日高200は多分不参加)
なので絶対DNF出来ないのですよ。
その為には心を鬼にして、仲間と一緒に行動はしないつもりでいます。
いや、仲間が遅いとかという意味ではありません。
(却って自分の方が遅い筈^^;)
自分の(遅い)ペースで走って休む。 

無理をした結果、両脚の痙攣でDNF…

という事態だけは避けたいのです。
昨年の大夕張がトラウマになっているなぁ…^^;)
なので、ご一緒しても自分が遅れるだけだし、周りのペースが落ちるのも忍びない。
それならソロで走り、スローペースに徹する。
最後まで脚を残しておくことが、有事の際の最後の砦となることでしょう。
それだけ、FATBIKEの怖さが身に染みているのです。

FAT仲間や小径仲間と談笑出来るのもスタートまで。
後は薄野一人旅。
その辺をご理解頂ければ幸いです。

 

これが400、600と繋がって、SRへの道となるように…

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

貧乏性

24日の日曜日、快晴。
様似400は未エントリーだったが、絶好のブルベ日和だった。
ただし、風は強かったかもしれないが。
風にも負けず距離にも負けずに完走した皆さん、まずはお疲れ様でした。

そして、オナベ400エントリーの皆さん(ってか一人)、見事完走されたことでしょう。
これまたお疲れ様でした^^ 

 
その頃自分はというと、数日前からの腰痛に悩まされてまして、屈むことも厳しい状態。
立ったままではソックスも履けない程。
しかもタチが悪いのは原因不明だということ。
もしかして体重増加が原因か?^^;

そんなわけで、週末に予定していた「FATで手稲山」イベントは中止。
まずは腰を治して31日(ブルベ薄野200)に備えねば。
それまで安静にしていようっと。

 
と思ったが、妻がホテルオークラで講演会だか何だかがあり、BD-1に乗って行くという。
自分もお供に(半ば強制^^;)ホテルまで一緒にサイクリングすることにした。

市内中心部へ行く時は、北大構内を走ると便利。

20150524

いつものクラーク像前で。
これが今年初の夫婦でサイクリングになったとさ^^

ホテルまで送り届けた後、自分はそのままUターンして帰宅。
その後、あまりにも汚いマイカーの洗車を。
勢いづいてWAXまで掛けてしまう。
マイカーは殆ど家内専用車だが、洗車だけは自分の役目。
割に合わない気もするが、万一のロングライドで走行不能になった場合、レスキューを頼まなくてはならない。
気持良く迎えに来てもらうためには、こうした普段の積み重ねが必要。
妻のご機嫌取りも大変なんすよ^^;
まあ、これで安心して遠出が出来るだけに、ある意味保険かな。

んなことやっていると、余計に腰が痛くなってきた。
やっぱり、妻を一人で行かせればよかったかも。

 
結局、休日はのんびり出来す。
これ、貧乏性ってヤツですかね^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

昼サイ

5月20日のこと。

昼休みを利用して、取引先へ向かった。
Bromptonで昼サイ^^
いいねぇ、平日の昼間にサイクリングだなんて。
週末にしか休めない、しがないサラリーマンには贅沢というもの。
用事を済ませた後、ルンルン気分で白石サイクリングロードを走った。

平日の昼間は、やはり一般車が多い。
たまにローディとすれ違うが、妙に浮いている感じ。
傍から見れば一般車と同じに見えるBro、違和感まるで無し^^;
せっかくこの辺まで来たので、何処かでランチでもと考えていたところ、前方にBrompton集団を発見した。

え? えーっ!

20150520

なんと、P^^ちゃん(PPSさん)、マリーさん、きゆーぴーさんだ!

