« その名はタ○ランケ | トップページ | 聖地旭川へ ~ 巡礼 »

2012年9月 3日 (月)

聖地旭川へ ~ 夜明け前

AM4:15、外はまだ真っ暗。
こんな時間に何をしているかというと、人と待ち合わせ中。
これから一路旭川へと向かうのだ。
ヘッドライトの光と闇の間隙を縫って、闇に蠢く不気味なオヤジが二人^^;
4:30、予定通りに出発した。

 
 

遡ること数時間前。
起床時間はAM1:00。 眠たーい(´△`)Zzzz・・・。o○
2:00に軽い朝食を、いや時間的には夜食か^^;
前日の内に準備は終わっているので、タブレットPCで昼飯の確認をする。
場所はもう決めてある。
ライダーやチャリダーに人気があるという旭川B級グルメのお店^^

しかし、再度チェックすると、なんと日曜定休・・・(;ω;)
おい、ちょっと待ってよ!
日曜定休にどうやってライダー達が集まるんだよとツッコミたくなるが、それでも定休は定休。
以前から行ってみたいと思っていたのに、次回に持ち越しか。
でも日曜しか休めないのに、どうやって行けと…orz
そんなんで当てが外れてしまい、昼食は現地で適当に探すことに^^

AM3:30、自宅を出発。
車もいなくて快適だ。
ところが、どんどんシートポストが下がってくる。
前日サドルを交換した時に、あとから高さを微調整しようとシートピンは仮止めしたままだったのを思い出した。
ロードでママチャリ並にサドルポジションが低くなってカッチョワリ~^^;
暗くてよかったかも。


今日はAさんと同行。
旭川へ行く用事があるのはAさんで、私は半ば強引に同行を申し入れ、Aさんの付き人ということで許可を貰ったのだった。
あ、付添人の間違いでした^^;
国道12号線を北上するルート、普通ならR275を通るのだが、夜中だとR12でも走り易く、距離が短い分こちらのほうがラクだ。
信号につかまることなく、1時間ちょっとでJR豊幌駅にて休憩。
この頃は空も明るくなっていた。

Ts3o0003

パートナーはBianchi号。
いつもと違うところは、前後フェンダーを外し、前後のバッグは軽いモノに交換。
サドルもBROOKSからロード用の軽いサドルへ。
すると重量が軽減し、見た目もスッキリ^^
スポルティーフからロードバイクへと華麗な変身を遂げた。
サドルが前下がり気味なのは、位置調整もせずに仮止めしたポジションのまんま、痛くなったら調整すればいいやと軽く考えていたけれど、結局痛みも出ないで走り抜くことが出来た。
自分のポジションに合っていたのか?^^;

先頭を引っ張ってくれるAさん。

Ts3o0004

広い背中が頼もしい^^
ドイター エッセンシャルバイクをサイクリングに使う発想に思わず唸った。
あとで聞くと、そういえば通勤スタイルのままで来ちゃいましたとのこと。
自転車を生業としているのに、意外と無頓着なのだ(笑)

デモンタブルとはフレームに分割機構がついている自転車で、折り畳みではなく完全にフレームが分かれるもの。
輪行しやすくコンパクトにまとまるのが特徴で、それにヒト癖もフタ癖も機能を織り込んだのがAさんオリジナル。
デモンタブルで転がせるという発想は彼ならでは。
折りたたみ小径車を熟知している彼だからこそ可能なのだ。

しかし、左右のクランクの種類も色も違うし、ステムは3本あるし、700Cのディスクブレーキ仕様だったり、センタースタンドを付けていたり、リアキャリアの上はどういうわけかサドルバッグだったりだとか、まあ普通の人(私も含む)から見ればキワモノに見えなくもないが^^;

2回目の休憩ポイント、三笠の道の駅到着が6:30。
出発して2時間でここまで来た。
うーん、順調順調^^
軽い追い風が嬉しい。
Ts3o0009

3回目の休憩地は奈井江の道の駅、7:30着。
Ts3o0011

ここまで距離にして約78km、AVS26.2kmと順風満帆だ。

実はここへ来る前にちょっとした事件があった。
前方にいたバリバリのスペシャロードに追いつき二人でパスしたのだが、しばらくするとスコーンと抜かされた。
この時先頭は私で、その瞬間にAさんが「行きましょう」と後ろから言ったと思うと、前を行くスペシャロード(多分TARMAC)を追い駆けたのだ!
デモンタ700Cクロスに煽られるなんて、ターマッ君も一生に一度あるかないかの出来事だったに違いない。
今頃は光栄に思っていることだろう(笑)
その時、私といえば随分後ろで青息吐息。
ふ、ふんだ。
こんなところで脚を使うわけにいかないもんねー。
と40kmで走る二人にわざとついて行かなかったんだもん。
け、決してちぎれたわけではありませんよー^^;
それにしても、Aさんの豪脚はすさまじいの一言。


