« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月23日 (土)

異音の原因

今週はずっと雨の札幌。
おかげで先日購入したTravoyの出番が無い。
雨の中を引っ張ると泥だらけになるのは、先週体験済みなのだ。
というわけで、自転車通勤は続けていてもネタがなく、今回はたいした内容でもないが、とりあえずアップしときます^^;

今週の通勤マシンはBrompton。
雨に強いので、こういう時は重宝する。
実は小径なので、洗車がラクだということもあるが^^;
会社に着いたら拭いて、自宅に着いたら拭いてと面倒だが、そのまま放置しておくと非常に汚く可哀想なので、毎回汚れは落としている。

おかげで愛車はいつもピカピカ。
ほら、滅多に洗車しないそこのあなた、たまには雨の日にでも乗ったらどうですか?
あまりの汚さにキレイにしようと思いますよ~(笑)

 
 
さて、Bromptonを走らせていると、どうもギシギシと異音がする。
ペダリングに合わせ、右足を踏み込むとギシ、左足でもギシっと鳴く。
結構大きい音がするので、乗ってて恥ずかしい。
整備不良でガチャガチャと音をたてて乗っている無神経なヤツと同類に見られそうで、いくら厚顔な私でも耐えられません><

音の発生源はここ。
Ts3o0921

写真真ん中の黒いゴム、リアエラストマーが原因だった。
正確にいうエラストマー自体ではなく、その取付けボルトの緩みがそう。

Ts3o0922

このボルトが緩んで隙間が発生し、エラストマーが縮んだ時にギュッギュッと鳴いていたのだ。

実は、とっくに原因は判っていて(4月の長沼ツアーの時から^^;)、あとで増し締めしようと思いながら忘れ、今日に至っていた。
洗車でもしろとエラそうに言った自分がこのザマで^^;

ものの1分で異音は解消された。
ああよかった^^
現行のBromptonとはエラストマーの形状は違っているが、基本は一緒なので何かの参考になれば幸いです。
異音が発生する時は、ここもチェックしてみましょう。

 
 
ちなみに、この取付けボルトはどこまで締められるかは判らないが、締め込んでいくとエラストマーは縮むので固くなります。
ということは、ハードサスと同じ効果があるのではないでしょうか。
乗り心地がマイルドなら、ここを締めるとカチッとするのでは・・・
実際に試していないので判りませんが、やってみる価値はありそうです。

 
しかし、締め込み過ぎて壊れる可能性もあります。
興味のある方は自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

ママチャリ4時間耐久リレー

というサイクルイベントに参加した。
今年で第12回、それが初めての雨天開催というから、今までは晴天に恵まれていたのだろう。
よりによって初参加が雨だなんて><
雨男(あるいは雨女)は誰だー!

準備は前日のうちに済ませていたので、6時に自宅を出発。
早く行って場所取りという大事な任務を仰せつかっていたのだ。
会場まで自走で向かう途中、妻がいつの間にか車で追ってきて写真を撮っていたと後で知った。
120617_060901
この時はまだ雨は降っていなかったんですが・・・

モエレ沼工公園到着、6時半。
こんなに早く、誰もいないだろうと指定のピッチ位置に行くと、もう色とりどりのテントが設営されている。
これはヤバイ!
ピットすぐ後ろの位置は確保できず、手前のピット裏に陣地を確保することが出来てまずはほっとする。
雨もぽつりと降ってきて、一人の心細さもあって寂しいひと時を過ごす。
Cimg5091
ブルーシートを置いて、ここはオラが陣地とアピールしてます^^;
でもね、結局陣地はこの後ろ、林の中に避難したものだから、ここは後から来た他のチームが大いに羨むものの最後まで空きスペースとなっていたのであった。
すまん。

 
チーム「不思議村CC」9名の出走者が揃った。
村長UDさん、重鎮YZさん、代表PPSさん、幹事OTKさん、仮装(笑)おかず汁粉さん、ローディSWさんご夫妻、孤高のサイクリストSZさん、そして口だけの私。
ウチらがモエレをアツくするぜ!
とその勢いも雨で湿りがち^^;


今回は新設の「成人27インチクラス」にエントリーしている。
当然26インチより有利だろうから、このクラスは各チームとも強豪揃い、これは手を(いや脚を)抜けません。
ローリングスタートでコース一周後、バン!と各車一斉スタート。
4時間に渡るママチャリ耐久リレーが始まった。
エースおかずさんを筆頭に、WエースのOTKさん、私、SW♂さん、SZさんと前半はチームでも走り屋が続いた為、この時点でクラス7位と信じられない順位。
しかし、突然のマシントラブル、リアフェンダーの欠損&後輪に巻き込みという不運に見舞われもしたが、重鎮の方々やSW♀さんも良く走り好位置をキープしてくれました。

一通り順番に走り、2巡目がやってきた。
一周3.5kmのコースを2週する作戦、全力で7km走り続けるのだから非常にキツイ。
それを一巡、二巡と繰り返し、最後はボロ雑巾のようにクタクタ・・・
しかし上位チームは、私が30m/h以上で走る横を華麗にスルーしていくのだから、もう脱帽ですわ。

と、レース風景は一枚も写真を撮れず。
なので、ラスト周回でゴール後のおかずさんを撮るのがやっと^^;
Okazu2
メイド姿が萌えます~^^
いまでも充分現役でいけそうだ。
そんな姿とは裏腹に、チーム最多の7周回も走ったパワーは底無し。
「286番、よく頑張ったーっ!」 とゴール後にマイクでアナウンスされてました^^

そして、結果は・・・
なんとクラス10位です!

やったね!^^
って、成人27インチクラスは65チーム、主力の26インチクラスはその3倍近くもいるのだから、総合ではもっと下でしょうけど^^;

 
チームの皆さん、雨の中お疲れ様でした。
この好成績は全員の力の結集ですね!
ベスト10に入った事実は来年の大会まで公式記録として残りますから、これで一年間ニタニタ出来ますな^^
また、応援に来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。
足元の悪い中、皆さんの想いが勇気になりましたよ!
感謝感激です^^


レース機材(ママチャリね)に取り付けられたメーターを見ると、
Cimg5105

ママチャリではあり得ない総走行距離109,3km!
フェンダーが壊れるのも当然といえば当然だ。

そして驚愕の事実…
Cimg5106

最高速度、38km/hですって!
これは絶対私じゃないぞ。
多分OTKさんだと思うのだが・・・
いや、GGSさんかも?
チームにこんな凄い剛脚の持ち主がいたのでした^^;

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

Burley Travoy

Burley Travoy。
何て読むのかな?
「バーレイ」は判るが、Travoyはトラボーイ? トレイボイ?
もっともらしい発音表記ならトゥレイヴォイかもしれません。
面倒くさいのでトラでいい!トラちゃんで!
というわけでトラちゃんとお散歩に行って来ました。

Bromptonに取り付けたところ。
Cimg5081

これだとすごい遠くにあるように見えますね。

なので後輪を戻し、実際に走る状態だとこうなります。
Cimg5083

もう一枚。
Cimg5085

走行感は多少重さは感じられるものの、問題は無いレベル。
それよりもバッグ等を身に付けることがなく、背中の開放感は何より替え難いもの。
これから暑くなる時期、背中に汗をかかずに済みそう^^

段差のショックも気にならない。
まあ最初なので慎重に走ったせいもあるが、チューブ入りの普通のタイヤなので吸収性もいい感じ。
コーナーリング中の違和感は全然無し。
しっかり追従してきて、後ろから押されるような感じもしない。
車道走行では、あまり左側に寄ると縁石や歩道に接触しそうなので、結構右側にはみ出してしまったが、クルマの方が気を使って大きく迂回してくれたのが印象的でした。
「何だ、あれ?」と思ったことでしょう^^

トラちゃんとお食事中。
Cimg5088

店内に入れても怒られません。
逆に、お荷物はこちらへどうぞと親切でした。
一人だとカウンターへ案内されるところ(向かい)がテーブル席で、これもトラのお陰ですかね。

 
日曜日はモエレでママチャリ4時間耐久に出場します。
トラも連れて行くので可愛がってね(笑)

Travoyのリンク先はこちら
Burley - Travoy® | Commute
Burley Travoy®
Burley  Travoy Urban Bike Trailer  ← ここで購入しました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

大物の正体

前の前の記事、謎の大物。
その正体はこれだ!

