« TRAVOYでバーベキュー | トップページ | ただの人 »

2012年7月 9日 (月)

TRAVOYにBromptonを積んでみた

相互リンクのKENさんから、昨日のブログにコメント。
TRAVOYにBromptonは載るのか?と。
そういえば試したことはなかった。
KENさんのコメントのお礼しとして実験しましたので、どうか参考にしてくださいね^^


まずBromptonを折りたたんだ時の寸法は、下側で約56cm(誤差あり)。
ところがTRAVOYの両タイヤの内側の寸法は、
Cimg5138

約46cmぐらい。
Bromptonより10cm短く、このままだと搭載不能。
だが、ちょっとした工夫で載せることが可能になる。

まず素の状態。
Cimg50681

要はタイヤの高さ以上に土台を嵩上げすればよいのだ。
その高さは16cm以上あれば大丈夫だろう。
試しに工具箱を置いてみた。

Cimg5169

土台がタイヤより上になりましたね。
この上にBromptonを載せればいいのです。

Cimg5165
こんな感じ。
土台は軽くて丈夫なもの、プラスチック製か木製で自作してもいいかもしれない。
工具箱なら工具一式搭載出来て便利かな^^
こんな感じになりました。

Cimg5164

もう一つの方法として、Bromptonを背負うこと。
この場合だとタイヤ幅は気にしなくてもよいので気がラクだ。

Cimg5163

標準で付いてくるストラップで縛るだけ。
フックを引っ掛けるだけで簡単に固定できます。
輪行の際、荷物を手に持ちBromptonは背負うという逆転の発想も^^
ちなみに、ショルダーストラップは手持ちの背負子から移植したもので、標準では付いて来ないから念のため。


どうです、参考になりましたか?
アイデア次第では色々な用途に使えることでしょう。
これでKENさんの背中を押せたらいいな^^

|

« TRAVOYでバーベキュー | トップページ | ただの人 »

Brompton」カテゴリの記事

TRAVOY」カテゴリの記事

コメント

イイ!素晴らしすぎます!happy02
画像だと一目瞭然でいいですね!

投稿: おかず汁粉 | 2012年7月 9日 (月) 22時40分

TRAVOYの購入の決め手は、背負うことが出来そうだと思ったからなんです。
実際のところは現物合わせ、殆どギャンブルでしたが^^;
おかげで使い勝手が良くなったと自負しております。

自転車もカーゴも折り畳みが好きなんですかねぇ(笑)

投稿: タクランケ | 2012年7月10日 (火) 07時48分

バーベキューも良いですし、BROを背負えるのも良いですね。それにカバーかければ輪行も出来ちゃいますね。
どんどん活用して見せてください。

投稿: PPS | 2012年7月10日 (火) 20時55分

こういったHECCスピリット全開のチャレンジは拍手喝さいですね。自転車の活躍の幅を広げてください!

投稿: 店員A | 2012年7月11日 (水) 19時16分

PPSさん

まだネタはあるのですが、それはちっと工作が必要なのでお時間をください。
いずれ機会がありましたら…^^

投稿: タクランケ | 2012年7月12日 (木) 15時06分

Aさん

昨年のように羊蹄一周ツアーに自走で参加し、炭とコンロ持参で一人BBQでもやりましょうかね。
なんて書くと、是非!と言われそうで怖いかも…^^;

投稿: タクランケ | 2012年7月12日 (木) 15時12分

いや〜、実演までして頂いてありがとうございます。

う〜、欲しい・・・

今度実物見せてください!

投稿: KEN | 2012年7月15日 (日) 03時20分

KENさん

アイデア次第では用途が広がることでしょう。
どうです、一緒に・・・^^;
今度ご一緒する機会がありましたら、現物を持って行きます^^

投稿: タクランケ | 2012年7月17日 (火) 07時10分

はじめまして

トラ使い?のページをさぐってて辿りつきました。

トラ君(うちのは、君です)をママorシティ26インチに取り付けて使ってます。うーんと。。。まだ半年は経ってません。
でも先日あの△プラスチックフックが割れました
(久しぶりに見たら割れてたので何故かは。。テンションかけ過ぎたかねじれた かな)

圧倒的に、自転車より車・電車・バス・船に載せて、街で手で引っ張る方が今のところ多いです。
自転車となると、保安部品とかいるなぁ と思ってしまう性質で、なかなか。

私もトラ君って背負えそう♪ と思って手段を探してました。できれば荷物載せたまま 背負いたい。

実際アウトドア用背負子のストラップも検討しているのですが、背負い心地はいかがでしょうか?
(背負子は持ってないのでストラップもありません)
ストラップだけって売ってますか?1メーカーだけ見つけましたが、店員さんには何故かロッククライミング用紐とかで自作を薦められてます。

何も緩衝つけなくても 折り畳み部分が辛いとか、痛いとかありませんか?
ストラップ取り付けたまま自転車にもつけられている様ですが、危なくないでしょうか。
(26インチチャリだと思いのほか空間が少ないので)

質問ばかりですみません~
背負うことを考えている人が他にいるんだなぁ と うれしくなりました。(しかも実行されてて素晴らしい)

投稿: めがくじら | 2014年1月 8日 (水) 16時48分

めがくじらさん

初めまして。
コメントありがとうございます^^
めがくじらさんもトラ使いなんですね。
お仲間がいらっしゃって、大変嬉しく思います^^

さて、所有していた背負子をよく見ると、ストラップが本体に縫い付けではなくボルト留めだったので、これは使えるかも!と思った次第であります。
実際のところは現物合わせの一発勝負、取り付けられてラッキーでした。

背負い心地はといいますと、背中のアールにトラ君のフレームが合わず、違和感はあります。
重いものを背負うと肩甲骨が当たって痛い時も。
ですが、本記事の2枚目の写真にあるように、腰巻でフィットさせて逃がしています。
(これも背負子からの移植です)
また、ショルダー部はそれこそ背負子のストラップですので、肩に食い込むこともなく痛みはありません。

ちなみに、このストラップはトラの表でも裏でも固定出来ますので、荷物の有無を問わず、そして自転車の走行にも支障は無いです。

と、私はこういう方法で背負っておりますが、これがベストとは思ってませんし、別のアプローチもあるでしょう。
リュックにトラを紐で括り付けるなんてのもアリですし。
めがくじらさんも大いに悩まれ、そして自分のスタイルを確立してくださいませ。

最後に。
トラ君を背負うと横幅があり、特に車輪が干渉してJRや地下鉄の改札機を通るのが厳しくなります。
今は改札機の上になるようにストラップを調整していますが、最初の頃はビビリましたよ^^;
ご参考までに。

投稿: タクランケ | 2014年1月 9日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/55157617

この記事へのトラックバック一覧です: TRAVOYにBromptonを積んでみた:

« TRAVOYでバーベキュー | トップページ | ただの人 »