 
P^^ちゃんは、不思議村の村長にして平成の遊び人(笑)
マリーさんはBro+TRAVOY使いで、アウトドア系の活発な女性。
そしてきゆーぴーさんは、2年前のブルベ大夕張200でご一緒し、Bromptonで完走した健脚の持ち主。
ロードでブチ抜かれた自分って…orz
旭川から自走して札幌でサイクリングした後、自走で旭川へ戻ったという伝説の持ち主だ。
それもBromptonで!
世の中には凄い人がいるものです^^;


何故3人がそこにいたとか、お前会社はどうなってんのよとかいう疑問は置いといて、平日の昼間にBro4台でサイクリングすることになった。
なんて贅沢なんでしょう!
周囲からはヒマ人と思われたかもしれないが^^;

マリーさんのリサーチで美味しいスープカレー屋さんがあるという。
P^^ちゃんの乗用車に大人4人とBro4台を乗せて向かった。
Broならではのコンパクトさゆえに可能なんだよな、これって。

しかし、定休日…(;ω;)

落ち込む4人。
お腹すいたー!
でもまあ会社の近くだったので、彼等とはお別れすることに。
みんなは別のところへ行ったみたい。
いいなぁ・・・(´Д⊂グスン

昼サイには、思わぬ出会いがあるかもしれませんね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

幻の初シコ

今月末のブルベ、薄野200。
ようやく参加バイクが決定した。
そうとなれば、早速走ってみたい。
なんせ冬以来、2ヵ月ぶりのコイツの出番だから。

コイツとはFATBIKE、KHS FB3000の初期モデル。
スリックタイヤのオンロード仕様で、ブルベを想定している。
ペダルはフラットだが、本番ではビンディングで。

 
自宅出発6:00過ぎ。
白石サイクリングロードを走る。
確か、彼等も6:30にはスタートしている頃だろう。  
多分、先を行っている筈だ。

途中の風景。

201505172

エゾヤマザクラだろうか。
花びらのカーペット、タイヤで踏むのが申し訳ないというか勿体無いというか。

 
多少寄り道をしてタイムロスとなったが、やがて…
いましたよいました、大集団が。
今日は南風自転車店主催の朝練、10数人(台)が集まったよう。
その中には、昨年のブルベ大夕張・函館をご一緒した泥人形さん始め、薄野200に参加するメンバーが揃い、ブルベ談義で大いに盛り上がる^^


サイクリングロードの終点、JR北広島駅で再び談笑。

201505174 201505173

駅舎の一角に自転車が集結。
さすがは自転車の街北広島、と思わせる光景^^

 
ここで自由解散。
札幌に戻る方もいれば、このままキャンプへ行くという猛者も。
自分は一人、このまま恵庭・千歳を経て支笏湖へ向かう。
支笏湖畔 幌美内(ポロピナイ)から札幌へ向けての急勾配、FATBIKEならトレーニングになることだろう。
今シーズン、初シコだ!(初めての支笏湖のことね)
 
 
北広島から島松へ、道道600から道道967を通って千歳市へ。
駅を越えて支笏湖通に入った。
ここからは緩やかであるが、上り坂が20kmに渡って続く。
途中、こんな場所も。

201505176

最終日の表彰式にはミスターも来るみたい。
右端は昨年優勝の石川遼選手。

 
ここでポツリポツリと雨が降ってきた。
え、天気予報では雨マークは無かった筈だぞ。
何にも準備してないし。
どうしようか、先を行くべきか引き返すべきか。
ここまで来たなら行くしかないでしょう、と上を目指し走り出した。
しばらく走るが、だんだん雨が強まってくる。
とそこへ、上(支笏湖側)から下りてきたローディ、

「上、雨っすよ、雨!」

 
と、すれ違いざまに大声で叫んでくれた。
一瞬のことでお礼も言えずじまいだったが、ここは同じ自転車乗りの言葉を信じ、やむなくUターンすることに。

ああ、初シコが幻となっていく…orz


来た道を戻っても面白くないので、R36を走った。
天気は快晴、さっきのは何だったんだよ!
とムカムカした途端に腹が減るのは何故?^^;
本来であれば支笏湖越温泉辺りで休憩し、真駒内で食事をする計画だったが、予想外の展開に焦る焦る。
この界隈の飲食店情報を何も仕入れていなかったからだ。
まあ、適当にどこかへ寄ってみよう。


