« さっぽろ雪まつりへ | トップページ | 平和ボケ »

2013年2月11日 (月)

雪まつりナイトライド2013

2月10日(日)の夜。
↑のようなイベントが行われた。
そもそも発端は私の不用意な(?)発言から。
前回のブログのコメントに書いた一言、あとで確認したところそんなイベントは過去に無く、ただの勘違いだったことが判明したのだった。
騙されて参加した皆さん、スミマセン^^;

 

それでは「雪まつりナイトライド2013」の概要を。
といってもたいした内容ではない。
雪まつり大通会場まで自転車で行き、ラーメンを食べて帰ってくるだけ^^;
でも、冬の札幌でこんな酔狂な連中がいるんだと、観光客にアピールする意義は大きいだろう。
自転車乗りにオフシーズンは無いのだと。

そんな崇高な意思を持っていたかはさておいて。
PPSさん、CJさん、逆マグさん、この方々は昼間別のショップ主催の走行会に出てから合流したFATBIKER。
そして、南風の店主Aさんと私はSPIKE組。
不思議村の5名の勇士が今日も行く^^

 

集合場所は南風自転車店。
そこから自走し、現地で待っている逆マグさんと合流する。
街は煌びやか、雪まつりで活気に溢れていた。

Cimg5237

Cimg5238 これが噂のFATBIKE
この太っといタイヤが雪に沈み込むことなく浮くように走れるのだとか
上の自分のMTBが貧弱に見える^^;

ここからは5台連なって走る
だが無理な走行は絶対禁物!
せっかくアピールしようとしているのに、何かあったら逆効果だからね
信号待ちの時、FATタイヤが大注目で、すごーいとか、乗ってみたいと声も聞こえてくる
実際にタイヤを触ろうとした人もいたし^^

 
  

見た目のインパクトも大きいが、それ以上に走破性が素晴らしいそうだ。
う~む、毎回見るたびに物欲が沸いてくる・・・
これほど遊び心をくすぐるバイクは他に無いかも。
いつかはそのめくるめく世界に浸りたいなと^^

 

雪まつり会場は人が多過ぎるために北大通を走るが、ここからじゃ雪まつり会場が見えず、見えても雪像の後姿のみ、何とも味気ない。
このまま12丁目会場まで走り、どこかで食事ということになった。
南6条のエビが売りのラーメン屋に行ってみるが、店の外まで行列。
皆さん、寒い中ご苦労様です。
確か、南11条にもエビラーメンがあったと思いそちらへ行ってみると、店の名が変わっている…
窓に張り出しているメニューにはエビの文字が見当たらず、普通に三味に鶏白湯の醤油と塩の5種類のみ。
みんなはここでいいと言ってくれたが、エビラーメンを期待していたメンバーはがっかりしたことだろう。
 
初めて入る店はドキドキだ。
オススメは醤油だという。
札幌のラーメン店のくせに、味噌じゃないのが潔い。
これは店主の自信の表れか。

Cimg5239

ここは鶏白湯醤油をオーダーしてみた。

その頃、マシンたちはどうしていたかというと、
Cimg5240

指を加えてご主人が戻るのを大人しく待っていました(笑)
CJさんのバイク、こんな雪山に置いていて、目立ちまくりですから^^


会計時、以前のお店と変わったんですねと店主に問うと、メニューを一新して心機一転、店名も変えたそうだ。
私は変わらないんですけど、と笑う店主。
なるほど、流行りものは廃れも早いのが世の常、ここは原点に戻り、長く愛される為に基本の三味に戻ったのだろう。
その自信が上のメニューのシンプルさなのだ。

シンプル結構、我々が食べたいのはただ美味しいラーメンなのであって、ゴテゴテと盛られたものでもギトギトと浮いたものでもないし、そんなものにお金を払いたくないのだ。
ここにお客本位、ビジネスの原点を垣間見た気がした。
 
 
おっと、これは自転車ブログでしたね^^;
帰りはシングルトラック然とした、人一人通れるだけの細い雪道を、FATBIKEの後ろを走る。
が、ついていけず…(泣)
挙句の果てに、雪山にアタックするもペダルを踏み外して脛を強打、帰宅後に見ると流血してましたよ、トホホ・・・

 

スパイクタイヤの限界とFATBIKEの可能性を実感したナイトライドでした。

|

« さっぽろ雪まつりへ | トップページ | 平和ボケ »

MTB」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。FATに負けじと頑張る姿が美しかったですよぉ。最近の私はFATの方からスパイクに回帰しているわけですが、最近雪の札幌にはなんだかんだとスパイクが適しているのかも、、、と思ったりしていますね。
アメリカで出ているというセミFATリムに合わせた、26の2,5とか29の2,5のスパイクがあったら試してみたいですね。

でも、、一度FATに乗ってみましょう!

投稿: 店主A | 2013年2月12日 (火) 08時23分

Aさん、お疲れ様でした。
ノートパソコンを抱えているにもかかわらず、敢えて厳しい道を選ぶその勇気。
いや、無謀ぶり…^^;
おみそれいたしました。

FATタイヤとスパイクタイヤ、路面状態に合わせて使い分けるなんて理想ですよね。
私もいつかは理想郷の住人になりたいなぁ(遠い目)

投稿: タクランケ | 2013年2月12日 (火) 09時26分

お疲れ様でした。。スパイクの方が良い場面もちゃんと有ったじゃないですか。。。
スタッドなしFATの逆マグさんと私が揃ってコケたじゃないですか。。
そう考えると、、スタッド付きFATは最強かもしれません。。昼の部でも、、余裕のスラロームしていた人もいました。。お金貯めようかな。。。貯まらないんだよね。。それが。。。

投稿: PPS | 2013年2月13日 (水) 23時05分

PPSさん、お疲れ様でした。
全行程の殆どがFAT向きの路面で、残り僅かのアイスバーンがスパイクの真骨頂でしたね。
↑にもある通り、路面に合わせて使い分けが最強だと思います。

FATタイヤの使い分け、その度にタイヤ交換は面倒なので、そうするとホイールをもう1セット用意して…
ホントだ、お金掛かりますね^^;

投稿: タクランケ | 2013年2月14日 (木) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/56743411

この記事へのトラックバック一覧です: 雪まつりナイトライド2013:

« さっぽろ雪まつりへ | トップページ | 平和ボケ »