« 記念日で | トップページ | ランチタイム「犠牲」ライド »

2013年8月30日 (金)

マリア・ローゼ

この間の大雨の時。
会社を出てすぐに雨が降ってきた。
生憎、雨合羽等の準備はしていなかったので、前方にある橋の下まで猛ダッシュ。
何とか滑り込みセーフ、その後の猛烈な雨で身動きも出来ず。
さすがの私も、妻にヘルプコール^^;

サポートカーに収容されたBrompton君。
折り畳んだ状態で車に乗せていたが、突然ピキーンと甲高い金属音が車内に鳴り響いた。
何だ何だ、と辺りを見廻してみるが、それらしい音を出すものは何も無い。
あるのは後部座席に置いたBromptonだけ。
もしや…
案の定、後輪のスポークが折れているではないか…

なんでー???

乗っているわけでもないのに、何故スポークが折れたのだろう?
過度にテンションがかかっていたのかは判らないが、まあクルマに収容されてほっとしたのか、リム君の緊張が解けてスポークが折れたのかもね(笑)
いずれにせよ、走行中でなくてよかった^^

 

というわけで、ショップ行き。
南風自転車店でスポーク修理を依頼する。
スポークが折れたBromptonで自走するのもあれなんで、いつものスタイルで向かった。

Dsc_01021

こういう時こそTRAVOYの出番なのだ^^

 

以前、こんな記事をアップしました。

 

TRAVOYにBromptonを積むにはTRAVOYの幅が足りず、タイヤの上までかさ上げが必要だ。
しかし、発想の転換でTRAVOYの上部でBromptonを固定したのが↑の写真。
こうすることによって、下部にトートバッグも取り付け可能なのだ。
この方法は南風店主から^^
別のTRAVOYユーザーが上部から吊っていると教えて頂き、それをちょっとアレンジしたのが自分流。
ゴム紐3本で固定し、コーナーで振られることもなく、その走りはいたってスムーズ。
ただ、シートポストとつながっているシャフト部分に負荷が掛かる為、段差には気を付けなければ。

なので、走行ルートは段差の少ない車道が基本。
後続車両は、何だあれは?と思うのだろう、いつもより大きく車間を開けてくれる。
意外な効果に、目立ってナンボとはまさにこのことだろう。
一応、道路交通法ではリヤカー等の牽引車は歩道走行禁止なので、堂々と車道を走ってよいのだけれど^^


修理待ちの間、お隣で昼食を頂くことにした。
喫茶マリアローゼさん。
今年で開店21年目、店内に入ると20年前にタイムスリップしてしまいそうな、年季の入ったお店だ。
「修理していないから、あちこちガタがきて…」
とママさんが苦笑いしている。
モーニングのトーストセットを除けば、カレーライスにチャーハン・焼きそばと、メニューが3つだけという潔さ。
しかしその量たるや、全て大盛りだから注意すべし。

 
前回食べたカレーライス。
Dsc_0040

なんとオムカレーが出てきました!
それも大盛りで!
皿からルーが落ちそうだ^^;
これにスープと食後のコーヒー(アイス可)がついて500円也!
継ぎ足し継ぎ足しでルーを作っているそうで、おうちカレーに近いがコクがあって奥深い味わいだ。
何とか完食、ゲップ…^^;


今回はチャーハンをオーダー。

Dsc_0109

写真だと量が多そうに見えないが、これも盛りが凄い!
同じくスープに食後のコーヒー付きでワンコイン^^
味は家庭のチャーハンのようで、優しくも懐かしい味がした。
 
「ウチは大盛りがウリなんです」
とママさん、客層は男性中心でどんどん盛りを多くし、現在に至っているのだとか。
ちなみに、焼きそばは基本が麺2玉らしい^^;


 
こんなに大盛りを食べていたら、ジロ・デ・イタリアマリア・ローザなんて絶対無理だろうな。
ん? マリア・ローザ?
そうなんです、実はママさん、ロードレースの大ファンで店名はここから取っているとか。
(嘘です、希望的観測が多分に入っております^^;)

※マリア・ローザとは3大ツールの一つ、ジロ・デ・イタリアで総合1位に与えられるピンク色のジャージ



自転車ショップの隣がマリア・ローゼ。
嘘みたいな本当の話、事実は小説より奇なりだ。
南風自転車店が彼の地で開業した理由の一つが、隣にこのお店があったからなんだとか。
いってみればラッキーシンボル的な存在だろう。
願わくばそれぞれの店が順風満帆、いや、順風満走で行って欲しい^^
 
 
と、願いつつも食べ過ぎでヒルクライムもかなわず、せめて水玉模様のパンツを履いて溜飲を下げる私なのでした(笑)

|

« 記念日で | トップページ | ランチタイム「犠牲」ライド »

TRAVOY」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。なかなかお役にたてずに申し訳ございませんです。しかし、、、マリアローゼさんのカレーは人気です。ご紹介のし甲斐があろうというものです。いつかは、走りに行った後に、ここでカレーを食べて解散、、というツアーが頻発してもらいたいものです。

ちなみに私はマダム、、とお呼びしております。

投稿: 店主A | 2013年9月 2日 (月) 06時34分

Aさん

いや~、あそこのカレー、あの盛りといい値段といい、あれは反則ですよ!
ただでさえ、最近食を細くしなければと思っているのにー
その分、走れ!という、ある意味刺激にはなりますが^^;

まあ知る人ぞ知る、隠れた名店ですね^^

投稿: taku | 2013年9月 3日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/58094484

この記事へのトラックバック一覧です: マリア・ローゼ:

« 記念日で | トップページ | ランチタイム「犠牲」ライド »