Cimg5055

トートバッグ?
いえ、その中身です。

中から出てきたものは・・・
Cimg5066

山登り用の背負子?
確かに手持ちの背負子から移植しましたが別物です。

あれ?
Cimg5068

タイヤが付いたぞ!
何、これ?

展開してみると、
Cimg5075

カートみたいだね。

実はこのように使うものでした。
Cimg5058

| | コメント (6) | トラックバック (0)

半期に一度の大感謝祭

いつもお世話になっている味の時計台ラーメンさん。
以前、店内に置いてあるアンケート用紙、接客態度がどうだとか、提供時間がこうだとかいうヤツあるでしょ?
それに記入して店に出したところ、定期的にお食事券や割引券を送ってくれるので、ついつい行っちゃうんです。
今回も30%OFFのハガキが届き、妻と食事に出掛けてきました。

あれ、見て!
妻が指差す方を向くと、素敵なお知らせが。
ピンボケですみません^^;

Ts3o0917

6月21日(木)はこのお店へGO!ですね^^

 

さあ何食べようかな~♪
ふと目に付いたのがこれ。
Ts3o0919

まだ時間内なので、これに決めました!
せっかく30%OFFなんだから、もっと高いのを食べればいいのにね^^;

Ts3o0918

このセットを2つに焼餃子1枚追加しても、900円でお釣りが^^
割引券サイコー!

 

安くてお腹いっぱい食べたい時は、ちょっと時間をずらして寄るのもいいね。
と、割引券を送って頂いたお礼の宣伝です^^



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

大物キターっ!

先日ポチッた大物、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

と、昨夜は興奮しておりました^^;
あ、自転車関連だけど、自転車本体じゃないので念のため。
早速カスタマイズしちゃってます。

詳細はしばしお待ちくださいませ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

ガン検診

上司が入院した。

スポーツジムへ通うなど健康には気を配っていたが、最近痩せてきて効果が現われてきたと本人は喜んでいた。
そんな矢先の入院に、まさかガンじゃないよね~と同僚と話していたところ、それが現実のものになってしまうとは。
50代と若いせいか進行も早く、5段階の4番目、レベル4らしい。
治療に専念すればよいのだが、引継ぎや業務の割り振りもあり、退院後も出社している。
当初はどう接すればよいものかと戸惑ったが、本人は至って明るく、「いや~、ガンになっちゃったよー」と笑っている。
当面は抗がん剤投与と検査を週一回の割合で行ない、治療と仕事とを両立させるという。

 
病気なんだから(ガンだからとは言えない)休んだらとの問いに、会社に来ないと落ち着かないというか、家や病院にずっといるほうが気が滅入ると言われたら誰も反対出来ない。
私等が出来ることは、彼を残業させず夕方前には帰宅出来るように、規則正しい生活を送って頂くだけだ。

 
そんななか、自分もカラダのことが心配になってきた。
ガン検査なんてしたこともなかったので、一度全部診てもらったほうがいいな。
そろそろ、そんなお年頃だし(笑)
たまたまガン検査と全身CTが50%OFFのクーポンが販売されていたので、それを購入することにした。
いまはこんなクーポンもあるんだねぇ。


検査当日、札幌は雨。
合羽を着込み、Bromptonで地下鉄駅まで走る。
駅では持参してきたペーバーウェスで水滴や汚れを拭き取る。
もし構内で他人の衣服を汚したりでもしたら大変だ。
折りたたみ自転車の当然のマナーですよ、エヘン

なんちゃって、万一大きなトラブルにでもなって、札幌市営地下鉄は自転車持込み禁止の措置にでもなっちまったもんなら、世の愛好家達に非常に申し訳ない。
私は一生重荷を背負って生きていかねばならず、そんなリスクを負うことに比べりゃ、汚れを拭き取るぐらいぜんぜんへっちゃらなのだ^^;

