« 自転車ローガニストの憂鬱 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ スタート編 »

2014年10月15日 (水)

BRM函館400参戦の巻 ~ 決戦前日

今年最後の俺チャレ、BRM1012函館400。
函館市を中心に、ぐるっと渡島半島を一周する難コース。
まずは決戦前日の行動から。

 

10月11日(土)。
朝一番で登別へ向かうのはここ最近の定番。
無事に用件を済ませ、室蘭で妻と食事。
今日のランチはここ。
肉鍋 乃ざ喜、1949年創業の老舗店。
本番に向けてお肉でパワーをつけて、と妻の優しい思いやり^^

101101

店の看板メニュー、肉鍋豚定食。
女将に、「あれ、これすきやき?」
と聞くと、「はい、ここらでは肉鍋って言うんです」と返答。
そうか、豚すきのことか。
考えてみれば室蘭やきとりも鳥ではなくて豚だったな。
室蘭市民は豚肉をこよなく愛しているようで。

すきやき鍋にお肉も野菜も入りきらず、別皿で焼かれる順番を待っている^^;
どっさりお肉に盛りのよいご飯。
これで750円、他所でラーメン食べるよりよっぽどいいわ。
それもメチャ旨いし^^

ちなみに、妻はこちら。
101102

かつ丼、700円也。
え、カツが別皿?
そう、室蘭かつ丼はカツは別皿がデフォ。
聞くところによると、肉が多くて丼に乗りきらず、やむなく別皿で提供したのが始まりなんだとか。
この写真を見て判るとおり、確かに全部は丼に乗らんわな。
室蘭かつ丼、恐るべし…

 

ここで妻とはお別れ。
ここから一人函館へと向かうのだ。
決戦の地、函館へ。

東室蘭から長万部行きの普通列車に乗車する。
函館行きの特急に乗れば早いのだが、前回のブログにもある通り三連休初日、自転車を載せるスペースは無いだろう。
ましてや、ここからは高速バスも運行してないし。
駅に到着した列車が一両編成だったのは想定外だったが、自転車を置くスペースがあってよかった。

ちなみに、前週も輪行して要領を得ていたおかげで、パッキングも10分足らずで完成。
事前に一度経験しておくと、スムーズに出来ます^^

101103

ワンマンカーの車両最後部。
運転士さんのいないスペースを自転車置き場として了解頂いた。
ありがとうございました。
普通列車で大正解^^

ガタンゴトンと1時間半掛かって長万部に到着。 
101104

ここから函館行きの普通列車に乗換え3時間ちょっとの旅。
19:20、函館駅の一つ手前、五稜郭駅に到着した。

お昼は食べ過ぎたので(妻が食べきれずに残したかつ丼も^^;)、夕食は取らずに今晩の宿泊先へ直行。
本日のお宿は、函館健康センター湯都里(ゆとり)。
24時間営業の温泉施設、3周年記念ということで入浴料が半額以下の500円、深夜料金が1,000円増しで、併せて1,500円で宿泊(素泊まり)出来る。
宿泊費が安く済むと嬉しい。
サウナで汗を流し、明日のために少しでも体重を落とそうと悪あがき^^;

 
午後9:30、ただっ広い仮眠室には数人が寝ている程度。
一応遠慮して隅っこの壁際に布団を敷いた。
ゆっくり寝て明日に備えよう。
どうせ明日は寝れないのだから。
(ゴールまで制限時間27時間ぶっ通しで走り続けるので)。

さあ、いよいよ明日はブルベ本番だ。
期待と不安が入り混じる中、床に就いた。
それではお休みなさい(´△`)Zzzz・・・。o○

|

« 自転車ローガニストの憂鬱 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ スタート編 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/60479168

この記事へのトラックバック一覧です: BRM函館400参戦の巻 ~ 決戦前日:

« 自転車ローガニストの憂鬱 | トップページ | BRM函館400参戦の巻 ~ スタート編 »