« FATBIKEでロングライド その1 | トップページ | ブルベ対策 その1 »

2014年8月20日 (水)

FATBIKEでロングライド その2

というわけ(前回参照)で、150km自走した。
あー、よかった。
でも、帰りも同じ距離が残っている…
少し弱気な自分は、K-STYLEさんでサイクルカバーを購入しておいた。

201408181
これなら、輪行時にデカいFATBIKEを
入れても破れることはないだろうし、
使用後も再利用出来るだろう
信頼のMADE IN JAPAN
BRIDGESTONE製だ^^

これ、あくまでも保険のつもりだが、
帰省客でごった返すJRやバスに
持ち込むには相当勇気が必要^^;

使わないにこしたことはないよね

 

 
 

 
中一日休養日を取って脚の疲れを癒し、室蘭を後にした。
行けるところまで行ってみるか。
往路より若干速度を落とし、脚の疲れが溜まらないように気を付ける。
一応、秘密兵器(?)もあることだし。


AM7:30、朝食も食べずに出発したので、虎杖浜のセイコマで朝食タイム。
カップラーメンにおにぎり投入!
ロングライドに欠かせない、どうしましょう的補給食が沁みる~(笑)

JR白老駅でトイレタイム。
駅前のベンチに座って身づくろいをしていたところ、駅舎前を清掃している方がいらっしゃった。
多分、町内会のお年寄りだろう。
こういう方々のお陰で駅も街も美化され、我々が気持ち良く利用出来るのだ。
感謝せねばならない。
と思って見ていたら目が合い、話し掛けてきた。
「どちらまで?」
札幌まで自転車でと言うと、うへぇ~っと素っ頓狂な叫び^^;
ここまで、室蘭から走って来たというと、うひょ~と更に驚く始末。

「お兄さん、どこの大学生さ!」
いくらサングラスとヘルメットで顔が見えないからといって、大学生はないだろう(笑)

それからおじさんは、白老町の観光大使の如く町のアピールを始める。
年齢を言っても自宅が札幌だと言っても、彼の頭からは道外の大学生が自転車旅行して白老町に着いたというイメージが離れないようだ。
何言っても、人の話し聞いちゃくれないし(爆)
そんな愛すべき白老のおじさん、これからも街の美化をお願いしますね。

ちょっとタイムロスを喰らったが、気を取り直して走り出す。
苫小牧市を一気に駆け抜き、11:30に恵庭到着。
ちょっと早いがランチタイム。
またまた麺食^^;

201408161

北のちゃんぽん家の味噌ちゃんぽん。
野菜増し+麺大盛り無料というので、つい・・・テヘヘ^^;
自転車に乗ると腹が減るんだもん。

どれどれ、おーこれは!
某○ンガー○ットのものより旨いではないか!
これは再訪ありかもね^^

 
満腹になってペースは大幅に落ちるも、札幌はもう少し。
途中、島松から輪厚間は微妙なアップダウンが続く道だが、両脚はまだまだ踏める感じ。
清田に入り、またまたローディにぶち抜かれる。
信号で追いつくと、向こうからから話しかけてきた。

「それ、FATBIKEっていうんですよね」
どんな感じかと聞くので、いたって普通ですよと答えておいた。
今日は室蘭から走ってきたけれど、脚に負担はそんなに無いと言うと、大層驚いている様子。
そこまで言ってふと思った。
FATタイヤのエアボリュームが、身体への負担を軽減していたのではないかと。
世間でいうところのアルミフレームは一般的に硬いというが、タイヤ自体が衝撃を吸収していたのだろうと思う。
ロードのように段差でガツンと突き上げがくることもなく、そういえば上体への負担が少ないと改めて感じた。
意外と長距離にも向いているのではないかと。


そんな話しを南風自転車店に寄って話したところ、店主も興味を持って聞いてくれ、FATBIKEの新たな可能性を感じ取ってくれたようだ。
「どうです、これでブルベに出てみては?」
の問いに、考えておくとだけ答えておいた。
まだ宣言は出来ません^^;


ちなみに、上で秘密兵器と書いたが、それはこれのこと。

201408182

ネーミングが良いよね、ツゥラン(攣~らん)なんて。
1袋2錠入りのミネラルタブレット、スタート前に1錠、途中でもう1錠服用した。
以前、Akiさんから紹介され今回初めて実戦投入してみたが、コイツはなかなか優れものだ。
往路の疲労もあった筈のに、復路では得意の攣りが皆無だったのだから!
これはロングライドのお供に欠かせませんなぁ。


 
本日、走行距離約150km、FATBIKEで往復300km走破達成。
しかし、順調だったわけではないのも事実。
見よ、この雄姿(爆)

20140816_2

ボロボロ…^^;


|

« FATBIKEでロングライド その1 | トップページ | ブルベ対策 その1 »

FATBIKE」カテゴリの記事

コメント

2RUN試されたんですね!ご一緒するときに用意しておいて、試していただこうと考えていたのですが…
FATBIKEは一度Pさんのをアスファルトの上で試乗あるのですが、エアボリュームがあるおかげで面白い乗り心地だったのを覚えています。

投稿: Aki | 2014年8月20日 (水) 09時52分

こちらでは初めまして。
日曜日にお店でもお会いした青いタルタルーガ乗りです。

店頭でお話聞いて「150Kmすごい!」と思っていましたが、往復300Kmだったのですか!流石です。
きっとブルベも楽勝ですね…


投稿: 雀空 | 2014年8月20日 (水) 18時14分

Akiさん

いや~2RUN、イイっすね~^^
ロングライドでは百発百中の確率で脚が攣っていたのに、今回(復路)は皆無、さすが「こってりミネラル」です(笑)

FATBIKE、なかなか走りますよ^^

投稿: タクランケ | 2014年8月20日 (水) 19時31分

雀空さん

こちらでは初めまして、コメントありがとうございます。
手稲山での勇姿、そしておかわりも・・・
距離よりもスゴイことだと思いますよ!

>きっとブルベも楽勝ですね…
一番下の写真が全てを物語っております(笑)

投稿: タクランケ | 2014年8月20日 (水) 19時41分

いや~、FATBIKEで150kmは、すごいですね~。
今年の大夕張はFATBIKEで参加ですか、そうですか、そうですか(笑)。
先日の600kmブルベでは、補給食は脂ものを控え、
カップラーメンおにぎりアタックでなく、
カップみそ汁おにぎりアタックを多用しました。
ノンフライのあっさり塩味系カップラーメンも良かったです。
それ以外にも胃腸薬なども投入(^^;)。
おかげで、終始、胃の調子は完璧!脚も攣りませんでした♪
そこまでして走らなくても良いのにと、自ら呆れていましたけどね(笑)。
薬に関して色々と勉強できましたし、新技も効果があったので、
よろしければ、お会いしたときにお話ししますね~♪

投稿: easy | 2014年8月22日 (金) 23時59分

easyさん

大夕張のバイクはFATも候補なのは事実ですが、いきなり登場してビックリさせたかったなと(笑)
でも、DNFなら元も子もないので、やっぱりロードでいくべきか脚力と相談中^^;

超長距離だと胃がやられるっていいますもんね~
そうですか、カップみそ汁ですか。
それに胃薬も。
今後の参考に、是非お話し聞かせてくださいね^^

投稿: タクランケ | 2014年8月23日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/60175124

この記事へのトラックバック一覧です: FATBIKEでロングライド その2:

« FATBIKEでロングライド その1 | トップページ | ブルベ対策 その1 »