« BRM函館400参戦の巻 ~ 地獄坂一丁目編 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ 感動のゴール編 »

2014年10月19日 (日)

BRM函館400参戦の巻 ~ そして暗闇編

目指すは地獄坂2丁目、きじひき高原キャンプ場。
PC3からたかだか11kmちょっとだが、その約半分が激坂。
すでにスタートから160km走り、地獄坂1丁目を乗り越えたばかり、疲労は確実に両脚を蝕み始めている。

ところで、本来のコースはキャンプ場を超えて更にその上の展望台を通るはずだったが、キャンプ場から先は通行規制中で通ることが出来ないらしい。
よって手前のキャンプ場で折り返しとなった。
聞くところによると、キャンプ場から先のほうが傾斜はキツイという。
なんてったってヒルクライムレースの会場でもあるし。

その手前で折り返しだなんて…
ブルベの神様は我らを見捨てなかった^^;

折り返しで上から下ってくる参加者から、「がんばれー!」の声援でパワーを頂く。
おかげで、城岱牧場の地獄坂よりはちょっぴりラクに上ることが出来た。
通過予定時刻17:15を15分オーバーで到達。
通過チェック完了!

 

ここで休憩&補給。
2ランとサイクルチャージ・プラスで気合を入れ、ナイトライドに備えて準備する。
また、夜は気温が急激に下がるので、それに備えてウェアーも上下変更。
上はフリース系の秋冬用ジャージにウィンドブレーカを重ね、下は冬用の厚手ビブタイツへ。
これで寒かったら、ゴアテックスのレインパンツを履こうと用意してきたが、結局使うことは無かった。

そんなことをしている内に、後から到着した人たちもぞくぞく折り返していき、残されたこの二人、多分最後尾だったかも^^;
どうも我らは休憩が長過ぎる^^;

それでもその分脚を休めることが出来たので、結果的にはよかったと思っている。
途中、休憩もそこそこに出発した人たちに追いつき追い越し、次の休憩ポイントでウチらが休んでいるとその人たちが到着、そして先に出発して行くが、またまた追い抜くといったパターンの繰り返し。
やはり休憩は大事なのだ。
心掛けたことは、休憩中は座る事。
立っていたら脚が休まらないし。

でもホントの事を言うと、
休まなくても疲れ知らずの脚が欲しい^^;

 

話を戻して、迎えるは最後の難関、渡島中山峠。
地獄坂3丁目はナイトライド。
日が傾くとみるみる暗くなってライトオン。
次のチェックポイントは、この峠を含む68km先、上ノ国町。
さあ、最後の坂にチャレンジだ!

で、あっけなく越えちゃったりする。
実は、暗くて先が見えないところが大きい。
げげっ、上りはまだ続くのかよーといった状況にならなくて済むから。
そう、モチベーションが低下しないのだ。
目の前の現状を淡々とこなす内に、気付いたら越えていたって感じ。

教訓
ヒルクライムは夜間行うべし(笑)

 

食事は江差のラッキーピエロを予定していたが、きじひき高原で休憩し過ぎて時間が苦しくなっている。
食事が出てくるまでに時間が掛かるという噂だったので、ここは涙を呑んでスルー。
こんなこともあろうかと、実はもう一ヶ所食事する場所をピックアップしていたのだが…
しかし、本日の営業終了…(´Д⊂グスン
泥人形さん、お腹すいたでしょう、ごめんなさい。

それにしても江差町の夜更けは早過ぎるぜ…


国道228、追分ソーランラインを走る。
ところがアップダウンの連続、それも急勾配&長距離の坂の連続。
えー、もう上りは無かったんじゃ…
3つの峠を越えてきたブルベ参加者達に新たな試練が襲い掛かる。
下っていると次の上り坂が見えてくるので、上りに備えて加速する。
少しでもラクに上りたいからだ。
ようやく上りきって下っていくとまた上り坂。
またまた下りで加速する。
これでは脚が休まるヒマはない。
ここで心が折れ、このままDNF(途中棄権)していった方も。
恐るべしは追分ソーランライン!

 

そんなわけで予想とは大違いの難所で苦労しながら、どうにかこうにかPC4上ノ国に到着。
通過クローズは21:28、到着がこれを過ぎるとタイムオーバーで失格になる中、30分前とギリギリ滑り込みセーフ^^;
あまりお腹も減っていないので、カップワンタンスープとおにぎりの質素な食事で済ます。

現在、トータルで232km走行。
やっと半分超えた^^
そして自己最長距離を更新。
不思議と脚は回っていて、まだまだ余力は残っている。
次のPC5は78km先、310.7km地点にある。
追分ソーランラインはまだまだ続くが、何とか2人で乗り越えよう。

 
次も写真は無しです^^;

|

« BRM函館400参戦の巻 ~ 地獄坂一丁目編 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ 感動のゴール編 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

写真がない、、、というところにいかに大変だったか、、を見ますね。続編も楽しみにしております。

投稿: 店主A | 2014年10月19日 (日) 10時39分

店主Aさん

写真が無いのは、単にナイトライドだったからでして、真っ暗で写真を撮れなかっただけです。
(と、強がりを言ってみる^^;)

というわけで、文章のみでお伝えするのは難しいー!^^;

投稿: タクランケ | 2014年10月19日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/60498191

この記事へのトラックバック一覧です: BRM函館400参戦の巻 ~ そして暗闇編:

« BRM函館400参戦の巻 ~ 地獄坂一丁目編 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ 感動のゴール編 »