« 手稲山アタックの筈が | トップページ | ママチャリ耐久への道 その2 »

2012年6月 4日 (月)

ママチャリ耐久への道 その1

突然ですが(でもないですが)、ママチャチ耐久リレーに出場することになりました。
詳細はこちら。
第12回ママチャリ耐久リレー大会

今年で12回目、すっかり札幌市民にも定着し、いつかは出てみたいと思ってました。
今回、その願いが叶いましたよ!^^
FCC(不思議村サイクリング苦LOVE)の猛者9名で出場します。

まずは情報収集から。
一周3.5kmのコースをママチャリで走る。
ふむふむ、4時間を9人で交替か、こりゃ~たいしたことないな。
まあ楽勝かな~っと。
芝生の上にブルーシートを敷き、お弁当を広げてピクニックもいいね。
なんて軽く考えていたが、昨年の大会の順位を見てビックリ!
1位のチーム、LAP41周で、平均時速35.3km/h!!!
ママチャリでこの速度・・・

2位以下も凄い。
ちなみに、100位でもAve27.33km/hだから、ピットで交替するタイムロスを差し引いても、コースでは30km以上で走っていることになる。
すでに戦意喪失・・・^^;

と悩んでも始まらない。
PPSさんから、チームマシンで試走しましょうとお誘いがあり、土曜日の午後から某所で走行会に参加してきました。
マシンとごたいめ~ん。
Ts3o0892

一見普通のママチャリ、しかし中身は濃い。
なんと車両重量12kg台とのこと。
(BSのスーパーライトというモデル)
隣のBromptonと変わらないなんて!
さらに、27インチのタイヤに内装3段ギヤと走りも充実。
まさにコイツはモンスターマシンだ!
こんなのに道路でチョッカイかけたら痛い目に合うかも。
ママチャリなれど侮れないぞ~^^

ちなみに、このマシンはOTKさんが十勝12時間耐久に出た際に用意したものだというから、まさに耐久のために生まれたママチャリ。
沸々とヤル気が湧いてきましたよ^^

 
3人で周回コースを走ってみた。
ママチャリに乗るのも数年ぶり、あれ、こんなに軽快だったっけ?と思ったのは、車重が軽いからでしょう。
調子に乗って走っていると、突然の大群集。
ちょうどイベントがあったようで、ここで走行会終了><
なので、ここからは作戦会議へ。

話題はサドル高について。
メンバーには小柄な女性もおり、ポジションをどうするかが問題となった。
ピットで交替の度にシートポストを上下させようとOTKさんも思っていたらしく、シートクランプをクイック式に交換していたが、実際に上下させるとかなり時間が掛かってしまう。
シートポストも擦り傷だらけになるし^^;
それなら、小柄な方に高さを合わせ、大柄な男性陣はサドル高が低いままで走ってみたらどうかとなった。
実際に街中で乗っている学生の如く、まさにこれがママチャリポジションというべきスタイルで(笑)

まあ走れなくは無い。
ただ、かなり窮屈な姿勢を強いられるが。
前傾で脇を締め、肘は外側に張り出さず、若干後ろサドル気味に置いて両膝のスペースを確保することを心掛けようと思った。

 
日曜日はメンバー6名が集まり、もう一度試走会と作戦会議だ。
そこで、本気で走るのか、テキトーに走るか、パフォーマンス狙いか(笑)
方向性を決めましょう。
ママチャリ耐久に向けて、活動開始!^^

|

« 手稲山アタックの筈が | トップページ | ママチャリ耐久への道 その2 »

ママチャリ」カテゴリの記事

FCC」カテゴリの記事

コメント

うお~、ママチャリカテゴリーまで作っちゃいましたか^^
気合の入れ方が違いますね。反省。
ところで、サドルが低いのはペダルが上に来たときに足と腹があたり窮屈という事がありますが、ガニマタ乗りで解決され、逆に高すぎるサドルで頑張ると、ペダルの下に言った時に、知らず知らずにふくらはぎを使い、疲労や攣りに見舞われる危険が大きくなるという情報を得ました。
詳細はお会いした時に・・・。

投稿: PPS | 2012年6月 5日 (火) 22時03分

このカテゴリーは多分耐久オンリーかと思います。
でも、雨の日通勤用にママチャリが欲しいと考えているのも事実。
その際は、「ウルトラライト号」にするかもしれませんよ(笑)
って、やっぱり耐久目的かな^^

>逆に高すぎるサドルで頑張ると…

脹脛はもちろん、アンクリングでアキレス腱も痛めやすいです。
やっぱりポジションが合ってないと、どこか痛くなるのでしょう。
お尻だけはサドルとの相性もあり、これが一番難しいかもしれませんね^^

投稿: タクランケ | 2012年6月 6日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/54872556

この記事へのトラックバック一覧です: ママチャリ耐久への道 その1:

« 手稲山アタックの筈が | トップページ | ママチャリ耐久への道 その2 »