滝川市へ入る。
市の外れに道の駅があり、そこで休憩しようと思っていたが、Aさんより手前のコンビニを逃すとしばらく補給地が無いとの情報があり、ここで休憩することに。
でも、その先の道の駅のところにもコンビニはあったんですが・・・
ダハハーっと笑って誤魔化すAさんだった(笑)
この時点で95.5kmほど。

お次は深川市。
やっぱり休憩ポイントは道の駅で、到着が9:30頃。
ちなみに、三笠から旭川まで、ちょうど自転車で1時間間隔に道の駅がある。
まるで自転車の為に作られたようだ。
まあ、自転車で利用しているのは、我らを除いて誰もいなかったが。

 

実は、ここへ来る途中、どうも脚に力が入らず、Aさんとの距離も開き始めてきた。
おまけに左ひざに痛みが出ている。
この頃は気温も30℃ぐらいで暑かったせいもあるが、最大の理由は補給不足ではなかったろうか?
2:00に食事をして以来、豊幌でチョコチップ菓子1個、奈井江でミニ羊羹1個、後はドデカミンとレッドブル、休憩毎の塩飴ぐらい。
最初の食事から7時間半も経過しており、そういえばお腹が空いていた。
こりゃヤバイと深川では月寒あんぱんにソーセージの調理パンとモンスターエナジーを飲んでほっと一息。
おかげで最後まで余裕で走ることができた。

また、左ひざの痛みは、膝下まであるスパッツの影響だったことが判明。
膝上までたくし上げて走ると、圧迫感も無くなり痛みが緩和された。
そういえばこのスパッツ、サイクリング用ではなくラン用。
ジムのトレーニングで使用しているものだ。
締め付けがキツく、それが膝を圧迫していたのだろう。
やはり、サイクリングにはサイクリング用が一番。
これ、当たり前^^

 

ここまで、距離にして115km、AVSは26.8kmに達している。
こんなハイスピードで走り続けることが出来るのも、パートナーがいるおかげ。
ソロならもっとダラダラ走るし、第一こんなに暑いと走ることさえしない筈^^;


 

神居古潭へ到着したのが10:30。
本当はこの時間には旭川市内へ到着する予定だったが、30分のロス。
これは休憩の度にAさんと話し込んでしまい、予定がずれこんだのが原因。
Aさん、すみません。

Ts3o0026

バックの白い橋は旧神居古潭駅へと続いている。
その線路跡がサイクリングロードになっているが、落石のため現在不通。
ここを通れれば旭川市内までノンストップで自転車で行けた。
しかしながら、国道12号線と並行に走る旧国道が自転車道となっており、こちらは利用可能。
トンネルを避けることができるので自転車も安心^^
ただ、入口には、熊出没の看板が。
全然、安心じゃないよ…orz

 
続く

|

« その名はタ○ランケ | トップページ | 聖地旭川へ ~ 巡礼 »

ロード」カテゴリの記事

コメント

店員から店主へと変身いたしました(笑)。
酔狂なツアーにお付き合いいただき有難うございました。
自転車を生業にしているのに無頓着、、、ナノではなくて、そんな適当な感じでも十分できるんだよ、、ということを示したいのです、、なーんて。その一環としてレーサーにちょっかいを出しましたが、わざとついてみえなかったおかげで、私も出したちょっかいを引っ込める理由が出来たというものです、有難うございました。

しかし、、タクランケさんは経験豊富でいらっしゃることがよく判りました。またお付き合いいただけますと幸いです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 店主A | 2012年9月 3日 (月) 18時25分

う~む、やはり遠慮してよかった。とてもついていけず、足手まといになるところでした。
私は足元から冷やして、快適な一日を過ごしていました。

投稿: PPS | 2012年9月 3日 (月) 23時52分

Aさん

お疲れ様でした!
無頓着であれだけ走られるのですから、万全の準備で臨んだ私っていったい…
サドルのポジションが合わなかったことにしておきます(笑)

ロングライドに連れがいると楽しいでしょう?
毎年9月の巡礼には、またお誘いくださいませ。

店主へと華麗なる変身を遂げられ、今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: タクランケ | 2012年9月 4日 (火) 06時25分

PPSさん

今回は殆どの行程が峠も無くフラットで、さらには追い風でした。
こんな好条件は滅多にありませんよ。
こういう時に参加されたらよかったのに(笑)
ただ、早起きがネックでしたが^^;


投稿: タクランケ | 2012年9月 4日 (火) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/55569087

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地旭川へ ~ 夜明け前:

« その名はタ○ランケ | トップページ | 聖地旭川へ ~ 巡礼 »