しかし、時間は11時前。
千歳市のラーメン屋に入ることも出来ず、お隣の恵庭市へ。
そうだ、恵庭には「おとん食堂」があったな。
思い出して向かったが、一瞬遅かったか。
ローディの集団が店内に入っていき、路駐のクルマが何台も。
時間は11:10頃、さすが人気店はこんな時間から激混みですか><

泣く泣く諦め、先へ進むことに。
国道の反対車線側の飲食店、もう我慢の限界とばかり飛び込んだ。
ハンガーノック寸前でしたよ、もう^^;

201505177

ここ、珍しくもなんでもないが、背に腹は代えられぬ。
ハラ減ったんだから~♪
 
かけうどんとちくわ天で、ようやく生き返った~(笑)
ヘルメットとサングラスを外し忘れたお陰で、他の客からジロジロ見られたが、自転車生活が長いと、
羞恥心、ありませんから!(爆)
 
 
その後は北広島からエルフィン~白石CRと走り、途中でスーパー銭湯に寄った。
湯舟で右太腿が攣り、痛くて身動き出来ず苦悶。
ということは、もう少し走ったら走行中に攣ったのかも。
それだけ脚に負荷が掛かっていたのだろう。
だってFATBIKE、重いんですもん^^;
スリックタイヤにしたところで、ヘビー級はやっぱりヘビー級。
まあ130km走って補給はうどん(とちくわ天)のみ、補給不足だったかもしれないが。


ということで、今回はあまりトレーニングにはならなかったな。
(距離は走ったが、ほぼ平地という意味で)
次はヒルクライムで鍛えようと思う。

次回は「行くぜ、FATで手稲山!」です^^

まあ何度も言いますが、ブルベは完走が目的なので、アタックは全く意味がありません。
と、タイムが遅い言い訳を、今から言っておこうかなと^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

2つの輪行スタイル

GW中は風邪引きさんで、実家にも帰らずじまい。
ようやく明けてから回復したので、顔でも出してくるか。
と、この間の土曜日の午後、田舎へ向かった。
勿論、自転車で。

自走で、とは言わない。
荷物が多かったせいもある。
本来ならマイカーで行くところだが、自転車ブロガ-としては敢えて自転車で行くのが筋というものだろう。
ネタにもなるし。 → これ重要(笑) 

 
ということで、JR輪行の旅。
相棒は今年初のBrompton & TRAVOY。
この組み合わせは、昨年の貨物自転車の集い以来だな。
自走はもちろん、輪行も大得意の2台です^^

Bromptonはシート前のスペースにスポッと入り、

201505101

 
TRAVOYも同じく省スペースで鎮座している。

201505102

このようなセパレート型輪行スタイルは、車内がスカスカの時に可能だ。
田舎の路線とかね。
(ウチの実家がまさにそれ^^;)

 
一方、大都市札幌圏では乗客も多く、更に省スペース化が必要。

201505103

上にBrompton、下にバッグ取り付けの図。
TRAVOYを使った最強の縦型輪行スタイルだ。
これなら多少の混雑時でも安心^^
但し難点は、重心が上に来るので不安定なこと。
支えていないとバタンと倒れる恐れがあります。

というわけで、状況に応じて2つの輪行スタイルが可能なこのコンビ。
都市間バスではセパレートにしてトランクへ、JRや地下鉄では縦型にして身近に、なんて使い分けも出来る。
また、TRAVOYはカートなので車輪が付いており、転がし輪行が超簡単。
折り畳み小径車だけではなく、ロードやMTBといったフルサイズの自転車でも、工夫次第では可能だろう。
正直、使えますよこれ^^



今シーズンはこのコンビの出番をもっと増やしたいと思っているが、あまり機会が無いのが正直なところ。
だって、荷物も無いのにTRAVOYだけ引っ張っていってもね…
TRAVOYが大容量を収納出来るからこそ、逆に荷物が少ないと出番が無くなるのは、ある意味宿命みたいなもの。
解決策としては、荷物が有る無しにかかわらず自転車にTRAVOYがあることなんだけど、これが出来ないから悩んでいるのだ。
何か良いアイデアはないだろうか?

 
ちょっと思ったことがあったので、今度試しにやってみます。
レポはその時に^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

のんびりグルメライド

GW最終日。
この日は晴れでサイクリング日和だが、風は強め。
朝からゴーゴー唸ってますが。
大丈夫かなぁ…

そんな日にもかかわらず、お二方がご一緒してくれました。
Akiさんと55SXさん、自分の3人でのんびりグルメライドです。
55SXさんは初めてご一緒する方、最初55って年齢かなーと思っていたが(失礼^^;)、実際にお会いしたところ若い方で、細身でいかにも走りそうな感じだ。
皆さん、どうぞ宜しくお願いします。
風邪を引いているのでお手柔らかにね^^

 

家を出たのが7時。
少し早過ぎたので、前田森林公園をぶらついてみる。

201505061

201505062

カメラを携えた方にご挨拶し、少しお話しをした。
この場所って、意外と知られていないんですよ、と言う。
殆どがペットの散歩、小さい子供連れの家族、スポーツ施設利用等で、ここまで来ないらしい。
折角造った施設も活用されないなんて、税金の無駄遣いですよね?
と笑いながら言うので返答に困った^^;
その昔、札幌を豊かな都市に建造しようと、当時の板垣札幌市長の素晴らしい置き土産なんだそう。
前田森林公園の花々が咲き乱れる頃、ポプラ並木が色づく頃、移りゆく季節を写真に記録しているそのご老人、貴重なお話しをありがとうございました。

 

201505063

それでは3人で出発進行!^^

小樽石狩通りを経て国道231号線を行く。
追い風でぐんぐん進むが、帰り(絶対向かい風)が心配…^^;
国道の交通量が多く、裏道に回避した。
いきなりヒルクライム!
坂好きAkiさん、前に出るか!
と思いきや、どんどん遅れて差が開く一方。
聞くと、膝を痛めているらしい。
そうとは知らず、本日は坂をバンバン入れたルートですみませんでした。

国道に戻り、ぐ~んと下って望来のパークゴルフ場で一休み。
楽しく話しをしていると時間が経つのが早いこと、もうお昼ですわ。
そろそろグルメタイム。
重い腰を上げて再び走り出した。
山側へ向かい林道を走ったところ、いきなり砂利道…
ここは涙を飲んでUターン。
ごめんなさい、ルートラボでは舗装路か砂利道なのか判らんのですよ。
事前に下調べをすべきだったと猛省。

 

国道に戻り、道道527に入ると自転車には快適な道。
やがて上りが始まった。
いつまで続くのか、とゼイゼイ走っているさなか、唐突にそこは現れた。
201505065

201505064

焼肉亭おおむら さんです。

入って、いきなり洗礼を浴びた我ら3名純情派。
201505068

カラオケー!?
店間違えたか^^;

場所柄、誰にも迷惑が掛からないし、こんな寂しい場所なら音ぐらい出さないと物騒かもしれない。
実際に女将、キツネや鹿はいるけど熊はいないからと笑っていたし。
ここは地域の社交場なのだろう。

201505066

生ラムジンギスカンに上ホルモン、ライスをオーダー。
時計は狂っていたけど、味は本物だ(笑)

201505067

ホルモン1人前が、凄い盛り!
それにしてもここの女将、ノンアルコールビール(350ml缶)を頼むとジョッキーに入れてくれて雰囲気だけは本物にしてくたり、自転車で来たのならボトルに水入れてあげるよとか、何とも気配り心配りが出来たお方。
特に、自転車乗りに理解があるのが嬉しい。
これは、先に来られた自転車乗りたちのマナーが良かったからだろう。
この伝統は我々も受け継ぎ、次代に引き継がねばならない。
3人とも愛想良く振舞ったおかげで、隣のテーブルのおじちゃんから漬物の差し入れを頂きました(笑)

 

ああ食った食った。
それでは出発しましょうか。
しかし、ここはまだ坂の途中だったのだ。
上りはまだまだ続く…ゲップ。

五の沢から高岡を抜けオロロンラインへ。
サーモンファクトリーで休憩。

2015005069

お約束の一枚(笑)

 
Akiさんありがとうございました。
早く膝を直し、今度は自分を牽きまわして下さい。
日曜日の手稲山朝錬、宜しくお願いします。

55SXさん
初めてお会いしたにもかかわらず、全然そんな気がしない(笑)
自転車以外にも趣味が多く、いろいろ大変でしょうが、またお付き合いください。
今後とも宜しくお願いします。


本日、それでも95kmぐらい走ったようだ。
リハビリ走にはもってこいでしたね^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

幻の酒という酒

留萌300が終わった。
今、自分はどうしているかというと、風邪でダウン中。
多分、ブルベの翌日、居間で布団も掛けずに寝たのが悪かったんだと思う。
さらに、ロングライドで疲弊し、抵抗力が落ちていたのかもしれない。
巷ではGWで行楽シーズン、という時期に風邪だなんて・・・
喉がやられ、鼻水止まらず涙目…
この風邪を留萌300にちなんで、「留萌風邪」と言いたいが、寒くて体力を奪われたのは当別青山だから、「青山風邪」かな。

そんな青山風邪は妻にも猛威を振るい、夫婦揃ってゲホゲオ・グズグズ・ジュルジュルと不協和音を奏でている。
すでにブルベから2週間、いまだ回復せず。
青山風邪、本当タチが悪いんだからもう。

 
せっかくのGW、何処にも行けねぇ!
なのでお金を使わず、ますます貯金が増える一方。
(本気でそんなこと言ってみたい^^;)
実際のところ、増えるのはストレスとため息ばかりですがな^^;

そんなストレスを解消するのは、やっぱり○○でしょう!
○に当てはまる文字は?
答え:サケでした。
自転車でなくてすみませんね^^;

 
今日のお酒はこれ。

Maboroshi2_2

「幻の酒」という名前の酒。
ラベルにそう書いてあるだけで、全然幻じゃないじゃん!
という批判はさておいて、サケ呑みはこういうネーミングに弱いのよ^^;
その弱みにつけこんだ商品でしょ?
いやいや、そう簡単に済まない薀蓄がこのサケにはあるのだ。

このお酒が発売されたのは昭和48年。
時は日本酒全盛時代。
しかし、その殆どがマゼモノ(それが悪いとは言わないが)で、そんな中で本物の酒を造ろうとして世に出たのがこの酒だ。
本物の酒、純米酒を。
この当時、純米酒は希少ゆえに「幻の酒」だったのかもしれない。

それが現在までブランドとして残っているのは、
多分、旨いからだろう。 → 呑んだことが無いので想像

酒の殆どは広告で飲ませる買わせる、販促物(買ったら付いてくるやつ)やマネキン販売が主流。
広告は耳に残るが、旨いものは脳に残る。
邪念にとらわれず、良いものを選びたいと思うのである。

それでは、乾杯。


ん~、サラっとして呑み易く少し甘口。
でも…
鼻が詰まっていて正直判りません(爆)
折角の幻の酒が台無しだわ…orz


体調の良い時に呑めばよかったと後悔です><

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »