« ニューバイク | トップページ | 冬到来 »

2013年11月11日 (月)

そろそろ冬支度

11/11(月)の札幌地方の天気予報。

1110

殆ど雪マークがついてる!
ついに来ましたか、この季節。

エブリデイ ロープライスじゃなかった、自転車通勤を目指す自分にとっても、冬はイヤな季節。
今年もタイヤ交換の時期になりました。
もう毎年の恒例行事、冬への儀式みたいなもんだ^^

 

初代スパイクタイヤはこんな風になってまして。
Dsc_0250

この白くフサフサしたものは何だ!

と、タイヤの裏から指を入れると、
Dsc_0254

人差し指がこんにちは(笑)
 
もう限界ですね。
2004年に購入したマドマド、今までお疲れ様でした。

 

いつでも、どんな時でも走れる準備は怠らないのが自転車ツーキニスト。
今回も、路面にあわせて2種類のタイヤを用意した。

Dsc_0256

上は2代目、圧雪アイスバーンを駆け抜けるメインのスパイクタイヤ。
下は雪の降り始めに履く、ウチで一番太い26×2.3のDHタイヤ。
シーズン前後のごく初期にしか使用していないので、5~6年は経っているがまだまだ使えそう。

 

ちなみに、スパイクタイヤにはこれを使用している。

Dsc_0253

zefal puncture レジスタントテープ

通勤中、過去に何度かパンクしたことがあった。
真冬の夜のパンク、自販機の淡い光を頼りに寒さでかじかむ手でチューブ交換したのは苦い思い出だ。
或いは、寒さでタイヤレバーが一本二本と折れた時はマジでビビった。

それ以来パンク対策とは、最初からパンクをしないようにすることなのだと学習した。
それで重量増になろうとも、パンクを回避するほうを選んでいる。
また、オンシーズンも通勤MTBにはシュワルベ マラソンプラスという、耐パンク性能が非常に高いタイヤを履いてパンク時のタイムロスを抑えているのだ。
ジテツーは遅刻というリスクを抱えながら、1分1秒を争っている。

 

冬支度を終えたら、次はBromptonのパンク修理。
フロントだったので、モンキースパナがあれば簡単^^
Dsc_0257

その代わり、Bromptonタイヤのビードの硬いこと!
すでに2セット4本のタイヤ交換をした両手の指が悲鳴を上げている。
何とかリムにハマったとき、すでに親指の感覚が無い…^^;

 

さあ、これで冬対策も完了、あとは雪が降るのを待つだけ。
雪よ、ドンと来いってんだー!

って、あんまり来て欲しくないのが本音だけど^^;

|

« ニューバイク | トップページ | 冬到来 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

タイヤ交換お疲れ様でした。
このゼファールのテープ、タイヤ裏面にくっ付ける両面テープや27インチ以上のサイズがあれば良いのに・・・と思ってしまいます。
私も通勤を含めた移動手段としての運用なので、パンク自体が許されないという考えです。
以前のココログにて触れられていたパナレーサーフラッタウェイを、90年代から使用しています。
しかし90年代終わり頃に商品が店頭から無くなってしまい、現在手持ちの在庫があと二本。
近年中に対パンク性能を持つ、自分に合った良いタイヤを見つけないとなりません。

投稿: レイブン | 2013年11月11日 (月) 14時32分

レイブンさん

こういう耐パンクテープはもっと普及してよいと思うのですが、最近はタイヤの性能もアップし、タイヤそのものに耐パンク機能を持たせるように変わってきたようです。
テープ式のほうが確実に、そして安く上がるんですけどね^^

ちなみにパナのフラッタウェイですが、海外のサイトでは結構売られています。
日本市場を諦めて海外へ進出したってところでしょうか。

http://www.wiggle.jp/panaracer-flataway-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC/

こちらでも購入出来ます^^

投稿: タクランケ | 2013年11月11日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/58551075

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ冬支度:

« ニューバイク | トップページ | 冬到来 »