« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

激走!留萌300km ~ ファイナル

SR(スーパー・ランドヌール)様たちとご一緒することになった。
mugenさん、penさん、自分の順でPC4を目指す。
留萌300で一番の難所はこの区間。
沼田~北竜~雨竜~新十津川~当別青山~当別市街地までの長丁場、距離にして103.2kmという厳しいコース。
しかも向かい風ときている。

ここさえ乗り切れば、完走はほぼ手中に収めることが出来るだろう。
頼もしいお二方の後ろをひた走って乗り越えようと思う。

201504291

ついて行きますぜ、アニキ達!(笑)

 
この区間の攻略は補給にある、といっても過言ではない。
雨竜町のコンビニを過ぎると、当別までは補給地ゼロだ。
70km以上無補給地帯を走らなくてはいけない。
そんな中、penさんが北竜町で食事をしようと提案。
この先は雨竜にコンビニがあるだけなので、渡りに船とばかり立ち寄ることにした。

道の駅 サンフラワー北竜。
ここのレストランでちょっと早いお食事タイム。
私がオーダーしたのは、もちろんラーメンですよ。
だって、悔しいんだもん。
2人とも念願のラーメンを頂き満足している中、自分だけカップラーメンでさ^^;
期間限定という「黒千石醤油ラーメン」をオーダーした。
(期間限定って言葉に弱い自分^^;)

最初は黒醤油ラーメンだと勘違いしていたが、黒千石という大豆を使った、豚骨でも鶏ガラでも魚系でもないスープだというのだ。
どんなラーメンなのか?

201504292

こんなラーメンです。

スープを一口飲んでみた。
あれ、意外に和風。
鰹節と煮干のコラボスープって感じだろうか。
見た目と違ってあっさり優しいお味。
あれ、黒千石ってどこ?
穴開きスプーンが付いていて、これは丼の底に沈んでいる黒千石大豆をすくう為だと後で判った。
胃にもたれず、美味しいラーメンだった。
これで2人にラーメンでは並んだな(笑)

さあ、向かうは最大の難所、青山ダムへの山岳コース。
ラーメンパワーでサクっと越えちゃいましょう~♪

 

日没とともに迫り来る冷気。
道路脇には雪がたっぷり残っている。
急激に気温が下がり、慌てて防寒対策。
問題はボトムスだ。
ビブの下用にアンダータイツを持参してきたが、コレを履くには一度素っぽんぽんになる必要がある。
着替え場所、無~い!
ここは素直にアウター持参がベストだったと後悔。
着替えは諦めました(ToT)

 
周囲は真っ暗闇。
街灯は無し。
頼みはハンドルバーに取り付けたライトのみといささか心細い。
幸いなことにこの時期は虫がいないのがよかった。
昨年より2ヶ月も開催を早めたという留萌300、もしかして虫対策が理由だったかもね。

ずっとmugenさんに牽いてもらっていたので、今度は自分が前に出た。
好きに走ったので、先を行く人たちを抜いていった。
絶好調!
このままゴールまで行けるかも。
この時は本気でそう思っていたのだ。
しかし、その状態は長く続かなかったとは…

 

お尻が痛み出してペースを落とす。
サドルから腰を浮かせて痛みを緩和させていたが、だんだん腰を上げる間隔が短くなってきた。
そして、次にやってきたのが脱力感。
脚に力が入らず、速度を維持できない。
自分ではてっきりサドル痛が原因だと思っていたが、どうやら体内のエネルギーが枯渇してきたのだろう。
しかしこの時、そんなことは知る由も無い自分、ついには平地で15kmもやっとの速度しか出なくなっていた。
頭の中では「おかしいぞ。おかしいぞ」と警鐘が鳴っているが、意識がシャキっとせずそのまま進む。
更に速度は落ちてきた。
あーもう駄目だ、一旦休もう。

 

