« 雉ラーメンツアー その2 | トップページ | 今シーズン、初シコ! »

2012年7月25日 (水)

雉ラーメンツアー その3

続きから

食事後は道道と並行に走っている道を通ってみた。
初めて通るので不安だったが、なんだ、この道いいじゃん!
と思っていたら、案の定予感的中。
最後にジャリ道・・・orz
皆さん、すみません<(_ _)>
細いロード用タイヤばかりだったが、幸いパンク無しで抜けられました。
あー、よかった^^

道の駅三笠に到着。
自分的にはプチ休憩の予定だったが、いつの間にかCJさんがアイス、おかずさんは美唄焼鳥を頬張っている・・・
見てたらあまりに美味しそうに食べているので、私も焼鳥をパクッと^^;
(おかずさんが美味しいものを食べる時は目が細くなります^^)
その後は試食のスイカとメロンがデザート替わり。
さっき雉ラーメンを食べたばかりなのにね^^;
ここでも一通り食べて笑って会話して、ようやく重い腰が上がりました。

お次はJR岩見沢駅まで裏道をノンストップ。
ここで輪行組とはお別れです。
と思いきや、UDさんとYZさんは自走で帰るという。
SW♀さんの説得工作が功を奏したようで、一緒に走って帰りましょ♪と誘われたらしい^^;
女性のお誘いにはからきし弱いYZさん、そういえば張碓峠も誘われて結局自走しましたよね(笑)
YZさんが自走するというなら、私1人で輪行出来ないでしょうと、UDさんも自走組の仲間入り。
結局、メンバー全員で札幌まで走ることになった。
これはこれで嬉しいことでしたね^^


岩見沢駅でCJさんが突然謎の行動、一人で旅立っていく。
やがて戻ってきたのだが、どうやら事前に調べてスイーツを買いに行っていたそうだ。
でも場所が判らなくて人に聞いたりもしたが見つからず、諦めて戻ってきたとのこと。
せっかく岩見沢まで来たのだから、諦めるには忍びない。

困った時はOTKさん、もといOHTKさんの出番(笑)
素早く検索してくれました。
真のオホーツクサイクリストは、強きをくじき弱きを助ける正義の味方なのです^^
 
 
時間があったら新篠津~当別経由で帰ろうと思っていたが、休憩しすぎて時間も押し気味。
またまた裏道を走って中幌向からR12へ出る。
幌向で最後の休憩。
皆さん余裕の表情に、このまま自走で帰れるなと確信。
するとYZさんから、白石CRに向かいたいとの事。
輪行を止めて自走となって、走り慣れた白石CRに出ればゆっくりでも自宅まで走れるという。
BD-1でここまでロードと一緒に走ったんですもんね、そりゃあ疲労も蓄積しているでしょう。
帰りのルートはR12からR275へと考えていたが、急遽新札幌方面へ向かうことに変更。
JR江別駅裏を走ることにしたが、突然のルート変更のため慌てたせいか、左折するところを思いっきり右折してしまい、皆さんにご迷惑を掛けてしまいました^^;
 

再び国道に合流、文京台から歩道に作られた自転車レーンを通ってみたが、やっぱり狭いねぇ。
自転車のハンドル幅はフラットバーで60cmぐらい。
そうすると、片道一車線程度しかなく、対向自転車とすれ違うのも至近距離。
学生が前方から並走してきたらアウトだ!
避けるスペースは無い。
そもそもこんな狭いスペースを相互通行させること自体、自転車に詳しくない担当者が考えた証拠。
対歩行者に配慮はしても、自転車同士がぶつかるのは想定していない。
せっかく作るのなら、歩道を真ん中にしてその両脇を自転車が走行するようにしたほうがよかったのでは?
これなら自転車も歩行者も互いにぶつからずに済むと思うのだが・・・
まあ、自転車レーンがあるだけマシか。


と脱線したところで、北方面へ帰るメンバーは遠回りになる。
私を含む4名が、途中で大麻を抜けてR275へ向かうこととし、ここで白石CR組とお別れすることになりました。
それからは巡航速度も上がり、他の3人がネを上げるかと思いきや、しっかりついてくるのだからこちらの方がプレッシャー・・・^^;


2ヶ月ぶりに引っ張り出したcannondaleのロード、サイコンのセンサーの電池切れで速度が表示されず、距離も不明・・・
だいたい120kmぐらいでしょうか。
やっぱり本体が軽量だと、同じルートを走った激重クロモリと比べ、明らかに差がありました。
疲れ方が全然違ーう!
脚への負担は軽い方が少ないんだな。
ということで、次は軽量クロモリロードを購入しようと決心したのでありました^^

 
参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。
楽しかったと思って頂ければ望外の喜びです。
次のツアーの糧になります^^
また裏道ばかりで訳がわからなかったことでしょう。
9名という大所帯を引っ張るには、少しでも車の少ない道をと思ったものですから、こんな人生の裏街道みたいな道になってしまったのでした。
ご了承くださいませ。

今回のお気に入りの写真、先頭を牽く私の姿。
Img_1032
CLUBJAZZYさん提供です。
ありがとうございました。


別の視点から、参加メンバーのブログもご覧下さい

あろは~ぷらぷらさとうだよ♪ (PPSさん)
おかず汁粉のお外好き♪   (おかず汁粉さん)
SURLY PUGSLEY & MOONLANDER 蝦夷地を蹂躙(CLUNJAZZYさん)
今ツアーの動画があります、是非ご覧下さい^^

|

« 雉ラーメンツアー その2 | トップページ | 今シーズン、初シコ! »

FCC」カテゴリの記事

コメント

3部作お疲れ様でした。道の駅三笠と岩見沢駅では、私にとって、真の第3クオーター(気力・思考の途切れる時間帯)で人との交わりを避けて、一人ベンチで充電していたので、タクランケさんのブログを読んで初めて、CLUBJAZZYさんの行動が何だったのか理解しました。おかずさんも何処か行ってましたよね?yoshiさんの行動は分かるのですが・・・・。苦笑
その充電のお蔭で最後まで走ることが出来たのかな?
それにしても、安全で楽しい引率ありがとうございました。
体はまったく問題ないでしょうが、気疲れしたのではないでしょうか?
また、ヨロシクお願いしますね。^^

投稿: PPS | 2012年7月25日 (水) 20時54分

自転車道路、、に関しては同感ですねぇ。自転車に関するルール作り、、を車しか乗ったことがないような「お偉いさん」がやるわけなので、、、世界に向かって大恥をさらしているなぁ。
おかげで、最近「大学教授」という看板が信じられなくなってきました(笑)。

投稿: 店員A | 2012年7月26日 (木) 09時29分

PPSさん

岩見沢駅で一人そっとベンチに座っていたのは充電していたのですね。
ちょっと近寄りがたい荘厳なお顔付きでしたので、話しかけるのをためらっていました。

CJさん、結局お目当てのお店がどこかの催事かなにかに出店していてお休みだったらしく、残念そうでした。

100kmを超えると、平地でも疲れますね。
私は気疲れではなく、完全に体力不足の肉体疲労でした^^;
走り込まないとダメだぁっー!

投稿: タクランケ | 2012年7月26日 (木) 15時40分

Aさん

自転車道は自転車の”素人”が作るのです。
せいぜい一般車にちょっと乗ったぐらいで、したり顔で自転車道はかくあるべきだなんて、おこがましいってもんですよね。

学問のプロは、例え他の分野に秀でる人でも「肩書」がなければ認めないのが世の常ですから、困ったことに結局素人集団の「作品」でしかないわけであります。
これを見ると、特にそう感じてしまいます。

http://www.cyclists.jp/michi/road/%E5%9B%BD%E9%81%9312%E5%8F%B7%E7%B7%9A%E6%B1%9F%E5%88%A5%E5%B8%82%E5%A4%A7%E9%BA%BB%E9%A7%85%E5%8D%97%E5%8F%A3%E3%83%BC%E6%B1%9F%E5%88%A5%E5%B8%82%E6%96%87%E4%BA%AC%E5%8F%B0%E4%BA%A4%E5%B7%AE/

投稿: タクランケ | 2012年7月26日 (木) 16時11分

PPSのコメントに誤植発見。真の第3クオーターではなく、
魔の第3クオーターです。全体のこの辺りで疲れのピークがきますね~。駄目ですね~。
自転車レーンの話、街路樹で片側完全にふさがれてますね。お粗末ですね。

投稿: PPS | 2012年7月26日 (木) 22時18分

PPSさん

もっと鍛えないといけませんね、お互い^^;
手稲山で修行しましょうか・・・

自転車レーンなんですが、レーンと街路樹は多分管轄するところが違うので、こんなザマなんですね。
縦割りの弊害ですよ!(`◇´*)プンプン

投稿: タクランケ | 2012年7月27日 (金) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/55267661

この記事へのトラックバック一覧です: 雉ラーメンツアー その3:

« 雉ラーメンツアー その2 | トップページ | 今シーズン、初シコ! »