Ts3o0905

久々の地下鉄輪行。
病院は駅の向かい、雨もまだ降っていることからこのままカバーを掛けたまま転がしていく。
入口脇に(勝手に)置かせてもらった。


看護師さんから、腫瘍マーカーによるがん検査であると言われ、血液検査だけでがんであるかが判るらしい。
B型肝炎とC型肝炎の検査は、現在札幌市の補助で無料で行なえますがどうしますか?と聞かれ、当然断る術は無い。
すると、血液2本抜かれておしまい。
え、これだけ?
なんか拍子抜けというか、あまりに寂しい。
もっと何か検査してくれよー、と思ったほど^^;


続いて、初CT。
カラダがでっかいドームに吸い込まれていくところを想像していたが、そのCT装置はドーナツみたいな半円で妙に薄い。
ベッドに横たわっていると、ソイツが勝手に上半身の上を動き、これまたあっけなく終了。
最後に院長センセーの問診。
検査結果は自宅へ郵送、CT画像はCD-ROMに落としてくれるという。
うう、そんなのあまり欲しくないかも…^^;

と思ったら、がんが見つかったらそれを専門機関へ持って行けとのこと。
てっきり院長のグロ趣味かと勘違いしましたよ、スミマセン^^;

 
トータル30分で終了したのだからたいしたものだ。
医学や医療機器の進歩はスゴイんですねぇ。
感動してたらお腹が空いたので、病院近くで遅めの昼食。

札幌スープカレー プロップス本家で「鶏の極み」を頂いてきた。
Ts3o0907

もし、がんになったら食べたいものも食べれなくなっちゃう。
今のうちに・・・ね♪

と、これもまたクーポンサイトでゲットしたものという、1日2回使いのクーポン患者であります(笑)


検査結果は3週間後、知りたいような知りたくないような・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

ママチャリ耐久への道 その2

この間の日曜日。
主要メンバーが某所へ集結した。
PPSさん、OTKさん、私の連荘組に、UD村長、YZさん、SWさんの6名。
皆さん、自転車趣味の方ばかりなので頼もしい^^

この内、半分の3名がBD-1でやってきた。

UD村長の
Ts3o0895


YZさんの
Ts3o0896

お二人とも装備バッチリ、さすが実走組は違います^^

一方、私のは
Ts3o0893

旧型丸パイプ仕様。
初めて見た時は近未来的なスタイルに見えたものだが(バッタのようにも見えた^^;)、それも昔話。
最近はめっきり見かけなくなりましたねー。
ちなみに、真ん中のはPPSさんのブルーノ。
某所の案内板を隠す為だけに使わせて頂いております(笑)

Bromptonを修理に出していたのでその間通勤はヨメのBD-1を、どうも乗り心地がソフトというか、フワフワしている。
前スプリングとリアエラストマーをハードタイプに変更したほうがよいかも。
また、Bromptonより一回り大きいタイヤで、その分多いエアボリュームがクッションの役目を果たしていたのかもしれない。
ちょっと低圧だったかもね^^;


おっと、今日の目的はBD-1ではありません。
ママチャリ試走&作戦会議でした^^;

 
まずは今日初走の3名がOTKスーパーライト号に乗ってみる。
皆さん、普段から自転車に乗っているだけあって速い速い。
これはイケルのでは^^
PPSさんは久々GGモード炸裂で、2周回連続で走ってます。
これが出た時の走りはアツイです^^

ご夫婦でロードに乗られているSWさん、さすが頼もしい。
今回はその奥様も参加されます。
これはもう、大船に乗ったつもりで安心できますね^^

持ち主のOTKさんは主将格、みちのく一人旅で鍛えた肉体と精神は強靭です。
なんせ、ママチャリ12時間耐久出場という輝かしい経歴の持ち主ですから^^

なんだかんだ言いながら、UDさんもYZさんもヤルじゃないですかー
もうご謙遜ばかりおっしゃって(笑) 
ところで、チームの秘密兵器お二方が参加されませんでしたが、いつも走っている方々なので心配ないでしょう。


一通り走った後は作戦会議&ランチタイム。
作戦の内容は、並みいるライバル達にバレるとまずいのでシークレット。
なんちゃって、どのチームからもライバル視されていないし^^;
シートは誰が持ってくるだの、クーラーボックスは誰とか、役割分担を決める大変重要な作戦会議で^^;

 
ランチ後は、まだ走り足りない(!)というYZさんのご意見に従い、八剣山果樹園付近まで走ることに。
ぐおー、上りキツーイ!
それでもママチャリを駆るOTKさんがついてくる。
自分も前を走るPPSさんに引っ張ってもらいながら、これもトレーニングとばかり必死になって走った。

Ts3o0900

天気にも恵まれ練習には勿体無いぐらいの日だったが、最後に八剣山まで走りサイクリング気分も味わうことが出来てよかった。

さあ、これから本番まで秘密練習に励むとしましょうか^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

ママチャリ耐久への道 その1

突然ですが(でもないですが)、ママチャチ耐久リレーに出場することになりました。
詳細はこちら。
第12回ママチャリ耐久リレー大会

今年で12回目、すっかり札幌市民にも定着し、いつかは出てみたいと思ってました。
今回、その願いが叶いましたよ!^^
FCC(不思議村サイクリング苦LOVE)の猛者9名で出場します。

まずは情報収集から。
一周3.5kmのコースをママチャリで走る。
ふむふむ、4時間を9人で交替か、こりゃ~たいしたことないな。
まあ楽勝かな~っと。
芝生の上にブルーシートを敷き、お弁当を広げてピクニックもいいね。
なんて軽く考えていたが、昨年の大会の順位を見てビックリ!
1位のチーム、LAP41周で、平均時速35.3km/h!!!
ママチャリでこの速度・・・

2位以下も凄い。
ちなみに、100位でもAve27.33km/hだから、ピットで交替するタイムロスを差し引いても、コースでは30km以上で走っていることになる。
すでに戦意喪失・・・^^;

と悩んでも始まらない。
PPSさんから、チームマシンで試走しましょうとお誘いがあり、土曜日の午後から某所で走行会に参加してきました。
マシンとごたいめ~ん。
Ts3o0892

一見普通のママチャリ、しかし中身は濃い。
なんと車両重量12kg台とのこと。
(BSのスーパーライトというモデル)
隣のBromptonと変わらないなんて!
さらに、27インチのタイヤに内装3段ギヤと走りも充実。
まさにコイツはモンスターマシンだ!
こんなのに道路でチョッカイかけたら痛い目に合うかも。
ママチャリなれど侮れないぞ~^^

ちなみに、このマシンはOTKさんが十勝12時間耐久に出た際に用意したものだというから、まさに耐久のために生まれたママチャリ。
沸々とヤル気が湧いてきましたよ^^

 
3人で周回コースを走ってみた。
ママチャリに乗るのも数年ぶり、あれ、こんなに軽快だったっけ?と思ったのは、車重が軽いからでしょう。
調子に乗って走っていると、突然の大群集。
ちょうどイベントがあったようで、ここで走行会終了><
なので、ここからは作戦会議へ。

話題はサドル高について。
メンバーには小柄な女性もおり、ポジションをどうするかが問題となった。
ピットで交替の度にシートポストを上下させようとOTKさんも思っていたらしく、シートクランプをクイック式に交換していたが、実際に上下させるとかなり時間が掛かってしまう。
シートポストも擦り傷だらけになるし^^;
それなら、小柄な方に高さを合わせ、大柄な男性陣はサドル高が低いままで走ってみたらどうかとなった。
実際に街中で乗っている学生の如く、まさにこれがママチャリポジションというべきスタイルで(笑)

まあ走れなくは無い。
ただ、かなり窮屈な姿勢を強いられるが。
前傾で脇を締め、肘は外側に張り出さず、若干後ろサドル気味に置いて両膝のスペースを確保することを心掛けようと思った。

 
日曜日はメンバー6名が集まり、もう一度試走会と作戦会議だ。
そこで、本気で走るのか、テキトーに走るか、パフォーマンス狙いか(笑)
方向性を決めましょう。
ママチャリ耐久に向けて、活動開始!^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »