« FATBIKEの重量 | トップページ | Fat de Gourmet vol2 »

2014年1月29日 (水)

Fat de Gourmet vol1

ご無沙汰しておりました。
人並みに風邪など引きまして、先週は自転車通勤もお休み。
馬鹿は風邪ひかないというけれど、馬鹿でも風邪をひくんですな。
自転車バカも(笑)

今日は病院へ。
おっと、私ではありませんよ。
会社の後輩がヘルニアの手術で入院し、そのお見舞いへ。
そこは平岸の整形外科で、Googleマップでルートを確認していると、面白い名前の通りがあった。
よし、そこを通ってみよう!^^

 
昼で仕事を切り上げ、病院へ向かう。
水源地通りを走り、途中のラーメン屋で腹ごしらえ。

解禁となったFATBIKE、やっとモザ無し^^
01290 012900

どんころらぁめん 月寒東店

ああ、それは30年前、中央区の東屯田通りにあったラーメン屋。
学生時代にお世話になった店だ。
そのFC店がこんなところにまだあったなんて。
懐かしくて思わず暖簾をくぐった。

当時はいつもこれ、オーダーは看板メニューのどんころらぁめん。
01290000

豚汁ラーメンに近いが、これがウマい!
お好みで唐辛子をふれば、身体もポカポカとあったかいです^^
正確には呉汁(大豆をすり潰したもの)風ラーメンで、しっかり大豆も入っているのは30年前と一緒だ。
ああ、懐かしい!
嬉しくてスープ完飲。

店主に話しを伺うと、東屯田通りの店は老夫婦?で経営していたが、ご主人に先立たれ奥さんが一人で切り盛りする。
しかし、奥さんも年齢的な理由で店を閉めたのだそうな。
一時は何店舗もあった「どんころらぁめん」だったが、だんだん店も減り、FC本部すらも無くなったという。
最後に残った月寒東店だけが現在も経営を続けているのだ。

 

「最初は蕎麦屋をやろうと思ってね」
蕎麦屋で修行を積み、独立して店を探していたところ、たまたま開店して3ヶ月で閉めた店があるからと紹介されたのが始まり。
「宣伝費を掛けているので客はいっぱい来るから、と甘い言葉に乗ったのさ」
蕎麦屋が一転、ラーメン屋の主となったのだ。
それが30年近く続く老舗ラーメン店になっているのだから、人生何があるか判らない。

 

いろいろ面白い話をいっぱい聞かせてもらった。
食べ終わってもつい長居してしまったのは、食後のコーヒーがサービスだったこともあるが、店主との会話が楽しかったせい。
自転車に興味をもたれたのも、その昔蕎麦屋の修行時代に自転車で出前をしていた経験があるからだろう。
自転車用スパイクタイヤの存在を知ってましたから^^

再訪を誓い、店を後にした。
今度、一緒に行きましょうね、Akiさん^^


メニュー載っけときます。
0129000

ビーフシチューらぁめん、チャレンジしたいかも^^;

 
あれ、何しに行ったんだっけ?
あそうそう、病院でした(笑)

これは次ね^^

|

« FATBIKEの重量 | トップページ | Fat de Gourmet vol2 »

FATBIKE」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

うわ~懐かしい!
そんなに大きく展開してたんですね。
東屯田の、お店しか知らなかったです。
ぜひぜひ連れて行って下さい。

投稿: Aki | 2014年1月29日 (水) 21時14分

懐かしいでしょう?
これは絶対Akiさんに報告しないと、と思ったんです^^
最盛期には7店舗ぐらい展開していたそうですよ。

ここを含むコースを考えときますので、春になったら走りに行きましょうね^^

投稿: タクランケ | 2014年1月30日 (木) 07時28分

今日は!お久しぶりです。
たまに、こんなバイク見かけますよ〜。
変わってるなと覚えていました。
それにしても、どんころらぁめん旨そうですね。
ご汁なら温まるでしょう。身体にも良さそうだあ。

投稿: ユキヒロ | 2014年1月30日 (木) 09時36分

おぉ、FB3000!サイズはMですか?気になる自転車です~。

投稿: shukaku | 2014年1月30日 (木) 12時06分

ユキヒロさん
こちらこそご無沙汰しておりました。

激太タイヤ、札幌圏ではかなり売れているようです。
これで冬道を走ると楽しいんですよ~^^
どんころらぁめん、激ウマでした。
美味しくて身体にも良いラーメン、最高です(笑)

投稿: タクランケ | 2014年1月31日 (金) 05時22分

shukakuさん

はて、どこかで聞いたお名前…
と思ったら、南風主催のBrompton Meetingでお会いしてたんですね。
ご無沙汰しておりました^^

仰る通り、これはサイズMの17インチモデルです。
Sサイズなら南風さんに試乗車がありますので、ガンガン乗ってみてください。
シビれること間違いなしですよ(笑)

投稿: タクランケ | 2014年1月31日 (金) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/59033201

この記事へのトラックバック一覧です: Fat de Gourmet vol1:

« FATBIKEの重量 | トップページ | Fat de Gourmet vol2 »