« Fu's応援の巻 | トップページ | 手稲山アタックの筈が »

2012年5月21日 (月)

藻岩山登山の巻

モイワ山スキー場。
以前、近所に住んでいたこともあって、通っていたあの頃。
私をスキーに連れてって!
ああ、あの頃の情熱はいずこ・・・
今は板も靴も無く、あるのは除雪用に着るスキーウェアーのみ^^;

ということですっかり足が遠のいていたスキー場だったが、ここは藻岩山山頂への登山口でもある。
数箇所ある登山道の中では距離は短いが一番短いわけでもなく、中途半端なせいか登山者も少ないという穴場的存在だ。
膝の手術後、すっかり自転車から遠ざかった妻だったが、今年から少しずつ乗りたいとも。
まずは、膝を守る筋肉を強化しようと、今回の山歩きとなった次第。

Ts3o0849

ここから山頂まで2.5km。
ゆっくり登って1時間弱。
4時間耐久に比べりゃ4分の1、楽勝だ(笑)

Ts3o0850

山道脇の、名も知らぬ野草。
この中で食べられるものはあるのだろうか?
今度、「食べる野草図鑑」でも買ってこようかな^^

2kmちょっと登ったところで、もいわ中腹駅に到着。
Ts3o0871
ロープウェイは山麓からここで乗り換え、山頂へと向かう。
車はここ中腹までしか来れず、山頂へはケーブルカーで行くようになった。

Ts3o0861
山頂駅へと向かうミニケーブルカー、もーりす号。
まあ、これに乗らなくても山頂へは歩いて行ける。
たった300mの距離(ずっと上り)を、片道300円払ってケーブルカーに乗るか、それとも自分の足で歩いていくかは自由だ。
勿論、私達は歩いて行ったが、ネタ的には乗りたい気持ちもあったのは事実^^;

Ts3o0862
もいわ山頂駅に到着。
ここにあるのは、ちょっとお高いレストランと有料プラネタリウム。
無料なのは展望台のみだが、ここから見える札幌の街並みが素晴らしい。
この展望だけはタダだと思うと、より感動だ(笑)
ちなみに、売店は中腹駅にしかなく、山頂では自販機しかないのが残念。
レストランを利用せい!ということか。

たっぷり景色を堪能したところで、たっぷりと昼食を^^
途中の生協で購入したごま塩おにぎりと、ケンタッキーフライドチキン。
チキンの匂いをプンプンさせて山道を登った甲斐がありました^^;
実にウマ~!
汗をかいた後に外で食べるものは、例え出来合いの惣菜であってもご馳走です。
今頃、仲間が4時間ヒーヒー言っているだろうと思うと、余計に美味しく感じますな(爆)

帰りは来た道とは違い、ゲレンデを通って下りて行く。
Ts3o0875
山道とは異なり、下がモロに見える・・・
この高さから歩いて下るのも恐怖だ。
ここはMTBやバグスレーで豪快にダウンヒルといきたいところ^^

山麓まで戻ってきました。
往復約5km程度、距離的には無理も無く、初心者には丁度良いコース。
まずはこんなところから、これからどんどん距離を伸ばしていきたいですね。

Ts3o0876

本日、一度も出番が無かったBROMPTONとBD-1。
ご主人の帰りをじっと待っていたのでした^^

|

« Fu's応援の巻 | トップページ | 手稲山アタックの筈が »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

この次は我が区にそびえる手稲山へお越しください。
いつも私が登ってる所まで車で行って、そこに車を停めて登っている人が多いようです。

投稿: PPS | 2012年5月23日 (水) 22時24分

ご無沙汰しております。
登山・・・いいですねえ。
今年は旭岳に子供と登る予定です。
登りの後に下り坂で膝がもってくれるかどうか・・・。

投稿: nobukov180 | 2012年5月25日 (金) 13時15分

PPSさん

手稲山はヨメが嫌がっておりますのですよ。
以前、マダニに咬まれたことがありましたので…
マダニってこんなヤツです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マダニ

幸い、すぐに気付きましたので大事は至りませんでしたが、それ以来手稲山は恐ろしい存在になっているのです。
私的には、登山道は川あり滝ありで、楽しめるんですけどね。

やっぱり手稲山は徒歩ではなく、自転車でアタックですよね(笑)

投稿: タクランケ | 2012年5月27日 (日) 00時34分

nobukov180さん

こちらこそご無沙汰しっぱなしで、大変失礼しております。
登山は自転車より負荷が大きい分、短時間で効果がありそうな気がしています。
ある程度の負荷は、膝周辺の筋力アップには必要でしょうから。

旭岳、10年前に行ったきりですがそんなにキツイ印象は無かったので、お子様とご一緒でもゆっくり登れば大丈夫だと思います。
膝のサポーターと登山用ストックがあれば、ストックも2本あるなら下りもより安心でしょう。

nobukov180さんは自転車乗りのカラダになっているので、山登りはハードですよ、きっと^^

投稿: タクランケ | 2012年5月27日 (日) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585505/54761535

この記事へのトラックバック一覧です: 藻岩山登山の巻:

« Fu's応援の巻 | トップページ | 手稲山アタックの筈が »