と思ったとき、前方にロードバイクが見えてきた。
停車していて、乗り手の方が座り込んでいる。
どうしたのだろう。
声を掛けると、フロントリムがフレてブレーキに接触し走れなくなったらしい。
生憎、ニップル回しは持ってなく、バイクを支えて作業を見守るしかなかった。
そこへpenさん登場。
自分の替わりにバイクを支えてもらう。
これで短時間ではあったが身体を休めることが出来た。

無事に作業も終了し(強引にスポークを曲げてました^^;)、3人で再スタート。
この時、少し休んで晴れてきた頭の中で、はっきりと悟った。
ハンガーノックかもしれない、と

penさんに先に行ってもらい、POWER BARとチョコバーを補給。
ブドウ糖と塩飴も口に放り込む。
この先で待ってくれていたmugenさん、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
(penさんがちゃんとフォローしてくれました^^)

そんなこんなでボロボロだった後半の走り、PC4に到着する少し前、ようやく体力が戻ってきた。
今頃体力が回復しても遅いわ!
もっと即効性のあるエネルギー補給食品を探さねばと思った次第。

PC4 7-11当別栄町  283.5km地点  21:40着 
AVS 19.3km/h
大ブレーキだし!><
それでも到着予想時間は23:30だったので、2時間近く速い^^
体力が戻ったので補給せず、ここはホットレモンを飲んで温まる。


さあ、あとは残すは20km弱。
ここまで来たら、もう楽勝です。
3人でしっかり走り、ゴールのさとらんどに到着。
ついにゴールです!^^

走行距離302km  22:52着
到着予定時間は翌1:00だったので、その日の内に完走出来たのは快挙ですね^^
もちろん、これはメンバーの協力無しでは到底不可能なタイム。

 
mugenさんの力強く頼もしい走りには感動すら覚えました。
自転車のこと、ブルベのこと、そして下ネタ(?)までと幅広い話題で我等を和ませてくださいました。
ありがとうございました。

penさんの淡々とした走り、これこそ見習わなくてはなりません。
ブルベという長距離イベントでは、アタックよりもペース維持が重要なんだと教わりました。
ありがとうございました。

kaba3さんのFATBOY、とてもかっこよかったです。
もちろん、乗り手もかっこよかったですよ。
あの後、自分もたまゆらの杜に行きました(笑)

tottyさんは何処まで高みに登りつめるのでしょう。
全てを制覇されたtottyさんなら、DAHONでも問題無いんでしょうけど…
それにしても凄すぎです。

そして、AJ北海道のスタッフの方、今回参加された皆さん、
お疲れ様でした&ありがとうございました。

 

今シーズン初ブルベは、こうして大成功に終わりました。
次は、薄野200に参加します。
 






 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

激走!留萌300km ~ 応援合戦

続きから

厚田で写真を撮っていると、mugenさんから「余裕だね~」と声が掛かる。
いえいえ、最初だけですよ。
後半になったら、もう写真を撮る余裕なんて残ってないのだから。
危惧していた通り、この先写真は少ないです。
ここで撮っておいてよかったかも^^


ここから先を行かれたmugenさんを追う。
ここで追いついておかないと、多分ゴールまでそれっきりこれっきり。
必死にペダルを回し、やがて前方に影が見えてきた。
やっと追いついたが、どうも調子悪そう。
後で聞くところによると、脚が攣りまくっていたそう。
先を行かせてもらったが、どうせ彼の事だもの、すぐ後ろについて来てるさ。
ブチ抜くことを虎視眈々と狙っているに違いない。
mugenさんの忍び寄る陰に怯えながら、必死に前を走った。

それが結果的には良かったのか、PC1 到着が9:40頃。
予定が10:30だったので1時間近く早かったよ。
スゴイねぇ、うんうん^^

 
「ブログやってますよね?」
と、ここで突然声を掛けられた。
何故判ったのかというと、ここで載せたヘルメット&ライトの記事を見てくれていたそう。
その方は、以前コメントしたtottyですと名乗ってくれた。

あー、tottyさん!

そういえば、Bianchiで参加するので見掛けたら声を掛けてくださいねとコメントをお返ししたものの、当日は違うバイク。
嘘っぱちで申し訳ありませんでした。
しかも、あのDAHONで参加された方だったなんて、ダブルで驚き!
そんな凄い方だったんだー。
そういえば、某ショップの店主が話されていたのを思い出しました。
そうか、あの方がtottyさんかー^^
お声を掛けて頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします<(_ _)>


PC1 セイコーマート浜益店 68.8km地点  所要時間2:40
AVS25.8km/h。
ここでは、ウィダー・イン・ゼリーと2RUN補給。
出掛けにしっかり食べてきて腹も減ってなかった。
しかし、その後じわじわとペースが落ちたところをみると、無理してでももっと補給すべきだったのかもしれない。


 
浜益を過ぎ、雄冬岬を周って増毛・留萌を目指す。
この辺りは景観も見事で、左手には奇岩がごろごろ、右手には白銀の滝があったりと、サイクリングなら絶好のコースだ。
しかし、私には景色を楽しんでいる余裕などない。
この時は知らない方々と4人で走っていて、先頭のペースが結構速い。
離されないように頑張るだけ。
しかし、それも上り坂までのこと。
坂で見事にちぎれましたよ(T_T)

201504281_4

100km到達が10:17頃(画像のプロパティを参照すると)。
スタートが7:00(正確には数分前)、3時間25分ぐらいとして、
AVS 29.2km/hで走ってきた計算になる。
嘘でしょ? ていうぐらいの走行ペースだ。
カメラの時計が合っていたらの話だけど^^;

 
増毛町到着。
噂の「甘海老しょうゆラーメン」の店の前、数台のロードバイクが停まっている。
多分、その中にはmugenさんもいる筈だ。
美味そうにラーメン啜っているんだろうなー。
積年の想いが達成され、まずはおめでとうございます^^
自分もその中に加わりたかったが、後ろ髪を引かれる思いでスルー。

留萌市に入った。
ここでもpenさんが美味そうにラーメンを啜っているんだろうなー。
ここも涙を飲んでスルー。

 
ところで、留萌管内はちょうど選挙中、最終日とあって選挙カーがひっきりなしに通る。
手を振ってくれるので(私にではないが)、こっちも手を振って応えたところ予想外だったのだろう。
「キャー、頑張ってくださいー!」

と、車の窓から一斉に手を振られ、逆に応援されてしまう^^;
調子に乗って、すれ違うたび選挙カーに手を振り続けた。
まるで応援合戦(笑)
選挙区内の住民でも何でもない、ただの通りすがりに応援ありがとうございました。
そして大変お騒がせ致しました<(_ _)>

 
ここで妙案。
mugenさん、penさんが食事をしている隙に、先にPC2へ到着する。
そこで2人を待ち、この先ご一緒しようと企んだのだ。
タクランケだけに^^;

チクショー、あっちは本物のラーメンなのにさ…
カップラーメンをズズっと啜りミニ弁当をパクつく。
そして持参してきたSOYJOYも補給したが、賞味期限2013年9月になっていた。
恐る恐る食べてみたが、うん喰える喰える、大丈夫^^;
昭和真ん中らへん生まれは胃が丈夫なのだ(本当か?)。
今みたいに除菌なんて無かった時代だし(笑)
でも、良い子のみんなは真似をしないでね。

2人を待った。
と、間もなくご両人到着。
速ぇよ、まったくもう^^;


逆応援で元気を貰ったはずだが、やはり前半のハイペースと補給不足が祟ったのだろう。
ガクンとペースは落ち、PC2へ到着したのが12:35頃。
予定は14:00だったので、それでも1時間半は速いね~♪

PC2 7-11留萌小平店  135.7km地点 所要時間 5:35
AVS 24.3km/h
どんどんペースダウン、先が思いやられるな…

 
またまた続く

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

激走!留萌300km ~ スタート前後

平成27年4月25日土曜日。
本日は晴天なり!
絶好のブルベ日和に心が躍る。
「ブルベ」とは超長距離サイクルイベントで、今日は300kmも自転車で走るのだ。
そういえば過去に参加したブルベ、一回も雨に当たってないやね。
自分、晴れ男なのかなぁ~^^

スタート会場のさとらんどに到着してビックリ。

201504271

うおー、SPECIALIZED FATBOYではありませんか!
それも タイヤは4.8インチのBIG FAT RALLY(かな?)だし。
スゲー、これで300km走るんだー。
多分、もの凄い豪脚の持ち主なんでしょう。
(実際ご本人にお会いしましたが、全くその通りの方でした)
北海道のブルベシーンにおいても、FATBIKEで参加される方が増えてくるかもしれませんね。

 

そして、こちらの方は
201504272

DAHONの小径車ではありませんか!
よく見るとフロント1枚、そしてリヤは…
え、シングルギヤ?
これで300km走られるんですか?
いや~、世の中にはこんなとんでもない方(凄いという意味で)がいるんですね。
おみそれいたしました<m(__)m> 

 
そして自分。
201504273

上の2台と較べると、いたってまともに見えますな(笑)
今回はこのマシンで完走を目指します!

 

会場でまずはブルベの常連、mugenさんとご挨拶。
そしてpenさんも到着。
ご両人ともSR(単年で200km、300km、400km、600km走破者の称号)獲得者、自分からみると雲の上の存在だ。
知り合いがいるとホッとする。
まあ、お会い出来るのもスタートまで、あとはソロだろうけど。
後半、まさか連携して走ることになるなんて、この時は夢にも思っていなかったのでした。

 

さあ、それではスタート!
気温は一桁なのでウィンドブレーカー、イヤーウォーマー、グローブ2枚重ね、ボトムスは冬用ビブにニーウォーマ-を重ね、シューズカバーを装着と完璧。
スタート直後はのんびり走るが、石狩~国道231号間は速い人がどんどん前の方に上がり、自分もmugenさんの後を追って前へ前へと上がる。
と突然、後ろから黒い弾丸にさっと捲られ、見るとあのDAHON。
速ぇ、やっぱスゲーわ…

だんだん気温が上がって暑くなり、停車して全部取っ払った。
この間に集団は先へ行き、ここから一人旅。

201504274

途中、厚田で。
天気も良く、脚もガンガン回る。
この頃は、まだ写真を撮る余裕がありました。

この頃はね…

 
 
続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

激走!留萌300km

2015年ブルベシーズンの幕開け、まずは第一弾BRM425留萌300。
お陰様で無事完走出来ましたー!
制限時間20時間、AM3:00までという制約がある中、当初の予定はAM1:00着予想だったんですが…

な、な、なんと、
23:00を切るタイムでゴーーールぅぅぅっ!!
15時間台でFINISHなんて、夢のようだわ~♪

 

詳細は後日。
まずはご報告まで^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

BRM425留萌走行計画 ~ タイム編

明日4/25は留萌300の日。
今回は4回目のブルベ参加ということで、多少なりとも経験しているからこそ、実は留萌300は厳しいと感じる。

まず日程。
シーズン明けでいきなり300km。
身体が出来てませんって。
また、この時期の気温。
朝夜の寒暖差が激しく、特に夜間は冬並の装備が求められる。
そして、日本海側特有の浜風。
多分、向かい風に遭遇するだろう。

夜間のヒルクライムが超向かい風なんてゴメンだわ^^;

で調べてみると、

20140425_2

当日の予報では、沼田町は午後から西南西の風、風速5m。
モロ向かい風やんけ…orz
それでも昨年よりは風が弱いのが、せめてもの救いかな。

 
それでは備忘録ということで、BRM425留萌300の走行計画を立ててみた。
まず、目標はあくまでも完走すること。
なのでタイムは全然気にしてません。

20150422

7:00 さとらんどスタート。
浜益まで約69km、海岸線はアップダウンが続くので、平均速度20km/hで走るのは厳しい。
ただ、風向きはこの時期追い風基調らしく、それを信じることにする。
PC1着、10:30予定。
(以下、”予定”省略)

次のPC2は留萌市小平町、区間67km トータル136km地点。
昼食は途中の増毛でと思ったが、丁度昼時にかかる。
多分、どこも激混みだろう。
それなら留萌まで行ったほうがよさそうだ。
今回は同伴者がいないので、別にグルメに拘ることも無い。
PC2着14:00、食事もここで済ませることに。

 
次のPC3は沼田町、区間44.4km トータル180.1km地点。
ミスコースしやすいルートなので、ここはしっかりとスマホナビとキューシートで確認する。
向かい風でじわじわ脚を削られ、ペースは上がらない筈。
PC3着 17:30。

 
いよいよ最大の難関、PC4へのルート。
区間103.2kmもあるが、その内半分は無補給地帯。
なのでPC3で多めに補給食や水分を補充しないといけないが、考えることは皆同じ。
速い方から買われていくのだから、後ろのほうは品切れで買えないなんてことも。
その先の雨竜町のコンビニで補給することにしよう。

新十津川の交差点は19:00頃、手前のどこかでナイトライドの準備。

 
青山トンネルは21:00頃、そこからPC4は40km先。
到着は23:30ぐらいか。
さすがに280kmも走ると、ペースは上がらないだろう。
ここでは長めの休憩を取ってラストランに備える。
残りは18.5km。

で、待望のゴールは翌1:00。
制限時間はAM3:00なので、まだまだ余裕ですな~^^
(昨年の大夕張と函館はギリだったので)
でも本番は、もっと速く走れるように頑張りたいと思う。
できれば0時台にゴールしたいが、さて如何に。

やっぱり、サプリ頼みかな(笑)


それでは、次回は本番編。
しばしお時間をくださいませ。
(2~3日は半分死んだ状態だと思うので^^;)

完走の報告が出来るよう一所懸命走ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

BRM425留萌走行計画 ~ 装備編

4月25日(土)は留萌300の日。
天気予報を見ると、当日は降水確率20%。
しかし雨マークはないので大丈夫かもしれない。
よ~し、それじゃあ逝っちゃいますか。
cannondaleで~♪

一昨年に初めて参加したブルベ、その時がこのcannondaleだったが、トラブルでDNF寸前だったといういわく付きのマシン。
フルカーボン、といっても今は全然珍しくも無いが、前回前々回と走ったクロモリとはどう違うか、これも興味の一つ。
脚の疲労具合や身体への負担なんかも気になるところだ。

 
さて、今回で4回目の参加となるブルベ、装備品もそれなりに進化している。
今回の装備をまとめてみた。

まずはヘッドライトというか、ヘルメットライト。
昨年の函館ではCATEYE NIMA をヘルメットに装着したが、やはり光量不足。
ハンドルバーに取り付けたキューシート、夜間はNIMAじゃ見えず。
他のブルベ参加者がヘルメットに装着していたのを見て、こういうのを取り付けるべきと反省。
20150424 201504241

Gizmo Black Diamond(ギズモ  ブラックダイアモンド)60ルーメン。
シリーズで一番下(?)のグレードだが、これで充分。

201504242

こんな感じ。
ライト部とヘルメットはタイラップで固定しています。

ちなみに、秀岳荘のセール期間中でかなりお安く購入♪
(実は、前回のサプリも同時購入したのでした^^)

 
サドルバッグは大容量を謳うレベレイトデザイン。
自分のは小さい「PIKA」のほう、それでも充分デカイ。
バッグの内部の縫い目を見ると、シーリングされていないので防水性は期待出来ないが、工夫次第でどうにでもなる。
ブルベ300でこの容量が必要かは個人差はあるけれど、春先のブルベはアウターも厚手、着たり脱いだりすることを考えるとこのぐらいあったほうが安心できるってもの。
ここのサイトが詳しく紹介しています。

2年前に購入して一度も使う機会がなかったが、今回ようやく出番が来たようで^^

201504243  

クロモリBianchiは前後にキャリアを搭載しているので問題無いが、カーボンフレームはこういったものを取り付けるしかなく、選択肢が限られるのがネックかな。 

 
最後は番外編。
ロングライドは汗をかく。
顔も腕も汗でギトギト、そんな状態が続くと嫌なもの。
汗をふき取り、さっぱりした顔で飲食店に入りたいし食事したい。
そんな時に便利だと思ったのがこれ。

201504244  

タブレット型携帯用おしぼり。


ええええ、別にウェットティッシュでもいいんですが。
それより格段に大きいので使い勝手は良さそう。
顔もゴシゴシ拭けますね。
このコンパクトさが自転車乗りには嬉しいサイズ。
使う時にボトルの水をサっと掛ければすぐにモコモコ。

心が折れそうな時、顔を拭いて気分転換。
さあ、あとひと踏ん張りするか。

そんな場面でも使えそうです。


 

それでは、準備万端整いました。
あとは肝心の肉体だけ。
これが一番の問題なんだよなぁ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

サプリ頼み

あー、もう全然走ってない!
留萌300は今週末だというのに…
3/22、29と150kmライドのあと、出勤やら飲み会等で週末がつぶれ、結局その時以来全く走れず。
このまま本番を向かえ、果たして300kmも走れるのか?


そんな私のブルベ準備。
まずは今週から断酒、といってもまだ3日目^^;
過去のブルベでは前日まで飲んでいて(さすがに量は控えたが)、アルコールが抜け切った身体で走るとどうなるか。
もしかしたら脚も回り、多少なりとも練習不足を補えるかも。
と期待しているのだが、これがストレス溜まりまくりで精神衛生上よろしくない。
チクショー、ビール飲みてぇ!
いや、ガマンガマン。
ま、本番後のお楽しみに取っておきましょう。

もう一つは、いつもの自転車通勤。
ここ最近は常に、Bromptonの一番重いギヤで走っている。
重いギヤを踏むことで踏み込む力を上げているのだ。
勾配のあるところも重いギヤ、しかもダンシング禁止!
脚の力だけで上りきるのがトレーニングになると信じている。
最初は筋肉痛になったけれど、最近は全く痛みも無い。
少しは鍛えられているかなー?^^

 

それでも練習量が絶対的に不足しているのは紛れも無い事実。
で、頼るはサプリだ。
今回は普段より多めに摂取することで貧脚を補おうという作戦。

201504221

2RUNとサイクルチャージは昨年の函館400で効果は実証済み。
自分には効いたと思っている。

沼田から新十津川へは強い向かい風が吹くらしい。
また、200kmを過ぎ新十津川から青山ダムへ向かう険しい上り。
この最大のヤマ場をいかに越えるかが完走のカギとなるだろう。
この頃には脚は売り切れているだろうから、サプリに頼らざるを得ない。

今回は過去3回参加したブルベと違い、相棒はいないのだ。
単独走で行くにあたり、心が折れない為にもサプリは必要なので。

↑以外にもSUPER VAAMやアミノサプリもあるけど、サプリはちゃんぽんしてもいいのか?
まあ全部摂取するわけではないので、大丈夫だとは思うけど。

 
 

そんなわけで、BRM425留萌300はサプリ頼み。
神様 仏様 サプリ様なのである(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

ライトの加工

ナイトライドに使用しているマグライト、中華製の割には結構使えている。
値段も安く、400ルーメンと光量も充分。
ただし、唯一の不満は光が上方向にも伸びること。
対向者が幻惑するほど眩しいのだ。
それでライトの角度をぐんと下向きにしているが、あまり角度を下げ過ぎると真下ばかり照らされてしまい、効果が無くなってしまう。

やっぱり自転車専用ライトのほうが良いのかなぁ。
レンズも加工されていて、左右にワイドな配光で上方向はちゃんとカットされているし。
壊れたら買い替えようと思っているが、なかなか壊れてくれない。
それなら加工してやるとするか。

材料
 ・ライト本体
 ・缶ビールの空き缶
 ・爪切り
 ・ゴム、またはタイラップ

以上

まずは缶ビールを飲む(笑)
その後、缶の内側を水でシャバシャバ洗う。
洗い終わったら、缶を鋏で切る。

201504131 201504132

あ、いつも飲んでいるのが「雑酒」だとバレちゃったかな^^;

そして形を整え、ライトの先端に被せて庇(ひさし)を作る。
201504133

最後に爪切りの爪磨き部分でバリを取れば完成。

貧乏くさい言うな(笑)

 

で、その効果の程はというと、

左・装着前             右:装着後
201504134 201504135

鉄腕アトムに似ているかな。
いや、アダムスキー型円盤かも(笑)

見事に上方向の光がカットされている。
これで対向車も眩しくない筈。
あー、よかった^^

 
で、試しに逆さまにして点灯するとこうなった。

201504136
あら、ビックリ
ちびまる子ちゃん降臨、いや光輪だ(笑)

こっちの方で使いたいねぇ^^; 

夜間、道路に浮かび上がるちびまる子ちゃんに、ブルベで疲れた身体も癒されることだろう

ピーヒャラピーヒャラ
パッパパラパー♪
 

 

まる子が出現してくれてよかったよ。
それでなかったら、単なる貧乏ブログで終わってたもんね(^^ゞ

 
ということで、この「逆さちびまる子ちゃんライト」、
ブルベ本番に投入決定!
もちろん、使用時はアダムスキー型のほうですけどね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

寄り道サイクリング

本日、昼で業務終了。
真っ直ぐ自宅へ帰るには天気が良すぎる。
エヘヘ、ちょっと寄り道しちゃいましょうかねぇ^^
あ、この記事は昨日(10日)のことね。

豊平川河川敷を通って真駒内公園まで行ってみることに。
右岸(上流に向かう方)を走るが、もの凄い向かい風。
あとで調べると、最大風速9mだったらしい。
でも体感はもっと上。
河川敷はただっ広くて遮るものも無く、まともに風が吹き付ける。
赤いBromptonも青息吐息だ^^;

サイコンを付けていないので正確には判らないが、車速は10km出ていなかったのでは。
自転車から降り、風上へ向かって押し歩く年配の方や学生さん、シングルギヤのママチャリは見ていて可哀そうだった。
自分も相当踏み込んでこのスピード、膝が痛くなってきましたよ、トホホ。

201504101

幌平橋を越えたところ。
天気は良いが、風まではお伝え出来ないのが写真の限界かな。

その後、ミュンヘン大橋を過ぎた所で、雪堆積場のため通行止め。
右岸のサイクリングロードは全面開通しておりませんでした。

 

上に上がって大橋を渡り対岸へ。
この辺りは独身時代の最後に住んでいた場所。
目の前がサイクリングロード(左岸)で、自転車趣味の人なら住むには最高の土地だろう。
しかし自分、この時代は自転車に興味が無かったわけで、人生何が起きるか全く判りませんな(笑)

 
「みゆき通り」を通って石山通りへ。
本日の目的地はこちら。
201504104

ラーメン笑福さん。

この店は自転車師匠のtetsuさんから教えて頂いたもの。
このお方、ラーメン師匠でもある(笑)
美味しい塩ラーメンのお店に詳しいのだ。

久しぶりに行ってきました。
メニューです。
201504102

メニューTOPが塩ラーメン。
しかも650円也。
ラーメン一杯に出すお金は700円までにしたい、と思っている自分にはお財布に優しい価格設定が嬉しい^^
しかも、ランチタイムは小ライスサービスだと!

201504103

勿論ライス付き、これデフォでしょう。
店主が女性でこれまた愛想がとても良いのも高評価。
自然と世間話が出来る雰囲気に、ラーメンの旨さも引き立つってもの。
やっぱ客商売は愛想だよな、と思わせる店なのだ。

また、調味料と言うか香辛料というか、テーブルにいろいろなものが置かれている。
なかでも気になったのがウコン粉末。
ラーメンにウコン?と首を傾げたくなるところだが、それが意外と人気№1だという。
確かに、飲んだ後の〆のラーメンには最適かもしれない。
このお店、呑兵衛氏が多いのかな(笑)

で、自分もウコンを入れてみた。
ん~、正直微妙^^;
一つ言えることは、ウコンの入れ過ぎには注意しましょう。
(自分がまさにそれ^^;)

 
 
帰りは豊平川左岸(下流に向かうほう)を走ったが、往路と違って超快適!
追い風でスピード出る出る。
のんびり走るのがBrompton、って前回の記事は取り消しね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

こちらもラストラン

一昨日から未明にかけて、雪が降った@札幌。
といってもサラっと道路の表面を覆った程度で、積雪になる程でも無し。
けれど、自転車にしてみれば結構恐ろしい。
先週からBrompton通勤していたそのタイヤ、もちろんスリック。
ここは久しぶり、といっても半月ぶりだが、FB3000でジテツーすることにした。
いくら今冬の雪解けが早かったといえど、北海道では4月の降雪はザラだし、峠道は5月のGWでも夏タイヤ通行止めなんてこともある。
なので、FATBIKEはまだブロックタイヤのままでいたのだ。
さすが、用意周到でしょう?^^

単にスリックタイヤに交換が面倒だったから、とは言いません(笑)

 

朝、舗装路をFATブロックタイヤで走る。
気温は‐2℃、だが雪の影響は殆ど無かった。
横滑り等も無く、車体が安定していたのはさすがというべきか。
そんな悪条件でも、Bromptonより早く会社へ着いたのだから、やはりFB3000は走るんだと実感。
ちなみに、我家で一番遅い(?)自転車はFAT+SPIKEで、FAT+BLOCKならそこそこ、FAT+SLICKの組合せならロード並み(上りは除く)。
実際、昨年のブルベではロードを従えて走ったんだよなぁ。
この時は大体30km/hのペース、まあ最初だけだったけどね^^;
(詳細はコチラ)

ということで、現在のビリッケツはBrompton。
だがこれ、不名誉なことではない。
そもそも、「街乗り」自転車ではピカ一なのだし。
向き不向きがあるように、Bromptonはのんびり走るのが似合っていて、それがサマになっている。
自分には、この「スロー」さが非常に心地良いのだ。
のんびり楽しむ自転車ライフ、まさにピッタリな形容ではないだろうか。
だから、これで100km超を走ったことは無いし、これからも走りたいとは思わない。
それは他の自転車に任せるとして、自分にとってのBromptonとは「一服の清涼剤」とでもいうべき存在なのだから。

 
話しはそれたが、FB3000で走る昨日の午後。
気温も上がり見事に雪は無くなっていたわけで、ブロックタイヤが路面との抵抗になり、「ゴオー」とロードノイズが響き渡る。
サイクリングロードでは、前を行く歩行者や自転車が驚いて振り返る始末。
大変お騒がせ致しましたm(_ _)m

FAT+Blockの今シーズンラストラン。
記念に環状夢の大橋で最後の勇姿を。

20150408

来週からはスリックタイヤ(Black Floyd)と、前後フェンダーを取り外す予定。
ダイエットでFATのSLIM化ね(笑)

 

勿論、乗る人をスリムにしたほうが効果があるのは重々承知しておりますが、何か^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »